« 相馬市原釜で防潮堤建設工事が進む | トップページ | 飯野つるし雛まつりを訪ねる(2015) »

2015年2月28日 (土)

亘理町にある鳥の海で、ウミネコが羽を休める

P1990321_3
 鳥の海で羽を休めるウミネコ (2014.2.24)

P1990314_5

 干潟で餌を探すシギたち

宮城県亘理町蛭塚にある鳥の海で、ウミネコ(カモメ科)が羽を休め、干潟でシギ(シギ科)が餌を探していました。

ウミネコは全長44~48cm、翼開長120~128cmで、ロシア南東部、中国東部、朝鮮半島、台湾、日本に分布し、日本では周年生息するが、北海道や本州北部で繁殖した個体は冬季に南下する個体が多いそうです。

この地区は東日本大震災で、大部分の家屋が流されて無くなっていましたが、きずなぽーと”わたり”が建設され、この建物の中には鳥の海ふれあい市場があり、新鮮な野菜や美味しいお菓子などが沢山並べられていて、多くのお客さんが訪れていました。周辺には多くの家屋が建設されていました。

P1990315_2ウミネコ

P1990308_2きずなぽーと”わたり”

P1990309鳥の海ふれあい市場ののぼり

« 相馬市原釜で防潮堤建設工事が進む | トップページ | 飯野つるし雛まつりを訪ねる(2015) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 亘理町にある鳥の海で、ウミネコが羽を休める:

« 相馬市原釜で防潮堤建設工事が進む | トップページ | 飯野つるし雛まつりを訪ねる(2015) »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ