« 花見山公園でロウバイの花が咲きまだ見頃 | トップページ | 新幹線から姫路城を望む »

2016年2月23日 (火)

木の枝にカワラヒワが止まり、遊歩道に木質チップが敷かれる

P2100670_2

カワラヒワ

P2100678_3

 赤色を増したサンゴカクの枝

P2100677_2_2

 手すりが付けられ、木質チップが敷かれた遊歩道

福島市渡利にある花見山公園で、木の枝にカワラヒワ(アトリ科)が止まり、サンゴカク(カエデ科)の枝が赤色を増していました。遊歩道には手すりが設置され、木質チップが敷かれてお客さんの受入れ準備が進んでいました。

P2100673_2_2カワラヒワ

P2100678_4赤色を増したサンゴカクの枝

P2100675_2木質チップを敷いた遊歩道

« 花見山公園でロウバイの花が咲きまだ見頃 | トップページ | 新幹線から姫路城を望む »

花見山公園・渡利周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木の枝にカワラヒワが止まり、遊歩道に木質チップが敷かれる:

« 花見山公園でロウバイの花が咲きまだ見頃 | トップページ | 新幹線から姫路城を望む »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ