« しのぶの細道で、オクモミジハグマやシラヤマギクの花が咲く | トップページ | 大蔵寺にある多宝塔と大わらじ »

2014年8月31日 (日)

しのぶの細道から信夫山や阿武隈川を望む

P1940068_2_2

しのぶの細道にある的場石 (2014.8.27)

P1940085_2_2
 しのぶの細道から信夫山(左奥)、阿武隈川(右奥)を望む

福島市小倉寺にあるしのぶの細道の脇に的場石がありました。この細道は弁天山の椿舘から的場石、大蔵寺、十万劫山(標高428,9m)を経て中村街道に続く細道で、森鴎外の小説「安寿と厨子王」の主人公たちはこの細道を通ったそうです。この細道から信夫山や阿武隈川を一望することが出来ました。

この細道にはツルリンドウ(リンドウ科)の花が咲き、オヤマボクチ(キク科)の蕾が有り、タマシロオニダケ(テングタケ科)やタマゴタケ(テングタケ科)など可愛いキノコが顔を出していました。

P1940086_5しのぶの細道から阿武隈川を望む

P1940083_2ツルリンドウの花

P1940097_2オヤマボクチの蕾

P1940090_3タマシロオニタケ

P1940080_2タマゴタケ

P1940089_2キノコ

« しのぶの細道で、オクモミジハグマやシラヤマギクの花が咲く | トップページ | 大蔵寺にある多宝塔と大わらじ »

黒岩虚空蔵・大蔵寺・文知摺観音」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しのぶの細道から信夫山や阿武隈川を望む:

« しのぶの細道で、オクモミジハグマやシラヤマギクの花が咲く | トップページ | 大蔵寺にある多宝塔と大わらじ »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ