« 冷たい風に吹かれてオオイヌノフグリの花が咲く | トップページ | コラッセふくしまで、「北方領土パネル展」 »

2015年2月 6日 (金)

大森の道路脇で咲くノボロギクの花

P1980661_2_2

ノボロギクの花 

P1980662_3

 ノボロギクの果実

福島市大森にある道路脇で、ノボロギク(キク科)の花が咲いていました。この花の原産地はヨーロッパで、明治初期に渡来し、積雪しない地域では周年開花するそうです。花は冠花が黄色い筒状花で、果実には白色毛状の冠毛があります。この花の花言葉は「合流、一致」です。

« 冷たい風に吹かれてオオイヌノフグリの花が咲く | トップページ | コラッセふくしまで、「北方領土パネル展」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大森の道路脇で咲くノボロギクの花:

« 冷たい風に吹かれてオオイヌノフグリの花が咲く | トップページ | コラッセふくしまで、「北方領土パネル展」 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ