土湯温泉・土湯峠・つつじ山公園

2019年6月13日 (木)

土湯温泉の照南湖でスイレンの花が咲く

P2380004

照南湖ビオパークに咲くスイレンの花 (2019.6.12)

P2380006

スイレンの花

福島市土湯温泉町葭池にある照南湖ビオパークで、赤、紅、黄色のスイレン(睡蓮、スイレン科)の花が咲いていました。この花は開花期が5月~10月で、花言葉が「清純な心、信頼」です。ヒツジグサの仲間で午後に花が咲くそうです。

2018年6月23日 (土)

リニューアルオープンした共同浴場「中の湯」とヘビイチゴの果実

P2320692

土湯温泉共同浴場「中の湯」(2018.6.20)

P2320682

 ヘビイチゴの果実

福島市土湯温泉町に源泉かけ流しの共同浴場「中の湯」が雨に濡れていました。この共同浴場は平成30年4月にリニュアルオープンし、入浴料が500円、営業時間が9:00~21:00、火曜日が定休日です。広場には足湯があり、無料で利用出来ます。近くでヘビイチゴ(バラ科)の果実が赤く色付いていました。

2018年6月22日 (金)

滝のつり橋とマタタビの花

P2320685

滝と滝のつり橋(2018.6.20)

P2320681

マタタビの花

福島市土湯温泉町にある滝のつり橋の少し上流にある東鴉川小水力発電所で使用した水がそのままこのつり橋の下にある滝を流れ落ちていました。近くで白いマタタビ(マタタビ科)の花が咲いていました。

2018年6月20日 (水)

照南湖でスイレンの花が咲き、モリアオガエルの卵塊がある

P2320669

照南湖に咲くスイレンの花(2018.6.20)

P2320657

モリアオガエルの卵塊

福島市土湯温泉町にある照南湖で、紅色、黄色、白色など色とりどりのスイレン(スイレン科)の花が元気よく咲いていました、この花は6月中旬~9月上旬に咲きます。この湖の上に伸びた木の枝にモリアオガエル(アオガエル科)の卵塊が有りました。

2017年6月28日 (水)

照南湖ビオパークにスイレンの花が咲き、モリアオガエルが泡状の卵塊を産む

P2280435

スイレンの花が咲く照南湖ビオパーク(2017.6.27)

P2280438

モリアオガエルの泡状の卵塊

福島市土湯温泉町にある照南湖ビオパークにスイレンの花が咲き、湖面上にせり出した木の枝にモリアオガエル(アオガエル科)が泡状の卵塊が産み付けていました。

2017年6月27日 (火)

土湯温泉バイナリー発電設備とオニテナガエビ展示水槽を訪ねる

P2280476

 土湯温泉バイナリー発電設備(2017.6.27)

P2280490

展示水槽の養殖オニテナガエビ

福島市土湯温泉町にある土湯温泉バイナリー発電設備とオニテナガエビ(テナガエビ科)養殖の展示水槽を訪ねました。

温泉バイナリー発電は温泉熱でノルマルペンタンを気化させ、タービンを回して発電し、使い終わったノルマルペンタンを湧き水で冷却して液体にし、温められた湧き水とノルマルペンタンと熱交換した温泉は温泉水として使用されます。年間総発電量は約260万kwhで、一般家庭約500世帯分だそうです。

近くで、温泉水を利用してオニテナガエビの養殖が進められており、展示水槽を見学することが出来ました。長い手の先端部分が青紫色の美しい姿をしていました。このエビの養殖が順調に進み、お膳に並ぶ日が楽しみです。

2017年6月 1日 (木)

照南湖ビオパークでスイレンの花が見頃

P2270488

照南湖に咲くスイレンの花(2017.6.1)

P2270487

スイレンの花

福島市土湯温泉町にある照南湖ビオパーク(環境省第8回みどり香るまちづくり企画コンテスト入賞)で、赤紅色や白色のスイレン(スイレン科)の花が沢山咲いて見頃を迎えていました。

2016年7月27日 (水)

土湯温泉の東鴉川小水力発電所を訪ねる

P2180801

東鴉川小水力発電所(2016.7.24)

P2180807

クロスフロー水車

P2180810

 発電機

P2180794

東鴉川に架かる滝の吊橋と小水力発電所下流の砂坊堰堤

P2180751

 土湯温泉観光協会脇にある東鴉川砂防堰堤を落下する清水

福島市土湯温泉町にある東鴉川小水力発電所を訪ねました。第3砂坊堰堤で取水した水を水圧管路を通して発電所に送り、発電機を連結したクロスフロー水車を回して発電をしていました。年間発電量は約80万kwhで、一般家庭電気使用量の約100世帯分だそうです。

発電に使用された水は東鴉川に排出され、下流にある砂坊堰堤から勢いよく流れ落ちていました。

土湯温泉観光協会脇にある砂防堰堤の近くにアジサイ(ユキノシタ科)やヤマユリ(ユリ科)の花が咲いていました。

P2180813_2水力発電所の発電量を表示する計器

P2180752アジサイの花

P2180750ヤマユリの花

 

2016年7月26日 (火)

土湯温泉源泉の造湯設備とバイナリー発電設備を見学

P2180766_2

土湯温泉17号源泉の造湯設備(2016.7.24)

P2180785

土湯温泉16号源泉のバイナリー発電設備

P2180768

 土湯温泉17号源泉下の荒川

福島市土湯温泉町にある土湯温泉17号源泉の造湯設備と土湯温泉16号源泉のバイナリー発電設備を見学しました。

土湯温泉17号源泉の造湯設備は最新の設備で、地中から噴出する約130~150℃の蒸気と温泉水を湧き水で造湯して65℃の温泉水を作り、温泉街に送っています。この方式で作る温泉水を「噴気造成泉」と呼び全国でも珍しいそうです。

土湯温泉16号源泉のバイナリー発電設備は地中から噴出した蒸気と温泉水を熱交換器でノルマルぺンタンに熱交換して発電に使用し、熱交換後の噴出した温泉水は造湯設備で65度の温泉水にして温泉街に送られています。このバイナリー発電設備の年間総発電量は約280万kwhで、一般家庭の電気使用量約500世帯分だそうです。

この地域は地表に蒸気が吹きだしているところが有り、80m程度掘削すると容易に温泉が湧きだすそうです。

これらの設備の下を荒川が流れており、堆積岩の岩肌が見えていました。

P2180780変電設備

P2180765地表に吹きだす蒸気

P2180788堆積岩の岩肌

2016年6月 5日 (日)

土湯温泉の女将と歩くハイキングに参加し、ヒメサユリとスイレンの花を訪ねる

  • P2160513_2

  • 女将と歩くハイキングの開会式82016.6.5)

  • P2160562

  • 堤ケ平ヒメサユリ群生地で
  • P2160535

  • 堤ケ平ヒメサユリ群生地

  • P2160530

  •  ヒメサユリの花

  • P2160587_2

  •  照南湖に咲くスイレンの花

  • P2160582

  •  スイレンの花

  • 福島市土湯温泉町のサンスカイつちゆで、女将と歩く「スイレン&ヒメサユリ」ハイキングの開会式が行われ、堤ケ平群生地のヒメサユリと照南湖に咲くスイレンの花を訪ねました。

  • 堤ケ平群生地に咲くヒメサユリの花は盛りを過ぎていましたが、まだきれいに咲いていました。近くにアヤメ(アヤメ科)、カキツバタ(アヤメ科)、クリンソウ(サクラソウ科)、コンフリーの花も咲いていました

  • 照南湖には白、黄、赤色の美しいスイレン(スイレン科)の花が沢山咲いて見頃を迎えていました。

  • P2160556アヤメの花 

  • P2160540カキツバタとスイレンの花 

  • P2160553コンフリーの花 

  • P2160558クリンソウの花

  • P2160597

照南湖に咲くスイレンの花

  • P2160596スイレンの花

続きを読む "土湯温泉の女将と歩くハイキングに参加し、ヒメサユリとスイレンの花を訪ねる" »

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ