« 花木の里ひらた・蛇音山でレンギョウの花が咲き始め、ハクバイが満開 | トップページ | 小鳥の森ネイチャーセンター脇の給餌台にマヒワが飛来 »

2015年3月29日 (日)

ツノハシバミ、アブラチャン、キブシの花が咲く

P2000152_2

 ツノハシバミの雌花(左上)と雄花(2015.3.27)

P2000139_2

 アブラチャンの花

P2000129_2

 キブシの花

福島市渡利にある小川の畔で、ツノハシバミ(カバノキ科)、アブラチャン(クスノキ科)、キブシ(キブシ科)の花が咲いていました。

ツノハシバミは花期が3~4月で、雌雄同株、雌雄異花、、雄花は尾状花序を下垂し、雌花は数個の花が頭状に集まり芽鱗に包まれたまま開花して赤い柱頭が目立ちます。

アブラチャンは花期が3~4月で、雌雄異株、3~5個の花が集まってつく散形花序、薄黄色の花被片は6個です。

キブシは花期が3~5月で、雌雄異株、花は7~9mmの鐘形で、長さ3~10cmの花径に総状花序につけます。

近くで白いキクザキイチゲ(キンポウゲ科)の花が咲いていました。

P2000145_5ツノハシバミの雄花と雌花

P2000154_4キブシの花

P2000140_2_2キクザキイチゲの花

« 花木の里ひらた・蛇音山でレンギョウの花が咲き始め、ハクバイが満開 | トップページ | 小鳥の森ネイチャーセンター脇の給餌台にマヒワが飛来 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツノハシバミ、アブラチャン、キブシの花が咲く:

« 花木の里ひらた・蛇音山でレンギョウの花が咲き始め、ハクバイが満開 | トップページ | 小鳥の森ネイチャーセンター脇の給餌台にマヒワが飛来 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ