« 真白い雪に覆われた吾妻連峰 | トップページ | 鮮やかに黄葉した宝林寺の大イチョウは多くが落葉  »

2014年11月29日 (土)

御倉邸の旧米沢藩米蔵脇で、ケヤキが鮮やかに紅葉

P1970296_2

御倉邸の米蔵と紅葉したケヤキ (2014.11.27)

P1970301_4

 阿武隈川と荒川の合流地点(奥は弁天山と弁天橋)

福島市御倉町にある御倉邸の旧米沢藩米蔵脇でケヤキ(ニレ科)が鮮やかに紅葉しており、敷地内のおぐら茶屋から阿武隈川を眺めると岸辺にシラサギ(ダイサギ?、サギ科)が休んでいて、まもなく飛び去ってゆきました。川面ではマガモ(カモ科)が羽を休めていました。

近くにある信夫橋の脇から 阿武隈川と荒川の合流地点を望むと奥に森鴎外の小説「安寿と厨子王」のゆかりの地・弁天山と国道4号線の弁天橋を見ることが出来ました。

P1970294_2鮮やかに紅葉した御倉邸にあるケヤキ

P1970288_2阿武隈川の岸辺で休むシラサギ

P1970290_2阿武隈川で羽を休めるマガモ

« 真白い雪に覆われた吾妻連峰 | トップページ | 鮮やかに黄葉した宝林寺の大イチョウは多くが落葉  »

福島城址・御倉邸周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御倉邸の旧米沢藩米蔵脇で、ケヤキが鮮やかに紅葉:

« 真白い雪に覆われた吾妻連峰 | トップページ | 鮮やかに黄葉した宝林寺の大イチョウは多くが落葉  »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ