« タラヨウの果実がオレンジ色に色付く | トップページ | 大森で、ブロック塀の上に積もった雪の高さが27cm »

2013年1月17日 (木)

曾根田天満宮の近くで、アセビの蕾が膨らむ

P1730287

アセビの蕾 ((2013.1.7)

P1730286

曾根田天満宮

福島市天神町にある住宅の庭で、アセビ(馬酔木、ツツジ科)の蕾が膨らんでいました。アセビは早春になると多くの白いつぼ状の花をつけます。このアセビの葉を馬が食べると苦しむので、馬酔木という名前がついており、この葉には毒性成分のグラヤノトキシンが含有されています。この花の花言葉は「清純な愛、犠牲、献身」です。

近くに曽根田天満宮があり、少し信夫山方面に歩くと、宝萬蔵稲荷大明神や花の写真館が有りました。花の写真館は玄関付近に足場が組まれて修理されているようでした。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1730285

曾根田天満宮

P1730284 宝萬蔵稲荷大明神

P1730283_3 花の写真館

« タラヨウの果実がオレンジ色に色付く | トップページ | 大森で、ブロック塀の上に積もった雪の高さが27cm »

」カテゴリの記事

福島駅周辺・福島市中心部」カテゴリの記事

史跡・文化財」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 曾根田天満宮の近くで、アセビの蕾が膨らむ:

« タラヨウの果実がオレンジ色に色付く | トップページ | 大森で、ブロック塀の上に積もった雪の高さが27cm »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ