陽林寺、陽泉寺、観音寺

2019年6月30日 (日)

ハスとイトバハルジャギクの花が咲く

P2380249

ハスの花     (2019.6.27)

P2380252

イトバハルジャギクの花

福島市上鳥渡にある鳥渡観音寺の庭で、薄紅色のハスの花が咲いていました。この花は開花期が7月~8月で、花言葉が「清らかな心、休養」です。近くで黄色のイトバハルジャギク(キク科)の花が咲いていました。

2019年6月29日 (土)

新築の鳥渡観音寺本堂前でボダイジュの花が咲く

P2380258

ボダイジュの花   (2019.6.27)

P2380255

新築の鳥渡観音寺本堂

福島市上鳥渡にある鳥渡観音寺で、黄緑色のボダイジュ(シナノキ科)の花が咲いていました。この花は開花期が5月~6月で、花言葉が「結婚、夫婦愛」です。鳥渡観音寺本堂は令和元年6月9日に落慶法要が営まれたそうです。

2019年6月28日 (金)

タイムやナデシコの花が咲く

P2380251

タイムの花   (2019.6.27-2)

P2380254

ナデシコの花

福島市上鳥渡にある鳥渡観音寺の庭で、薄紫色のタイム(シソ科)の花が咲いていました。この花は開花期が4月~7月で、花言葉が「勇気ある行動,活発」です。近くで紅色のナデシコ(ナデシコ科)の花が咲いていました。

2018年11月 6日 (火)

陽林寺の紅葉と福島市街地上空にかかった幅広い虹

P2340321_2
陽林寺の紅葉 82018.10.31)

P2340335
福島市街地上にかかっつた幅広い虹

福島市小田にある陽林寺を訪ね山門を入るとモミジ(カエデ科)が美しく紅葉していました。境内から福島市街地を眺めると上空に幅広い虹がかかっており幻想的な風景を見ることが出来ました。 

2016年9月11日 (日)

鳥渡観音寺にハス、シュウメイギク、サルスベリの花が咲く

P2210030

ハスの花 (2016.9.7)

P2210023

 シュウメイギクの花

P2210021

 サルスベリの白い花

福島市上鳥渡にある鳥渡観音寺にハス(スイレン科)、シュウメイギク(キンポウゲ科)、サルスベリ(ミソハギ科)、ノウゼンカズラ(ノウゼンカズラ科)、コスモス(キク科)の花が咲いていました。

サルスベリは白い花が咲く木と紅色の花が咲く木が有りました。

P2210033サルスベリの紅色の花

P2210022ノウゼンカズラの花

P2210025コスモスの花

2016年8月11日 (木)

鳥渡観音寺にキョウチクトウ、ハス、ナツズイセンの花が咲く

P2190149_2

キョウチクトウの花 (2016.8.3)

P2190134_2

 ハスの花

P2190122

 大蟇蛙の脇に咲くナツズイセンの花

福島市上鳥渡にある鳥渡観音寺の入口にキョウチクトウ(キョウチクトウ科)の花が咲き、本堂前にハス(ハス科)の花が咲き、大蟇蛙の脇にナツズイセン(ヒガンバナ科)の花が咲いていました。この寺院の境内にはイトバハルジャギク(宿根コスモス、キク科)の花が咲き、ボダイジュ(シナノキ科)やセンダン(センダン科)の果実が稔っていました。

P2190133イトバハルジャギクの花

P2190125_2ボダイジュの果実

P2190121センダンの果実

2016年5月 7日 (土)

陽林寺でシャクナゲやツツジの花が咲き見頃

P2140616

陽林寺の参道に咲く花たち(2016.5.6)

P2140639

 陽林寺山門奥に咲くシャクナゲの花

P2140623

 陽林寺境内に咲くツツジの花

福島市小田にある陽林寺で、シャクナゲ(ツツジ科)やツツジ(ツツジ科)の花がきれいに咲いていました。この寺の境内ではヒメシャガ(アヤメ科)やミヤコワスレ(キク科)の花も咲いていました。

福島市上鳥渡にある観音寺でボタン(ボタン科)の花が咲いていました。

この日は信夫地区史跡保存会の史跡めぐりに参加させて頂きました。

P2140638シャクナゲの花

P2140631ヒメシャガの花

P2140628ミヤコワスレの花

P2140632ツツジの花

P2140633ツツジの花

P2140662

ボタンの花

 

2016年1月10日 (日)

伊達政宗の曽祖父・伊達稙宗により開かれた陽林寺を訪ねる

P2090866_3

陽林寺の山門(2016.1.9)

P2090877_2

陽林寺の鐘楼(右)と本堂

福島市小田にある陽林寺(市指定文化財)を訪ねました。この寺は1513年に伊達政宗の曽祖父・伊達家第14代当主稙宗(たねむね)により開かれたといわれています。境内には山門、鐘楼、本堂、庫裡、観音堂、総門(鳥道関)等がありました。また境内にはこの寺の開祖盛南禅師が座禅していたという座禅石、この寺を開基した稙宗の墓碑、稙宗の三男で大森城主の実元(さねとも)の墓碑、一葉観音、1776年から大森陣屋にいた幕府代官中山太郎右エ門が天明3年(1783)の大凶作の時下役人中沢道右エ門と共に農民の救済に当り慕われて建立された墓碑、八体地蔵などがありました。

P2090890_2総門(鳥道関)

P2090886_2観音堂

P2090887_2一葉観音

.

P2090885_2中山太郎右エ門の墓碑(左)と中沢道右エ門の墓碑(右)

P2090884_2八体地蔵

P2090894_2座禅石

2015年9月24日 (木)

鳥渡観音寺でシオンやコスモスの花が咲く

P2060193_2

シオンの花 (2015.9.23)

P2060195_2

 コスモスの花

P2060297_3

 東叡山の札を立てたお篭

福島市上鳥渡にある瀧寿山普門院鳥渡観音寺で、シオン(キク科)やコスモス(キク科)の花が咲いていました。

寺宝館を特別に見せて頂き、東叡山の札を立てたお篭を拝見することが出来ました。東叡山寛永寺は徳川家の菩提寺で比叡山や日光山を管轄していました。ここ観音寺の舜海和尚は比叡山坂本戒蔵院の住職も兼ねていたので、このお篭で往復していたのでしょうか?しのばれます。

境内には高湯温泉安達屋の寄進で建立された山門があり、文殊稲荷、甲子大黒天、大蟇の像などもありました。この大蟇(ひきがえる)には一度なでれば無事帰る、二度なでれば学業萬福無病也、三度なでれば縁結び萬願叶う威神力があるそうです。

P2060190_2高湯温泉安達屋の寄進で建立された山門

P2060200_2文殊稲荷(左)と甲子大黒天

P2060199_2大蟇(ひきがえる)

2015年4月14日 (火)

陽林寺で、樹齢450年以上のシダレザクラの花が元気よく咲く

P2010107_2

樹齢450年以上のシダラザクラの花(2015.4.12)

P2010103_3

 鐘楼脇で咲く樹齢450年以上のシダラザクラの花

P2010100_2

 陽林寺本堂と樹齢450年以上のシダラザクラの花

福島市小田にある陽林寺で、樹齢450年以上のシダレザクラ(バラ科)の花が元気よく咲いていました。

山門前、参道、境内の多くの場所で、ソメイヨシノ(バラ科)の花が沢山咲き、見頃を迎えていました。

境内で、ミツバツツジ?(ツツジ科)やベニバスモモ(バラ科)の花も咲いていました。

P2010115_2樹齢450年以上のシダラザクラの花

P2010092_3陽林寺山門前で咲くソメイヨシノの花

P2010116_2参道に咲くソメイヨシノの花

P2010119_3陽林寺の境内で咲くソメイヨシノの花

P2010121_3ミツバツツジの花

P2010096_3ベニバスモモの花

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ