黒岩虚空蔵・大蔵寺・文知摺観音

2019年11月20日 (水)

黒岩虚空蔵堂前の阿武隈川周辺の紅葉が見頃

P2390835

黒岩虚空蔵堂前の阿武隈川周辺の紅葉 (2019.11.19)

P2390834_20191120210601

虚空蔵堂脇で紅葉したモミジ

福島市黒岩にある黒岩虚空蔵堂前の阿武隈川周辺の山々が鮮やかに紅葉し、虚空蔵堂周辺のモミジ(カエデ科)も美しく紅葉して見頃を迎えていました

2019年11月18日 (月)

文知摺観音でイチョウ、ケヤキ、モミジが鮮やかに紅葉し見頃

P2390746

イチョウ、ケヤキ、モミジの紅葉  (2019.11.15)

福島市山口にある文知摺観音の鐘楼脇で、イチョウ(イチョウ科)が黄色に、ケヤキ(ニレ科)が黄橙色に、モミジ(カエデ科)が赤色に鮮やかに紅葉して見頃を迎えていました。

2019年11月16日 (土)

文知摺観音でモミジが鮮やかに紅葉し見頃

P2390752

文知摺観音入口付近の紅葉  (2019.11.15)

P2390781

鮮やかに紅葉したモミジ

福島市山口にある文知摺観音で、モミジ(カエデ科)が鮮やかに紅葉し見頃を迎えていました。 

2019年11月15日 (金)

黒岩虚空蔵堂上の紅葉が美しい

P2390704

黒岩虚空蔵堂上の紅葉  (2019.11.2)

P2390714

清浄嶺の羅漢像脇の紅葉

福島市黒岩にある黒岩虚空蔵堂上でモミジ(カエデ科)が美しく紅葉し、清浄嶺の羅漢像脇のモミジが鮮やかに紅葉していました。

2019年4月10日 (水)

大蔵寺のシダレザクラが咲き見頃

P2360591

大蔵寺のシダレザクラ   (2019.4.10)

福島市小倉寺にある大蔵寺の旧参道入り口で、樹齢約300年のシダレザクラ(バラ科)が咲き見頃を迎えていました。2本の夫婦ザクラが合体して1本の見事なシダレザクラのように見えていました。

2018年9月16日 (日)

大蔵寺でヒガンバナの花が咲く

P2330618

大蔵寺の境内に咲くヒガンバナの花  (2018.9.15)

P2330613

 ヒガンバナの花

福島市小倉寺にある大蔵寺の境内で、赤いヒガンバナの花が沢山咲いていました。この花は開花期が7月~10月ですが、自生種の開花は秋分の日前後で、花言葉が「悲しい思い出、情熱」です。

2018年4月 3日 (火)

大蔵寺のシダレザクラの花が咲き見頃

P2310076

大蔵寺のシダレザクラ(2018.4.2)

P2310080_2

大蔵寺のシダレザクラ

福島市小倉寺にある大蔵寺のシダレザクラ(バラ科)の花がきれいに咲き見頃を迎えていました。

2017年11月25日 (土)

黒岩虚空蔵堂前から紅葉の阿武隈川を望む

P2290815_3

黒岩虚空蔵堂前から阿武隈川を望む(2017.11.24)

P2290811

 阿武隈川で羽を休めるマガモ

福島市黒岩にある黒岩虚空蔵堂前を流れる阿武隈川の両岸の紅葉が美しく、阿武隈川の水面でマガモ(カモ科)が羽を休めていました。

2017年11月18日 (土)

紅葉した文知摺観音・安洞院多宝塔と文知摺石

P2290750_2

紅葉と安洞院多宝塔(2017.11.14)

P2290756

文知摺石と綾石(手前)

 福島市山口にある文知摺観音の安洞院多宝塔(福島県指定重要文化財)が屋根など改修されてきれいになっていました。近くにある文知摺石(鏡石)と綾石の周囲にはイロハモミジの落葉がジュウタンのように敷き詰められていました。

2017年11月17日 (金)

黒岩虚空蔵堂前から紅葉が美しい阿武隈川を望む

P2290706

黒岩虚空蔵堂前から紅葉が美しい阿武隈川を望む(2017.11.12)

P2290696

阿武隈川の岩の上で羽を休めるカワウ

福島市黒岩にある黒岩虚空蔵堂の前から紅葉が美しい阿武隈川を眺めると岩の上でカワウ(ウ科)が羽を休めていました。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ