« あづま総合運動公園でカツラが紅葉し落葉している | トップページ | 荒川発電所で発電に使用された水の流れ »

2016年10月10日 (月)

荒川大暗きょう砂防堰堤と地蔵原堰堤

P2220066

 大暗きょう砂防堰堤上から荒川上流を望む (2016.10.7)

P2220069

荒川大暗きょう砂防堰堤

P2220070

 地蔵原堰堤

福島市荒井にある四季の里から水林自然林を通り、荒川大暗きょう砂防堰堤までウオーキングしてきました。荒川は6年連続水質日本一の河川です。途中にある地蔵原堰堤は荒川の洪水対策の一環として大正時代から昭和にかけてつくられ、修復された石積み工法の砂防ダムで、国指定の登録有形文化財(建築)です。この堰堤の前にある遊歩道には通常橋がかけられていて通ることが出来ますが、7月から9月の台風時期には橋が取り外されており通行出来ませんでした。この堰堤の上流にある大暗きょう砂防堰堤の上は常時通行可能です。

« あづま総合運動公園でカツラが紅葉し落葉している | トップページ | 荒川発電所で発電に使用された水の流れ »

四季の里」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 荒川大暗きょう砂防堰堤と地蔵原堰堤:

« あづま総合運動公園でカツラが紅葉し落葉している | トップページ | 荒川発電所で発電に使用された水の流れ »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ