福島城址・御倉邸周辺

2019年9月 7日 (土)

長楽寺の色付いたナナカマドの果実と阿保原地蔵尊

P2380940 

ナナカマドの果実  (2019.9.3)

P2380936

阿保原地蔵尊

福島市舟場町にある長楽寺で、ナナカマドの果実が赤く色付いていました、ナナカマドは5月~7月に白い花が咲き、9月~10月に果実が赤く色付きます。この果実は野鳥が好んで食べ、果実酒にも利用されます。境内に阿保原地蔵尊(子育て地蔵尊)が祀られていました。この地蔵尊は永平寺と仙台の松音寺にも祀られているそうです。

2016年12月16日 (金)

御倉邸の客室から弁天山を望む

P2230243

御倉邸から弁天山を望む(2016.12.15)

P2230232_3

サザンカの花

福島市御倉町にある御倉邸の客室から庭園の奥に阿武隈川や弁天山が見えて素敵な景観でした。弁天山には安寿と厨子王が住んでいた椿館があったと伝えられています。

御倉邸の庭園には紅色のサザンカ(ツバキ科)の花がきれいに咲いていました。

御倉邸は旧日本銀行福島支店長宅で、昭和2年に建築された木造平屋建て寄棟瓦葺の建物です。阿武隈川を借景にした日本庭園を囲むように各部屋が配置されています。

2016年12月13日 (火)

福島県庁前の花壇に植栽されたハボタン

P2230178

赤紫色のハボタン (2016.12.9)

P2230180

 白色のハボタン

福島市杉妻町にある福島県庁前の花壇に赤紫色や白色のハ

ボタン(アブラナ科)が沢山植栽されていました。

2015年12月25日 (金)

御倉邸の庭でサザンカの花が咲き、ナナカマドの果実が色付く

P2090368_3

サザンカの花 (2015.12.24)

P2090360_2

ナナカマドの果実

P2090366_3

 木の枝に止まったヒヨドリ

福島市御倉町にある御倉邸で、サザンカ(ツバキ科)の花がきれいに咲き、ナナカマド(バラ科)の果実が黄橙色に色付いていました。アセビ(ツツジ科)が蕾を付けていました。

近くの木の枝にヒヨドリ(ヒヨドリ科)が止まっていました。

P2090358_2サザンカの花

P2090359_2ナナカマドの果実

P2090370_3アセビの蕾

2015年12月24日 (木)

御倉邸の庭で雪つりをして冬の備えをしたマツやヤツデ

P2090378_2

雪つりをして冬に備えた御倉邸のマツ(2015.12.24)

P2090365_2

雪つりをして冬に備えた御倉邸ヤツデ

P2090381_2

 おぐら茶屋から阿武隈川の下流方面を望む(左の建物が県庁)

福島市御倉町にある御倉邸のマツ(マツ科)やヤツデ(ウコギ科)などの植木に雪つりをして冬に備えていました。

御倉邸の庭園脇にあるおぐら茶屋から阿武隈川の下流方面を眺めると水は清く、左に福島県庁、中央手前に天神橋、中央奥に大仏橋が見えていました。

P2090372_2雪つりをしたマツ

P2090364_2雪つりをしたマツ

P2090373_2雪つりをしたマツ

2014年11月29日 (土)

御倉邸の旧米沢藩米蔵脇で、ケヤキが鮮やかに紅葉

P1970296_2

御倉邸の米蔵と紅葉したケヤキ (2014.11.27)

P1970301_4

 阿武隈川と荒川の合流地点(奥は弁天山と弁天橋)

福島市御倉町にある御倉邸の旧米沢藩米蔵脇でケヤキ(ニレ科)が鮮やかに紅葉しており、敷地内のおぐら茶屋から阿武隈川を眺めると岸辺にシラサギ(ダイサギ?、サギ科)が休んでいて、まもなく飛び去ってゆきました。川面ではマガモ(カモ科)が羽を休めていました。

近くにある信夫橋の脇から 阿武隈川と荒川の合流地点を望むと奥に森鴎外の小説「安寿と厨子王」のゆかりの地・弁天山と国道4号線の弁天橋を見ることが出来ました。

P1970294_2鮮やかに紅葉した御倉邸にあるケヤキ

P1970288_2阿武隈川の岸辺で休むシラサギ

P1970290_2阿武隈川で羽を休めるマガモ

2014年11月20日 (木)

大島要三邸の庭園跡で色付いたイロハモミジ

P1960960_3

 大嶋要三邸の庭園跡で色付いたイロハモミジ(2014.11.14)

P1960957_2

 福島県庁本庁舎裏で黄葉したイチョウ

福島市杉妻町の福島県庁西庁舎裏・旧福島城の土塁脇に、大島要三邸の庭園跡があり、イロハモミジが色付いてきれいでした。

大島要三は東北本線や奥羽本線の建設工事を行い、電燈会社やガス会社を設立し、公認福島競馬場の建設に尽力し、福島商工会議所の設立に尽力して2代と6代の会頭になり、衆議院議員にもなって活躍された人です。

福島県庁本庁舎裏で、イチョウが鮮やかに黄葉していました。

県庁前のケヤキ並木は多くが落葉し葉の数が少なくなっていました。

紅葉山公園には板倉家20代板倉敏和、21代板倉勝教、22代板倉勝翔の3名により植樹された板倉神社再建奉祝記念のイロハモミジが3本ありました。

P1960965_3紅葉した福島県庁前のケヤキ並木

P1960964_2多くが落葉した福島県庁前のケヤキ並木

P1960956_3板倉家20代~22代当主が植樹されたイロハモミジ

2014年9月12日 (金)

御倉邸の庭で、ニシキギが紅葉し、ナナカマドの果実が色付く

P1940400_2

ニシキギの紅葉 (2014.9.10)

P1940402_2

 色付いたナナカマドの果実

福島市御倉町にある御倉邸の庭で、ニシキギ(ニシキギ科)の紅葉が始まり、ナナカマド(バラ科)の果実が黄橙色に色付いていました。

この庭で、チェリーセイジ(シソ科)の白い花が咲いていました。

P1940401_2ニシキギの紅葉

P1940406_4色付いたナナカマドの果実

P1940404_3チェリーセイジの白い花

2014年4月12日 (土)

福島城址(福島県庁)で咲くソメイヨシノの花が見頃

P1880479

 福島城址(福島県庁)で咲くソメイヨシノの花 (2014.4.11)

P1880487

 福島城址(福島県庁)で咲くソメイヨシノの花

福島市杉妻町にある福島城址(福島県庁)の阿武隈川沿いに咲くソメイヨシノ(バラ科)の花がほぼ満開で、見頃を迎えていました。

近くにある県庁東分庁舎前や福島第一小学校校庭でもソメイヨシノの花が見頃を迎えていました。

県庁前の阿武隈川ではオオハクチョウ(カモ科)やヒドリガモ(カモ科)が羽を休めていました。

P1880383

福島県庁脇で咲くソメイヨシノの花

P1880482_2ソメイヨシノの花 

P1880474_2県庁東分庁舎前で咲くソメイヨシノの花

P1880492_2福島第一小学校校庭で咲くソメイヨシノの花

P1880467_2阿武隈川で休むオオハクチョウ

P1880470_2阿武隈川で休むヒドリガモ

2014年2月11日 (火)

御倉邸の庭でマサキの果実が割れてオレンジ色の種子がのぞく

P1870021_2

 オレンジ色の種子がのぞく マサキの果実  (2014.2.4)

P1870009_2

 阿武隈川で羽を休めるコガモ

福島市御倉町にある御倉邸の庭で、マサキ(ニシキギ科)の果実がはじけて中からオレンジ色の種子がのぞいていました。近くでモチノキ(モチノキ科)やナナカマド(バラ科)の果実が赤く色付き、アセビ(ツツジ科)の蕾が膨らんでいました。

福島市杉妻町にある板倉神社脇の阿武隈川で、コガモ(カモ科)が羽を休めていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1870022_2モチノキの果実

P1870020_2ナナカマドの果実

P1870023_2アセビの蕾

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ