« あぶくま親水公園脇の阿武隈川にヒドリガモが飛来して仲間入り | トップページ | 雪に覆われた安達太良連峰と二つの乳首山を望む »

2014年12月18日 (木)

果実が割れて可愛い種子が覗く雪に覆われたマサキ

P1980058_2

 雪に覆われたマサキの果実(2014.12.18)

P1980064_2

割れて種子が覗くマサキの果実

福島市大森にある住宅の庭で、果実が割れて可愛い朱色の種子が覗いているマサキ(ニシキギ科)が真白い雪に覆われていました。この果実の種子は通常4個で、時に1~3個もあります。名前は常緑樹なので「真青木、まさあおき」が転じて「マサキ」になったという説があります。

P1980060_2雪に覆われたマサキの果実

P1980056_2_2割れて種子が覗くマサキの果実

P1980053_2割れて種子が覗くマサキの果実

« あぶくま親水公園脇の阿武隈川にヒドリガモが飛来して仲間入り | トップページ | 雪に覆われた安達太良連峰と二つの乳首山を望む »

果実」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 果実が割れて可愛い種子が覗く雪に覆われたマサキ:

« あぶくま親水公園脇の阿武隈川にヒドリガモが飛来して仲間入り | トップページ | 雪に覆われた安達太良連峰と二つの乳首山を望む »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ