« 雪の上を歩くキジバトと餌を探すムクドリ | トップページ | 第9期ふくしま花案内人養成講座終了式・認定証交付式 »

2013年2月 5日 (火)

木の枝に止まって休むジョウビタキと雪の上で休むハシボソガラス

P1730701_2  (2013.2.2)

木の枝に止まって休むジョウビタキ(左下)

P1730690

剪定作業が終わったモモ畑

福島市下野寺で、ジョウビタキ(ツグミ科)が木の枝に止まって休んでいました。この鳥は低山の明るく開けた林の中に生息し、冬は人里や公園などでよく見かる身近な冬鳥です。冬はピラカンサやヒサカキの実をよく食べいます。

ハシボソガラス(カラス科)が雪の上で休んでおり、モモ畑ではきれいに剪定されたモモの木が春を待っているようでした。モモの冬芽はしっかりと芽鱗に包まれており春はまだ遠いようでした。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1730702 雪の上で休むハシボソガガス

P1730685 雪の上で休むハシボソガラス

P1730693 芽鱗に包まれて春を待つモモの木の冬芽

« 雪の上を歩くキジバトと餌を探すムクドリ | トップページ | 第9期ふくしま花案内人養成講座終了式・認定証交付式 »

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

冬芽、葉痕」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 雪の上を歩くキジバトと餌を探すムクドリ | トップページ | 第9期ふくしま花案内人養成講座終了式・認定証交付式 »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ