« 花見山公園でサンゴカクの紅葉が始まり、サンシュウユの果実が色付く | トップページ | お知らせ!健康ウオーク・紅葉の高湯不動滝と高湯温泉 »

2016年9月19日 (月)

福島県遺族会館前の花壇にヒガンバナの花茎が沢山伸びる

P2210313

苞に包まれた蕾を付けたヒガンバナの花茎(2016.9.17)

P2210310

苞が開いて赤い蕾がついているヒガンバナの花茎

P2210314

 雑草の中に咲くヒガンバナの花

福島市堂殿にある福島県遺族会館前の花壇に苞に包まれた蕾を付けたヒガンバナ(ヒガンバナ科)の花茎が沢山伸びていました。

ヒガンバナは花茎が地表に出て、苞が開き蕾が見えるようになり、開花するまでに6日程度要するそうです。

フェンスの近くには苞が開いて赤い蕾が付いた花茎が有り、開花したヒガンバナの花もありました。近くの雑草の中にはきれいに開花したヒガンバナの花がありました。

この花壇には福島地方気象台の植物季節観測用標本の標示板が有り、この標示板の近くには苞が開いて赤い蕾が見えている花茎がありました。

P2210309_2フェンスの近くで開花したヒガンバナの花

P2210316植物季節観測用標本の標示板

P2210317

苞が開いて蕾が見えている花茎

« 花見山公園でサンゴカクの紅葉が始まり、サンシュウユの果実が色付く | トップページ | お知らせ!健康ウオーク・紅葉の高湯不動滝と高湯温泉 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島県遺族会館前の花壇にヒガンバナの花茎が沢山伸びる:

« 花見山公園でサンゴカクの紅葉が始まり、サンシュウユの果実が色付く | トップページ | お知らせ!健康ウオーク・紅葉の高湯不動滝と高湯温泉 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ