« ロウバイの黄葉と開花寸前の蕾 | トップページ | 茶屋沼でオナガガモやオオバンが羽を休める »

2013年12月 7日 (土)

カエデ類が落葉し冬支度が出来た花見山公園

P1850960

カエデ類が落葉した花見山公園 (2013.12.4)

P1850893_2

 ロウヤガキの果実

福島市渡利にある花見山公園ではカエデ類が落葉して寒い冬を迎える準備が出来ていました。

庭園の片隅でロウヤガキ(ツクバネガキ、カキノキ科)の果実がオレンジ色に色付き輝いていました。このカキノキは雌雄異株で、中国原産の渋柿、第二次世界大戦中に京都府立植物園初代園長の菊池秋雄が持ち帰ったそうです。

この公園の遊歩道の脇で、ツツジ(ツツジ科)の花が咲いており、頂上からは遠くに鬼面山が見えていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1850892ロウヤガキの果実

P1850914

ツツジの花

P1850928鬼面山

« ロウバイの黄葉と開花寸前の蕾 | トップページ | 茶屋沼でオナガガモやオオバンが羽を休める »

花見山公園・渡利周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カエデ類が落葉し冬支度が出来た花見山公園:

« ロウバイの黄葉と開花寸前の蕾 | トップページ | 茶屋沼でオナガガモやオオバンが羽を休める »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ