« 小田原城でサクラの花が咲きはじめ、オオバンが羽を休める | トップページ | 大森にある住宅の庭でアケボノアセビの花が咲く »

2017年3月 6日 (月)

報徳二宮神社と小田原駅東口の二宮金次郎像

P2240489

 報徳二宮神社 (2017,2,27)

P2240429

小田原駅東口にある二宮金次郎像

神奈川県小田原市城内に二宮尊徳翁を祀った報徳二宮神社がありました。二宮尊徳翁はこの地で生まれた江戸時代後期の農政学者・思想家で、「報徳仕法」と呼ばれる独自の方法と理念で、小田原藩、相馬藩など多くの地で農村の復興に尽くし、明治時代以降の政財界人にも大きな影響を与えた人です。

幼少の頃は金次郎と呼ばれており、小田原駅東口には二宮金次郎像がありました。

「譲って損なし、奪って益なし」「経済なき道徳は戯言であり、道徳なき経済は犯罪である」

« 小田原城でサクラの花が咲きはじめ、オオバンが羽を休める | トップページ | 大森にある住宅の庭でアケボノアセビの花が咲く »

福島県外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 報徳二宮神社と小田原駅東口の二宮金次郎像:

« 小田原城でサクラの花が咲きはじめ、オオバンが羽を休める | トップページ | 大森にある住宅の庭でアケボノアセビの花が咲く »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ