« あぶくま親水公園脇の阿武隈川で、氷の上を歩くオオハクチョウ | トップページ | 吾妻小富士に雪うさぎの雪型が見える(2014) »

2014年1月26日 (日)

福島市小鳥の森で、エナガの群れがコナラの幹や枝に止まる

P1860737

野鳥調査を行うレンジャーと調査員 (2014.1.24)

P1860728_4

 コナラの幹に止まているエナガ

 福島市山口にある福島市小鳥の森で、野鳥の調査に参加して森を歩いていると、エナガ(エナガ科)の群れがコナラ(ブナ科)の幹や枝に止まり餌を探しているようでした。

この森ではヒヨドリ(ヒヨドリ科)、エナガ、シジュウカラ(シジュウカラ科)、ヤマガラ(シジュウカラ科)、カシラダカ(ホオジロ科)、コゲラ(キツツキ科)、ジョウビタキ(ツグミ科)、トラツグミ(ツグミ科)の姿を見ることが出来、アカゲラ(キツツキ科)、アオゲラ(キツツキ科)、ハシブトガラス(カラス科)の声を聴くことが出来ました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1860734野鳥調査を行うレンジャーと調査員

P1860733野鳥調査を行うレンジャーと調査員

P1860726_2コナラの幹に止まているエナガ

« あぶくま親水公園脇の阿武隈川で、氷の上を歩くオオハクチョウ | トップページ | 吾妻小富士に雪うさぎの雪型が見える(2014) »

福島市小鳥の森」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島市小鳥の森で、エナガの群れがコナラの幹や枝に止まる:

« あぶくま親水公園脇の阿武隈川で、氷の上を歩くオオハクチョウ | トップページ | 吾妻小富士に雪うさぎの雪型が見える(2014) »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ