史跡・文化財

2019年4月16日 (火)

鷲神社のソメイヨシノが咲き見頃

P2360790

鷲神社のソメイヨシノ  (2019.4.14)

福島市町庭坂にある鷲神社で、薄紅色のソメイヨシノ(バラ科)の花が咲き、見頃を迎えていました。このサクラは樹齢約100年で、福島市保存樹として「ふくしまの樹」に選定されています。

2018年11月28日 (水)

お春地蔵周辺のナンテンの果実が赤く色付き輝く

P2340741

お春地蔵と赤く色付いたナンテンの果実 (2018.11.26)

P2340734
 常円寺本堂 (2018.11.26)
福島市山口の常円寺参道入り口手前にあるお春地蔵のナンテン(メギ科)の果実が赤く色付き輝いていました。近くのケヤキが美しく紅葉していました。お春の菩提寺・常円寺本堂前のモミジが真赤に紅葉していました。

2018年11月27日 (火)

村上薬師堂脇から阿武隈峡の蓬莱岩を望むと周辺の山肌が美しく紅葉

P2340687

蓬莱岩と阿武隈渓谷の紅葉 (2018.11.25)
P2340705
上蓬莱橋と阿武隈峡の紅葉
福島市立子山にある村上薬師堂から阿武隈峡(県指定名勝・天然記念物)の蓬莱岩を望むと周辺の山々が美しく紅葉していました。近くにある鮎滝観音にお参りする途中に上蓬莱橋を望むとこちらも阿武隈峡周辺の山肌が美しく紅葉していました。

2018年11月26日 (月)

茅葺の鯉返り観音と大福寺山門脇の紅葉したモミジ

P2340633

茅葺の鯉返観音霊場

P2340634_2
大福寺の山門と本堂
福島市大笹生にある大福寺脇に信達三十三観音第9番札所・鯉返り」観音がありました。この観音は茅葺の素晴らしい建物で、別当は真言宗愛宕山大福寺で、大福寺の山門脇にあるモミジが美しく紅葉していました。

2018年11月25日 (日)

東禅寺のモミジの紅葉と傘状のアカマツ

P2340677
東禅寺境内のモミジと裏山の木々の紅葉(2018.11.22)
P2340672
東禅寺のアカマツ
福島市大笹生にある東禅寺のモミジ(カエデ科)が美しく紅葉し、裏山の木々もきれいに紅葉していました。この寺の山門脇に福島市指定保存樹・傘の形をしたアカマツ(マツ科)がありました。この松は推定樹齢200年だそうです。

2018年11月24日 (土)

清水観音の大モミとスギ並木

P2340605
清水観音寺の大モミとスギ並木 (2018.11.23)
P2340613_3
清水大非山不動滝とモミジの紅葉
福島市町庭坂にある清水観音入り口に、「清水観音の大モミ」がありました。このモミは樹齢約400年で昭和45年に福島市の天然記念物に指定されています。このモミに続いて山門まで美しいスギ並木がありました。この並木は昭和60年6月に「ふくしま緑の100選」に選定されています。境内には清水大非山不動滝があり近くのモミジが美しく紅葉していました。

2018年11月23日 (金)

紅葉した山と威容を誇る安楽寺の大王松

P2340655_2

安楽寺の大王松 (2018.11.22)
P2340661
紅葉した安楽寺裏の山肌
福島市大笹生にある安楽寺の緑色の大王松(マツ科)が紅葉した山を背にして威容を誇っていました。この松は福島市指定天然記念物で、北アメリカ原産、1912年頃日本に渡来し、1914年にこの地に植樹されたそうです。この寺の裏山が美しく紅葉していました。

2018年11月10日 (土)

紅葉した瑞龍寺の庭園で力強く枝を張った「瑞龍の松」

P2340467
瑞龍の松  (2018.11.8)
P2340469_2
紅葉した瑞龍寺の庭園
福島市渡利にある紅葉した瑞龍寺の庭園で、緑色の瑞龍の松(福島市指定天然記念物、樹齢約600年)がどっしりと力強く枝を伸ばしていました。庭園内のモミジ(カエデ科)が赤くきれいに紅葉していました。

2017年2月 5日 (日)

江戸時代中期に庄屋屋敷として建てられた旧佐久間邸

P2240074

佐久間邸の貴賓を迎える玄関 (2017.2.4)

P2240118

佐久間邸を裏側から望む

福島市佐倉下にある旧佐久間邸を訪ねました。この旧佐久間邸は江戸時代中期(元文2年)に庄屋屋敷として建てられたそうで、玄関は普通に使う玄関と貴賓を迎えるための玄関(式台玄関)があります。今は福島市に寄贈されており、一般に開放されています。

2016年11月26日 (土)

国登録有形文化財の嶋貫本家住宅を訪ねる

P2230002

 嶋貫本家の表門と主屋 (2016.11.24)

P2230004

嶋貫本家の住宅門と土塀

福島市瀬上町にある嶋貫本家住宅を見学させていただきました。嶋貫家は上杉家の家臣として新潟、会津、米沢そして嘉永年間に福島に移り住み、瀬上で商人として金融業を営んでいました。表門、蔵は明治1年~15年に、住宅門、土塀は明治16年~30年に、主屋は明治32年~40年に造られたそうで、いずれも国登録有形文化財に指定されています。着物、タンス、金庫、電話機、人力車など往時の調度品が大切に保存されており、座敷から格子戸を通して眺めるお庭が素晴らしかったです。

P2230003表門と蔵

P2220992格子窓を通して見える庭園

P2220989国登録有形文化財のプレートと菊の花

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ