« 第6回バリアフリー観光推進全国フォーラムふくしま大会がコラッセふくしまで開催 | トップページ | 福島駅東口広場で、ふくしまアフターDCクロージング宣言 »

2016年6月26日 (日)

東日本大震災地(浪江町)視察に参加

P2170559

浪江町請戸地区の2階まで被災した家屋(2016.6.25)

P2170571

浪江町の処分を待つ山積されている震災廃棄物

P2170622

 被災した請戸小学校の校舎(左)と体育館(右)、中央は展望台

P2170582

 1階の被災した教室

P2170592

 2階の津波被災を免れた図書室

福島県浪江町請戸地区にあった建築物の大部分が津波に流され、残った建物も1,2階の窓枠が無くなっていました。

請戸小学校の教室は1階の部分が津波に被災し、2階の部分は津波の被災を免れたようで図書室の本が一部散乱していましたが、大部分本棚に収まっていました。

この学校の時計は全て3時38分で止まっており、この時刻に津波が到達し、時計の制御設備が被災し時計が止まったことでしょう、この時刻は地震が発生した2時46分の1時間2分後でした

この小学校はバリアウリーの設備が整い、2名の身体の不自由な児童が通学していましたが、津波の時は早急に全員避難して1人の犠牲者も出さなかったそうです。

バリアフリー観光推進全国フォーラム福島大会エクスカーション・東日本大震災地視察に参加しました。

P21705733時38分に止まった時計

1階の窓は被災し、2階の窓は無事P2170612

P2170613「我は海の子、請戸の子」のプレート

P2170607英語が記載された階段

P2170605廊下に張られていた絵タイル

P2170628

遠くに見えた東電第1原発の排気用煙突

« 第6回バリアフリー観光推進全国フォーラムふくしま大会がコラッセふくしまで開催 | トップページ | 福島駅東口広場で、ふくしまアフターDCクロージング宣言 »

地震・原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災地(浪江町)視察に参加:

« 第6回バリアフリー観光推進全国フォーラムふくしま大会がコラッセふくしまで開催 | トップページ | 福島駅東口広場で、ふくしまアフターDCクロージング宣言 »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ