« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月30日 (日)

鮮やかに黄葉した宝林寺の大イチョウは多くが落葉 

P1970298_3

黄葉した宝林寺の大イチョウ (2014.11.27)

P1970309_4

紅葉した真浄院のモミジ

福島市御倉町にある宝林寺の大イチョウ(イチョウ科)が黄葉し、上部は全て落葉しており、下部は今盛んに落葉していました。このイチョウは樹齢およそ700年、目通り幹囲8.4mとのことです。

福島市清明町にある真浄院では、モミジ(カエデ科)が真赤に紅葉していました。近くの常光寺の庭で、サザンカ(ツバキ科)の花が咲いていました。

福島市宮町にある福島稲荷神社の境内ではイチョウが黄葉し、モミジが紅葉していました。

P1970278_3黄葉した福島稲荷神社のイチョウ

P1970276_3紅葉した福島稲荷神社のモミジ

P1970307_2常光寺の庭園で咲くサザンカの花

2014年11月29日 (土)

御倉邸の旧米沢藩米蔵脇で、ケヤキが鮮やかに紅葉

P1970296_2

御倉邸の米蔵と紅葉したケヤキ (2014.11.27)

P1970301_4

 阿武隈川と荒川の合流地点(奥は弁天山と弁天橋)

福島市御倉町にある御倉邸の旧米沢藩米蔵脇でケヤキ(ニレ科)が鮮やかに紅葉しており、敷地内のおぐら茶屋から阿武隈川を眺めると岸辺にシラサギ(ダイサギ?、サギ科)が休んでいて、まもなく飛び去ってゆきました。川面ではマガモ(カモ科)が羽を休めていました。

近くにある信夫橋の脇から 阿武隈川と荒川の合流地点を望むと奥に森鴎外の小説「安寿と厨子王」のゆかりの地・弁天山と国道4号線の弁天橋を見ることが出来ました。

P1970294_2鮮やかに紅葉した御倉邸にあるケヤキ

P1970288_2阿武隈川の岸辺で休むシラサギ

P1970290_2阿武隈川で羽を休めるマガモ

2014年11月28日 (金)

真白い雪に覆われた吾妻連峰

P1970314_2

真白い雪に覆われた吾妻連峰(2014.11.28)

P1970312_2

真白い雪に覆われた吾妻小富士

福島市大森から吾妻連峰を望むとすっかり雪に覆われた山々が光に輝いていました。

大森から望むことが出来る一面雪に覆われた山は吾妻小富士(1,707m)、一切経山(標高1,948.8m)、家形山(標高1,877.m)です。

P1970310_2大森城山公園の奥に見える吾妻連峰

P1970313_2真白い雪に覆われた一切経山

P1970314_3_2雪に覆われた家形山

2014年11月27日 (木)

キョロロン村駐車場から旭岳方面を望む

P1970220_2_2

キョロロン村駐車場から旭岳(中央)方面を望む(2014,11,24)

P1970243_2

新甲子遊歩道脇の阿武隈川

P1970242_3

 コケの胞子嚢

福島県西郷村にあるキョロロン村の駐車場から白く雪に覆われた旭岳(標高1835.2m)方面を望むと、左から須立山、鶏峠山、旭岳、甲子山、江森山と阿武隈川源流の山々を一望することが出来ました。

近くにある新甲子遊歩道を散策すつと源流に近い阿武隈川に出合うことが出来ました。

この遊歩道の脇には胞子嚢を付けた苔が沢山有り、オレンジ色の果実を付けたヤドリギ(ヤドリギ科)も沢山有りました。また向陽ケ岩や重畳岩など大きな趣がある岩がありました。

P1970220_3白く雪に覆われた旭岳

P1970223_3_2オレンジ色の果実が稔ったヤドリギ

P1970227_3多くのヤドリギが付いた木

P1970237_2新甲子遊歩道脇の阿武隈川

P1970235_3向陽ケ岩

P1970228_3_2重畳岩

2014年11月26日 (水)

黒岩虚空蔵堂脇で、イロハモミジが鮮やかに紅葉

P1970206_3_2

黒岩虚空蔵堂脇で紅葉したイロハモミジ (2014.11.23)

P1970188_2

 黒岩虚空蔵堂脇で紅葉したイロハモミジ

福島市黒岩にある満願寺の黒岩虚空蔵堂(市指定の史跡・名勝)周辺で、イロハモミジ(カエデ科)が鮮やかに紅葉しており、そろそろ見納めの時期を迎えていました。黒岩虚空蔵堂周辺にはトラや牛の像があり、少し離れて観音堂がありました。

黒岩虚空蔵堂前の阿武隈川で、マガモ(カモ科)たちが羽を休めていました。

P1970178_2紅葉したイロハモミジ

P1970184_2紅葉したイロハモミジと虚空蔵堂

P1970177_2_2紅葉したイロハモミジと観音堂

P1970192_3紅葉したイロハモミジとトラの像

P1970200_2紅葉したイロハモミジと牛の像

P1970203_2阿武隈川で羽を休めるマガモたち

2014年11月25日 (火)

阿武隈峡の紅葉が一段と進む

P1970168_2

阿武隈峡(上蓬莱橋上流)の紅葉 (2014.11.24)

P1970154_2

阿武隈峡の紅葉(中央手前が蓬莱岩)

福島市立子山にある阿武隈峡(県指定の名勝・天然記念物)で、コナラ(ブナ科)の紅葉が一段と進み、上蓬莱橋から上流を見ても、下流を見ても光に照らされた山肌がとてもきれいでした。蓬莱岩下流の山肌も紅葉が進みきれいでした。ウリカエデ(カエデ科)の紅葉も進んでいました。

P1970170_2阿武隈峡(上蓬莱橋下流)の紅葉

P1970150_2紅葉したコナラの葉

P1970148_3紅葉したウリカエデの葉

2014年11月24日 (月)

あぶくま親水公園脇の阿武隈川で、オオハクチョウやオナガガモの数が増す

P1970028_2

阿武隈川で羽を休めるハクチョウとカモたち(2014.11.20)

P1970039_3_2

 羽を休めるオナガガモ、ヒドリガモ、キンクロハジロ

福島市岡部にあるあぶくま親水公園脇の阿武隈川で、羽を休めているオオハクチョウ(カモ科)やオナガガモ(カモ科)の数が増していました。

この川で、コハクチョウ(カモ科)、キンクロハジロ(カモ科)、ホシハジロ(カモ科)も羽を休めていましたが、その数は多くありませんでした。

2014年11月23日 (日)

花見山公園でジュウガツザクラの花が咲き、ナンテンの果実が赤く色付く

P1970088_3

 ジュウガツザクラの花とナンテンの果実 (2014.11.21)

P1970081_3

 ジュウガツザクラの花

福島市渡利にある花見山公園で、ジュウガツザクラ(バラ科)の花が沢山咲き、ナンテン(メギ科)の果実が赤みを増していました。ジュウガツザクラは11月中下旬と4月中旬に多くの花数を咲かせますが、9月頃から翌年4月までずっと花を咲かせ続けています。

この公園ではサンシュユ(ミズキ科)の実も赤く色付き、イカリソウ(メギ科)が紅葉し、サザンカ(ツバキ科)、シラタマツバキ(ツバキ科)、源平咲きツバキ(ツバキ科)の花が咲いていました。

P1970078_3ジュウガツザクラの花

P1970085_3ジュウガツザクラの花

P1970085_4ナンテンの果実

P1970071_2ナンテンの果実

P1970068_2サンシュユの果実

P1970062_2イカリソウの紅葉

P1970063_2サザンカの花

P1970065_2シラタマツバキの花

P1970067_2源平咲きツバキの花

2014年11月22日 (土)

弁天山公園にあるイロハモミジの紅葉が見頃

P1970125_3

 弁天山公園にあるイロハモミジの紅葉 (2014.11.21)

 P1970120_3

 紅葉した弁天山公園

福島市渡利にある弁天山公園でイロハモミジ(カエデ科)が鮮やかに紅葉して見頃を迎えていました。この公園は森鴎外の「安寿と厨子王物語」のゆかりの地です。

この公園では多くのモミジ(カエダ科)が赤橙色や黄色など色とりどりに色付き、まだ緑色の部分と調和してとてもきれいでした。

P1970124_3_4鮮やかに紅葉したイロハモミジ

P1970123_3_2黄色く色付いたモミジ

P1970128_5色とりどりに色付いたモミジ

2014年11月21日 (金)

コナラが鮮やかに褐葉し、給餌台にヤマガラやシジュウガラが飛来

P1960997_2

 鮮やかに褐葉したコナラ (2014.11.20)

P1970013_2

 給餌台に飛来したヤマガラ

福島市山口にある福島市小鳥の森のネイチャーセンター周辺のコナラ(ブナ科)が例年より鮮やかに褐葉してとてもきれいでした。

ネイチャーセンターの観察窓から見える給餌台にヤマガラ(シジュウカラ科)やシジュウカラ(シジュウカラ科)がひっきりなしに飛来して、ヒマワリの種をくわえて飛び去っていました。

この森ではニシキギ(ニシキギ科)やマユミ(ニシキギ科)が紅葉し、コシアブラ(ウコギ科)が黄葉していました。マユミの果実は割れていました。

P1970001_3コナラの褐葉 

P1960998_2ニシキギの紅葉

P1970026_2マユミの紅葉と果実

P1970024_2コシアブラの黄葉

P1960917_2給餌台に飛来したシジュウカラ

P1970014_3給餌台に飛来したヤマガラ

2014年11月20日 (木)

大島要三邸の庭園跡で色付いたイロハモミジ

P1960960_3

 大嶋要三邸の庭園跡で色付いたイロハモミジ(2014.11.14)

P1960957_2

 福島県庁本庁舎裏で黄葉したイチョウ

福島市杉妻町の福島県庁西庁舎裏・旧福島城の土塁脇に、大島要三邸の庭園跡があり、イロハモミジが色付いてきれいでした。

大島要三は東北本線や奥羽本線の建設工事を行い、電燈会社やガス会社を設立し、公認福島競馬場の建設に尽力し、福島商工会議所の設立に尽力して2代と6代の会頭になり、衆議院議員にもなって活躍された人です。

福島県庁本庁舎裏で、イチョウが鮮やかに黄葉していました。

県庁前のケヤキ並木は多くが落葉し葉の数が少なくなっていました。

紅葉山公園には板倉家20代板倉敏和、21代板倉勝教、22代板倉勝翔の3名により植樹された板倉神社再建奉祝記念のイロハモミジが3本ありました。

P1960965_3紅葉した福島県庁前のケヤキ並木

P1960964_2多くが落葉した福島県庁前のケヤキ並木

P1960956_3板倉家20代~22代当主が植樹されたイロハモミジ

2014年11月19日 (水)

紅葉した近くの山の奥に、雪に覆われた箕輪山と鬼面山を望む

P1960994_2

雪に覆われた箕輪山(中央奥)と鬼面山(2014.11.17)

P1960991_2

 雪に覆われた吾妻連峰

福島市下鳥渡から紅葉した近くの山の奥に、雪に覆われ白く輝く箕輪山(標高1728m)と鬼面山(標高1481.6m)を望むことが出来ました。

吾妻連峰も真白い雪に覆われて輝いていました。これらの山々は左から吾妻小富士(標高1707)、一切経山(標高1948.8m)、家形山(標高1877m)です。

果実が沢山稔っているカキノキ(カキノキ科)の奥で、遠くにある蔵王連峰が雪に覆われ白く輝いていました。

P1960993_2雪に覆われた箕輪山

P1960993_3鬼面山

P1960995_2_2雪に覆われた蔵王連峰

2014年11月18日 (火)

あぶくま親水公園脇の阿武隈川にオオハクチョウやマガモが飛来

P1960896_2

 オオハクチョウの幼鳥が一緒(2014.11.14)

P1960891_2_2

 阿武隈川で羽を休めるハクチョウやカモたち(奥の橋は文知摺橋)

福島市岡部にあるあぶくま親水公園脇の阿武隈川で、オオハクチョウやマガモが新しく加わり、その数を増して多くのハクチョウやカモたちが羽を休ませていました。

この川で、オオハクチョウ(カモ科)、オオハクチョウの幼鳥、コハクチョウ(カモ科)、マガモ(カモ科)、オナガガモ(カモ科)、キンクロハジロ(カモ科)、ホシハジロ(カモ科)の姿を見ることが出来ました。

P1960896_3オオハクチョウ

P1960879_2オオハクチョウの幼鳥

P1960903_2コハクチョウ

P1960906_2マガモ

P1960905_2オナガガモ

P1960900_2キンクロハジロ

P1960901_2ホシハジロ

2014年11月17日 (月)

雪に覆われた吾妻連峰(2014)

P1960981_2

雪に覆われた吾妻連峰 (2014.11.16)

P1960986_2

紅葉したスズカケノキと雪に覆われた吾妻小富士

福島市大森から紅葉した大森城山公園の奥に、一面雪に覆われ朝日に輝いている吾妻連峰を望むことが出来ました。

大森城山公園のスズカケノキ(プラタナス、スズカケノキ科)は紅葉した葉が一部残っており、雪に覆われた吾妻小富士とよくマッチしてきれいでした。

福島ルンビニー幼稚園にある木々の紅葉もきれいでした。

P1960987_2雪に覆われた吾妻小富士

P1960983_4雪に覆われた一切経山(手前は紅葉した大森城山公園)

P1960988_2福島ルンビニー幼稚園にある木々の紅葉

2014年11月16日 (日)

福島稲荷神社に七五三のお参りをする子供たちと紅葉山公園の紅葉

P1960971_3

 福島稲荷神社に七五三のお参りする子供たち(2014.11.15)

P1960934_2

紅葉山公園の紅葉

福島市宮町にある福島稲荷神社に子供たちが家族を伴って七五三のお参りに来ており、境内のイロハモミジ(カエデ科)が真赤に紅葉してとてもきれいでした。

福島市杉妻町にある紅葉山公園でもイロハモミジが鮮やかに紅葉していました。近の密語橋がある杉妻会館のお庭の紅葉も素敵でした。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1960970_3七五三のお参りをする家族連れ

P1960972_3七五三のお参りに来た家族連れ

P1960977_2福島稲荷神社で真赤に紅葉したイロハモミジ

P1960939_4紅葉山公園でイロハモミジが鮮やかに紅葉

P1960938_5紅葉に囲まれた板倉神社

P1960979_3密語橋がある紅葉した杉妻会館のお庭

2014年11月15日 (土)

NHKラジオドラマ「さくらんぼ大将」の主人公・六郎太少年像

P1960847_3

「さくらんぼ大将」の主人公・ 六郎太少年像(2014.11.11)

P1960828_2

 摺上渓谷の清流

福島市飯坂町茂庭にある茂庭っ湖・摺上川ダムインフォメーションセンター脇に「さくらんぼ大将」の主人公・六郎太少年像がありました。

NHKラジオドラマ「さくらんぼ大将」は昭和26年1月から昭和27年3月まで放送され、「六郎太」はその主人公です。菊田一夫が脚本を担当し、古関祐而が音楽を担当し、主題歌は多くの人に愛唱されました。このドラマの舞台はこの自然豊かで、サクランボの栽培が盛んだった茂庭でした。

茂庭には今でも摺上渓谷、白鳥神社、ローソク岩など素晴らしい景色が多く残っていました。

P1960832_3白兎橋付近の摺上渓谷

P1960837_3白鳥神社(中央下)付近の景色

P1960862_2ローソク岩付近の景色

2014年11月14日 (金)

大森城山公園で除染作業が完了し、空間放射線量が下がる

P1960671_2_2

除染作業を完了した大森城山公園の遊歩道(2014.11.9)

P1960647_2_3

 大森城山公園のモニタリングポスト

福島市大森にある大森城山公園で、すべての芝生を張り替え、表土を取り除き新しい土を覆土し、遊歩道のウッドチップを取り換えるなどしてすべての除染作業が完了しているようでした。この公園に設置されているモニタリングポストの空間放射線量測定値は0.146μ㏜/hを示しており、大幅に数値が下がり、ほぼ安心して遊べる環境が整ったようでした。(除染前は0.3μ㏜/h以上)

この公園で、クヌギ(ブナ科)、プラタナス(スズカケノキ科)、ハウチワカエデ(カエデ科)、ガマズミ(スイカズラ科)が鮮やかに紅葉していました。

P1960669_2表面土壌を剥ぎ取った後に覆土した園内

P1960668芝生の張替を行った園内

P1960622_2紅葉したクヌギの葉

P1960653_3紅葉したプラタナスの葉

P1960658_2紅葉したハウチワカエデの葉

P1960660_2紅葉したガマズミの葉

2014年11月13日 (木)

鮮やかに黄葉した平石神社の大イチョウ

P1960803_2

 鮮やかに黄葉した平石神社の大イチョウ(2014.11.10)

P1960597_3

 紅葉した日本赤十字社福島県支部玄関脇のイロハモミジ

P1960590_3

 稚児塚のシダレモミジ(ベニシダレ)

福島市平石にある平石神社で、大イチョウ(イチョウ科)が鮮やかに黄葉していました。

福島市永井川にある日本赤十字社福島県支部の玄関脇にあるイロハモミジ(カエデ科)が鮮やかに紅葉していました。

福島市大平寺にある稚児塚で、シダレモミジ(ベニシダレ、カエダ科)が紅葉し、その脇にある荒井堰用水路を清流が流れていました。

P1960804_2黄葉した平石神社の大イチョウ

P1960599_2紅葉した日本赤十字社福島県支部のイロハモミジ

P1960594_2稚児塚の脇を流れる荒井堰用水路の清流

2014年11月12日 (水)

阿武隈峡で紅葉が始まる

P1960737_3

蓬莱岩と阿武隈峡の紅葉 (2014.11.10)

P1960775_2

 上蓬莱橋から阿武隈峡(阿武隈川下流)を望む

P1960782_2

 上蓬莱橋から阿武隈峡(阿武隈川上流)を望む

福島市立子山にある村上薬師堂から阿武隈峡(阿武隈川)を望むと眼下に蓬莱岩があり、周辺の木々の紅葉が始まっていました。阿武隈峡は蓬莱ダムと信夫ダムの間にあり、蓬莱発電所や信夫発電所の発電用に取水されるため河川の流量が少なく、絶壁の渓谷や奇岩、怪石などが連なっています。 

上蓬莱橋から望む阿武隈峡(阿武隈川上流や下流周辺)や入川補助調整池周辺の木々の紅葉も始まっていました。

入川補助調整池のほとりでガマズミの果実が真赤に色付いていました。

P1960747_2蓬莱岩

P1960734_3入川補助調整池周辺の紅葉

P1960728_2ガマズミの果実

2014年11月11日 (火)

茂庭っ湖周辺の木々が鮮やかに紅葉し見頃

P1960867_3

 茂庭っ湖周辺の紅葉 (2014,11,11)

P1960865_2

 茂庭っ湖脇の国道399号の紅葉 

P1960850_3

摺上川ダム周辺の紅葉

福島市飯坂町茂庭にある摺上川ダムの「茂庭っ湖」周辺の山々で、木々が鮮やかに紅葉し、見頃を迎えていました。

茂庭っ湖脇の国道399号をバスで走ると、周辺の山々が見事に紅葉し、車窓から見る景色はとても素敵でした

P1960856_2国道399号・茂庭っ湖脇の紅葉

P1960861_2茂庭っ湖入江の紅葉

P1960851_3インフォメーションセンターから茂庭っ湖を望む

2014年11月10日 (月)

黒岩虚空蔵のイロハモミジがきれいに紅葉

P1960706_2

黒岩虚空蔵で紅葉したイロハモミジ(2014.11.10)

P1960702

黒岩虚空蔵堂から阿武隈川を望む

福島市黒岩にある黒岩虚空蔵堂の脇にあるイロハモミジ(カエデ科)が紅葉してきれいでした。この境内にあるイロハモミジは真赤に紅葉した木からまだ緑色で紅葉が始まっていない木まで紅葉の進み状況はまちまちでした。

阿武隈川周辺の木々も紅葉が始まていました。

P1960709_2真赤に紅葉したイロハモミジ

P1960707_2紅葉が進んでいるイロハモミジ

P1960711_2紅葉はこれからのイロハモミジ

2014年11月 9日 (日)

大森城山公園で、イロハモミジが鮮やかに紅葉して見頃

P1960604_3

 大森城山公園で紅葉したイロハモミジ(2014.11.9)

P1960644_2

大森城山公園で紅葉したイロハモミジ

福島市大森にある大森城山公園で、イロハモミジ(カエデ科)が鮮やかに紅葉して見頃を迎えていました。

まだ、一部緑色の葉が残り色とりどりのグラデーションがきれいな木もありました。紅葉したイロハモミジを木の下から見上げる景色も素敵でした。

P1960682_2イロハモミジの紅葉

P1960641_2一部緑色が残っているイロハモミジの紅葉

P1960664_2イロハモミジの紅葉

P1960672_3イロハモミジの紅葉

P1960679_2見上げるイロハモミジの紅葉

P1960674_2イロハモミジの紅葉

2014年11月 8日 (土)

福島市小鳥の森で、ヤマコウバシが鮮やかに紅葉

P1960551_3_2
 ヤマコウバシの紅葉 (2014.11.6)

P1960552_2

 ヤマコウバシの紅葉

福島市山口にある福島市小鳥の森で、ヤマコウバシ(クスノキ科)が鮮やかに紅葉していました。この紅葉した葉は遅くまで枝についているので、周辺の木々が落葉した後、森の中で目立って見えます。

この森ではヤマモミジ(カエデ科)やニシキギ(ニシキギ科)が紅葉し、コクサギ(ミカン科)、キッコウハグマ(キク科)、ツルリンドウ(リンドウ科)、ガマズミ(スイカズラ科)、ハイイヌツゲ(モチノキ科)、ウメモドキ(モチノキ科)の果実が稔っていました。

P1960551_2_2ヤマコウバシの紅葉

P1960571_2ヤマモミジの紅葉

P1960557_2紅葉したニシキギの葉

P1960560_2コクサギの果実

P1960563_2キッコウハグマの果実

P1960567_2ツルリンドウの果実

P1960548_2ガマズミの果実

P1960543_2ハイイヌツゲの果実

P1960542_2ウメモドキの果実

2014年11月 7日 (金)

福島市小鳥の森で、本格的な除染作業を実施中

P1960569_2_2

表面土壌を剥ぎ取る除染作業(2014,11,6)

P1960539_2

表面土壌を剥ぎ取る除染作業現場

福島市山口にある福島市小鳥の森で、表面の土をはぎ取る本格的な除染作業が行われていました。

剥ぎ取った土壌は袋に入れて、一輪車で道路脇に運搬し集めて、トラックで搬出していました。

P1960568_2土壌表面を剥ぎ取る除染作業

P1960570_2剥ぎ取った土を道路脇まで一輪車で運搬

P1960538_2道路脇に集めた剥ぎ取った土はトラックで搬出

2014年11月 6日 (木)

あぶくま親水公園脇の阿武隈川にコハクチョウとカモたちが飛来

P1960517_2

 羽を休めるコハクチョウとカモたち(2014.11.6)

P1960511_2

羽を休めるコハクチョウやカモたち(奥は文知摺橋)

福島市岡部にあるあぶくま親水公園脇の阿武隈川にコハクチョウ(カモ科)やカモたちが飛来して羽を休めていました。奥には文知摺橋が見えていました。

飛来しているカモの種類はオナガガモ(カモ科)、キンクロハジロ(カモ科)、ホシハジロ(カモ科)で、カモの近くでハシブトガラス(カラス科)やハシボソガラス(カラス科)が羽を休めていました。

P1960516_2コハクチョウ

P1960525_2_2オナガガモ

P1960521_2キンクロハジロ(右)とオナガガモ

P1960524_3ホシハジロ

P1960531_2ハシブトガラス

P1960536_2ハシボソガラスとオナガガモ

2014年11月 5日 (水)

日光市にある龍王峡と鬼怒川の流れ

P1960158_2

虹見橋から上流を望む(2014,10,26)

P1960164_2

 虹見橋から下流を望む

P1960165_2

虹見橋から竪琴の滝と五龍王神社を望む

栃木県日光市藤原にある龍王峡を訪ねました。白い岩肌、青い水、緑色の木々の葉に紅葉の黄色や橙色が加わり、とてもきれいでした。虹見橋の近くに竪琴の滝と五龍王神社がありました。

日光市鬼怒川温泉滝にあるホテルニューおおるりから見る鬼怒川の流れも素敵でした。

P1960155_2龍王峡の水の流れ

P1960182_2鬼怒川温泉ホテルニューおおるりから鬼怒川を望む

P1960184_3ホテルニューおおるりから望む鬼怒川の流れ

2014年11月 4日 (火)

四季の里脇で、コスモスの花が沢山咲いて見頃

P1960389_2

 コスモス畑で咲く花たち (2014.10.29)

P1960391_2

 
 コスモス畑で咲く花たち

福島市荒井にある四季の里脇の畑で、コスモス(キク科)の花が沢山咲いて、風になびいており、見頃を迎えていました。コスモスの花言葉は「調和、乙女の真心」です。

この畑の周辺にあるドウダンツツジ(ツツジ科)が真赤に紅葉し、奥にある木々もきれいに紅葉していました。

P1960392_2木々の紅葉とコスモスの花

P1960394_2ドウダンツツジの紅葉とコスモスの花

P1960400_2コスモスの花

2014年11月 3日 (月)

福島市小鳥の森駐車場脇で、トウカエデが赤く鮮やかに紅葉し見頃

P1960498_3

トウカエデ並木の紅葉(2014.10.31)

P1960496_2

ヤマモミジの紅葉

福島市山口にある福島市小鳥の森駐車場脇で、トウカエデ(カエデ科)が赤く紅葉し見頃を迎えていました。この木にも個性があって、まだ紅葉しない緑色の葉の木もありました。この木の株元ではドウダンツツジ(ツツジ科)が真赤に紅葉していました。

小鳥の森の中ではヤマモミジ(カエデ科)やウリハダカエデ(カエデ科)が紅葉し、オトコヨウゾメ(スイカズラ科)の果実が赤く色付き、ハナワラビ(フユワラビ、ハナワラビ科)の胞子葉が伸びていました。またキッコウハグマ(キク科)、オヤリハグマ(キク科)、オクモミジハグマ(キク科)の花も咲いていました。

P1960505_3赤から緑色まで色とりどりに紅葉しているトウカエデ

P1960502_2トウカエデの紅葉

P1960507_2ドウダンツツジの紅葉

P1960494_2ウリハダカエデの紅葉

P1960484_3オトコヨウゾメの果実

P1960488ハナワラビの胞子葉

P1960490_2キッコウハグマの花

P1960477_3オヤリハグマの花

P1960478_3オクモミジハグマの花

2014年11月 2日 (日)

佐藤梨園のローズガーデンで、秋バラの花がまだきれいに咲く

P1960289_2

 佐藤梨園で咲く秋バラの花(2014.10.29)

P1960275_2_2 
 佐藤梨園で咲く秋バラの花

福島市下野寺にある佐藤梨園(ふくしま花のまちづくりチャレンジ認定ガーデン)で、まだ、秋バラ(バラ科)の花がきれいに咲いていました。

万葉、マスケラード、ラプソディインブルー、ネルソンモンフォート、ジャルダンドウフランス、アルブレヒドデユーラーローズ、えりべなどの品種のバラの花が目を引きました。

大きくて美味しい梨「新高」の収穫最盛期で、お宅の前で、試食させて頂き、直売している500円の袋を購入して帰りました。

P1960270_2ローズガーデンで咲く秋バラの花

P1960277_2_2ローズガーデン(万葉)で咲く秋バラの花

P1960281_2ローズガーデンで咲く秋バラの花

P1960313_2マスケラード

P1960293_2ラプソディインブルー

P1960263_2ネルソンモンフォート

P1960223_2ジャルダンドウフランス

P1960265_2アルブレヒドデユーラーローズ

P1960246_3_2えりべ

2014年11月 1日 (土)

すりかみ浄水場のサクラ並木が鮮やかに紅葉し見頃

P1960409_2

 すりかみ浄水場の紅葉したサクラ並木(2014,10.30)

P1960412_2

 すりかみ浄水場の紅葉したサクラ並木

福島市飯坂町にあるすりかみ浄水場で、サクラ(ソメイヨシノ、バラ科)並木が鮮やかに紅葉していました。

福島市飯坂町茂庭にあるもにわの湯で、キクの花がきれいに咲き、クロホウズキ(ナス科)の果実が黒く色付いていました。

P1960413_2紅葉したサクラ並木

P1960436_2キクの花

P1960433_3黒ホウズキの果実

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ