« 下鳥渡のヒガンバナ群生地で花が咲き始め、キアゲハが訪れる | トップページ | 福島県遺族会館前の花壇でヒガンバナの花が咲き見頃 »

2015年9月16日 (水)

大蔵寺の境内で、ヒガンバナの花が咲き、シュウメイギクの花が咲き始める

P2050853_2

大蔵寺の境内で咲くヒガンバナの花 (2015.9.16)

P2050850_2

  大蔵寺の境内で咲くヒガンバナの花

P2050857_2

ヒガンバナの花

P2050849_2

 咲き始めたシュウメイギクの花と蕾

福島市小倉寺にある大蔵寺の境内で、ヒガンバナ(ヒガンバナ科)の花が沢山咲いていました。ヒガンバナの花言葉は「情熱、想うはあなた一人」です。今年はこれまでに雨の日が多かったせいか、花軸が通常よりずいぶん長いようでした。

この境内でシュウメイギク(キンポウゲ科)の花が咲き始めていました。蕾が沢山有り、開花が楽しみです。

P2050861_2_2ヒガンバナの蕾

P2050860_2ヒガンバナの花と蕾

P2050856_2花軸が長いヒガンバナの花

« 下鳥渡のヒガンバナ群生地で花が咲き始め、キアゲハが訪れる | トップページ | 福島県遺族会館前の花壇でヒガンバナの花が咲き見頃 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 下鳥渡のヒガンバナ群生地で花が咲き始め、キアゲハが訪れる | トップページ | 福島県遺族会館前の花壇でヒガンバナの花が咲き見頃 »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ