« 花見山公園でマンサクの花が見頃 | トップページ | 土湯温泉町の「ふれ愛つちゆひな祭り」を訪ねる »

2015年3月 5日 (木)

花見山公園でハクバイの花数が増し、コウバイの花が咲く

P1990549_2

 ウメの花 (2015.3.4)

P1990521_2_2

ウメ(ハクバイ)の花 

P1990559_2

 コウバイの花

福島市渡利にある花見山公園で、ハクバイ(ウメ、バラ科)の花数が増し、コウバイ(ウメ、バラ科))の花も咲いていました。

ウメの原産地は中国で、奈良時代に遣隋使か遣唐使が薬用としてハクバイを持ち帰ったのが最初で、遅れてコウバイも入ってきました。ウメの花言葉は「気品、優美」です。

この公園ではサンシュユの蕾が大きく膨らみ蕾の先端が割れて中が黄色く見えていました。

公園内の散策路にウッドチップが敷かれて、花見山公園前観光案内所の改築工事が行われており、春のお客さんの受入れ準備が進んでいました。

P1990508_2大きく膨らんだサンシュユの蕾

P1990554_2ウッドチップが敷かれた散策路

P1990480_3花見山公園前観光案内所の改築工事現場

« 花見山公園でマンサクの花が見頃 | トップページ | 土湯温泉町の「ふれ愛つちゆひな祭り」を訪ねる »

花見山公園・渡利周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花見山公園でハクバイの花数が増し、コウバイの花が咲く:

« 花見山公園でマンサクの花が見頃 | トップページ | 土湯温泉町の「ふれ愛つちゆひな祭り」を訪ねる »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ