« 円通寺の庭木の間で遊ぶメジロ | トップページ | 赤く色付いたピラカンサの果実 »

2015年1月10日 (土)

円通寺の庭や道路脇の歩道沿いで咲くカンツバキの花

P1980450_2

 カンツバキの花 (2015.1.7)

P1980452_2

 カンツバキの花

福島市大森にある円通寺の庭や道路脇の歩道沿いで、カンツバキ(ツバキ科)の花が咲いていました。この花の花言葉は「愛嬌、紅一点」です。

この花の開花時期が11月末~2月始めで、花弁が1枚ずつ散るのはサザンカと同じですが、カンツバキは花弁が14枚以上で、花弁があまりしわにならないで、枝が横に広がりあまり背が高くなりませんが、サザンカは花弁が5~10枚と少なく、花弁がしわになるものが多く、背が高くなります。

カンツバキの脇に根もと付近から分かれて箒状の美しい多行松(タギョウショウ、マツ科)がありました。

P1980463_2多行松(左奥)とカンツバキ(手前)

P1980447_2カンツバキの花と蕾

P1980444_2開花寸前のカンツバキの花

« 円通寺の庭木の間で遊ぶメジロ | トップページ | 赤く色付いたピラカンサの果実 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 円通寺の庭や道路脇の歩道沿いで咲くカンツバキの花:

« 円通寺の庭木の間で遊ぶメジロ | トップページ | 赤く色付いたピラカンサの果実 »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ