« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

白く雪化粧をされて、夕日に輝く安達太良山(乳首山)を望む

P1730647 (2013.1.30)

大玉村にあるコンビニの駐車場から安達太良山(乳首山)を望む

P1730650

大玉村にあるコンビニの駐車場から西の空を望む

安達郡大玉村大山の国道4号脇にあるコンビニ(コンビニエンスストアー)の駐車場から白く雪化粧された安達太良山(乳首山、標高1699.6m)を望むと頂上付近が夕日に照らされ輝いていおり、この山が乳首山と呼ばれているのが実感されました。西の空を望むと美しい夕焼け雲が輝いていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1730648 コンビニの駐車場から安達太良山を望む

P1730649 安達太良山(乳首山)を望む

P1730651 西の空に輝く夕焼け雲

2013年1月30日 (水)

給餌台に飛来したシメとカワラヒワ

P1730611  (2013.1.25)

給餌台に飛来したシメ(奥右)とカワラヒワ(奥左)、シジュウカラ(手前右)とヤマガラ(手前左)

P1730613

給餌台に飛来したシメ

福島市山口にある福島市小鳥の森で、ネイチャーセンターの前にある給餌台にシジュウカラ(シジュウカラ科)とヤマガラ(シジュウカラ科)が飛来していましたが、シメ(アトリ科)とカワラヒワ(アトリ科)が加わり仲良く?餌を食べていました。給餌台の下にこぼれた餌を探すカワラヒワもいました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1730600_3 給餌台で餌を食べるシメ

P1730610_3 給餌台に飛来したカワラヒワ

P1730607_2 給餌台の下で餌を探すカワラヒワ

2013年1月29日 (火)

給餌台にシジュウカラやヤマガラが頻繁に飛来

P1730587_2 (2013.1.25)

給餌台に飛来したシジュウカラ(左)とヤマガラ 

P1730597

給餌台に飛来したシジュウカラ

福島市山口にある福島市小鳥の森で、ネイチャーセンターの前にある給餌台にシジュウカラやヤマガラが頻繁に飛来していました。給餌台の下に落ちた餌を探すシジュウカラやヤマガラもいました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1730588 給餌台に飛来したヤマガラ

P1730602  地面に下りたシジュウカラ

P1730595_2 給餌台に飛来したシジュウカラとヤマガラ

2013年1月28日 (月)

ジュリアン八重咲きの花が園芸品売り場の棚に並ぶ

P1730410 (2013.1.18)

ジュリアン八重咲の花

P1730412

ジュリアン八重咲の花

福島市黒岩にある大型店の園芸品売り場の棚にポットに植えられたジュリアン八重咲き(プリムラ・ジュリアン八重咲き、サクラソウ科)の花が並べられ、販売されていました。この花はバラ咲きともいわれていますが、赤、ピンク、黄色など鮮やかな色の花が11月~4月頃まで咲きます。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1730411 ジュリアン八重咲の花

P1730409

ジュリアン八重咲の花

P1730408 ジュリアン一重咲きの花

2013年1月27日 (日)

園芸品売り場の棚に雲南桜草やジュリアンの花が並ぶ

P1730443 (2013.1.18)

雲南桜草の花

P1730405

ジュリアンの花

福島市黒岩にある大型店の園芸品売り場の棚に、ポット植えの雲南桜草(サクラソウ科)の花が並ベられ、販売されていました。この花は中国雲南省が原産で、最近、早春の鉢花として流通しています。この花の花言葉は「初恋」です。

同じ棚にジュリアン(プリムラ・ジュリアン、サクラソウ科)の花も並べられ、販売されていました。この花の開花期は11月~4月で、花言葉は「運命を開く、永続の愛情」です。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1730444雲南桜草の花

P1730403 

ジュリアンの花

P1730407 ジュリアンの花

2013年1月26日 (土)

チロリアンデージーやラナンキュラスの花が園芸品売り場の棚に並ぶ

P1730416  (2013.1.18)

チロリアンデージーの花

P1730436

ラナンキュラスの花

福島市黒岩にある大型店の園芸品売り場の棚にチロリアンデージー(ヒナギク、キク科)の花が並んでいました。この花の原産地は地中海地方で、開花期は12月~5月、花言葉は「感謝、平和、希望」です。ユリオプスデージー(キク科)の花もありました。

この売り場の棚ではラナンキュラス(キンポウゲ科)やアネモネ八重(キンポウゲ科)の花も販売されていました。ラナンキュラスの花言葉は「魅力的、美しい人格、名誉」で、アネモネの花言葉は「可能性、期待、恋の苦しみ」です。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1730417

チロリアンデージーの花

P1730425 ユリオプスデージーの花

P1730434 アネモネ八重の花

2013年1月25日 (金)

園芸用品売り場の棚に並ぶノースポールの花

P1730427 (2013.1.18)

ノースポールの花

P1730441

マーガレットの花

福島市黒岩にある大型店の園芸用品売り場の棚にポットに植えられたノースポール(クリサンセマム・パルドーサム、キク科)の花が並んでいました。この花は地中海沿岸に広く分布し、1960年代に輸入された半耐寒性多年草で、12月から翌6月頃まで長期間マーガレットに似た白い花を付けます。この花の花言葉は「誠実」です。

マーガレット(キク科)やキンセンカ(キク科)の花も販売されていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1730432 キンセンカの花

P1730440 マーガレットの花

P1730439 マーガレットの花

2013年1月24日 (木)

園芸品売り場の棚に、オキザリス・パーシカラーの花が並ぶ

P1730422 (2013.1.18)

オキザリス・パーシカラーの花(花が閉じた状態)

P1730419

アリッサムの花

福島市黒岩にある大型店の園芸品売り場の棚で、ポットに植えられたオキザリス・パーシカラー(オキザリス・ウエシコロル、カタバミ科)が販売されていました。この花は光が弱い時には花を閉じる性質があるので、この日は曇っていたので花が閉じていました。光が当たると白い花弁が開きます。この花の花言葉は「輝く心、思い出の味」です。

アリッサム(アブラナ科)やアッツザクラ(ユリ科)のきれいな花も販売されていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1730424オキザリスパーシカラー

P1730420  アリッサムの花

P1730446 アッツザクラの花

2013年1月23日 (水)

茶屋沼公園で、木の枝に止まって休むホオジロ

P1730555_3 

茶屋沼公園にある木の枝に止まって休むホオジロ(2013.1.21)

P1730554_2 

茶屋沼公園にある木の枝に止まって休むホオジロ(右上)

福島市渡利にある茶屋沼公園で、木の枝にホオジロ(ホオジロ科)が止まって休んでいました。

近くの山の斜面に黄色く色付いたセンダン(センダン科)の果実が沢山あり、シダレザクラ(バラ科)が春を待っていました。道路脇でオモト(クサスギカズラ科)の果実が赤く色付いていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1730569センダンの果実と春を待つ シダレザク

P1730570 黄色く色付いたセンダンの果実

P1730575 赤く色付いたオモトの果実

2013年1月22日 (火)

池に氷が張り、雪に覆われた茶屋沼公園

P1730560

池に氷が張り、雪が積もった茶屋沼公園

P1730551

池に氷が張り、雪が積もった茶屋沼公園(奥の山は左から箕輪山、鬼面山)

P1730562

雪が積もった茶屋沼公園(中央の池は親水池)

福島市渡利にある茶屋沼公園は池に氷が張り、その上に雪が積もって一面真白い雪景色でした。遠くに安達太良連峰の箕輪山や鬼面山が見えていました。この公園にある親水池には氷が無く、水が流れていました。この公園から吾妻小富士も望む事も出来ました。

近くにある桜清水は雪に覆われていました。「右左をなじ」と書かれた面白い道標は雪に埋もれないでよく見えていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1730565 茶屋沼公園から吾妻小富士(右奥)を望む

P1730540 雪に覆われた桜清水

P1730574_2

右左をなじ」と書かれた道標

2013年1月21日 (月)

渡利から吾妻連峰を望む

P1730533_2 (2013,1,21)

渡利から吾妻連峰を望む(左から家形山、一切経山、吾妻小富士、東吾妻山)

P1730480_2

大森から吾妻小富士を望む(手前の林は大森城山公園、2013.1.19)

福島市渡利から雪化粧された吾妻連峰がよく見えていました。右から家形山(標高1877m)、一切経山(標高1948.8m)、吾妻小富士(1704.6m)、東吾妻山(1974.7m)です。

沢山雪が降った翌日(2013.1.19)に福島市大森から雪が積もった大森城山公園や果樹畑の向こうに真白に雪化粧された吾妻小富士がきれいに見えていました。雪が積もったカキの木もきれいでした。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1730503雪が積もった 果樹畑の奥に見える吾妻小富士

P1730502 雪が積もった大森城山公園の奥に見える吾妻小富士

P1730491 雪が積もったカキの木

2013年1月20日 (日)

雪が積もった木の枝で、スズメが羽を膨らませて休む

P1730486_2

雪が積もった木の枝で羽を膨らませて休むスズメたち(2013.1.19)

P1730498

雪に覆われた大森小学校

福島市大森にある住宅の庭にある雪が積もった木の枝で、沢山のスズメ(スズメ科)が羽を膨らませて休んでいました。

近くにある大森小学校の辺り一面が真っ白く雪に覆われていました。

雪が積もった住宅の屋根の軒先にはツララが出来ていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1730488 雪が積もった木の枝に止まって休むスズメ

P1730504 雪に囲まれた大森小学校の校舎

P1730500_2

雪が積もった 住宅の屋根の軒先に出来たツララ

2013年1月19日 (土)

大森で、ブロック塀に積もった雪が38cm

P1730490_2

大森から鬼面山(右)と箕輪山を望む(2013.1.19)

P1730509_2

ブロック塀に積もった雪が38cm、手前はドウダンツツジに積もった雪

福島市大森に、昨日は朝から雪が降り続きましたが、今朝(1月19日)は良い天気になり、ブロック塀に積もった雪の高さは38cmでした。

大森から雪化粧された鬼面山や箕輪山を望むと朝日に輝いてきれいでした。

住宅の庭にあるモミジやムクゲの枝に沢山雪が積もり、モミの木に積もった雪は帽子のようで、朝日に輝ききれいでした。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1730460_2 モミジの枝に積もった雪

P1730459_2ムクゲの枝に積もった雪

P1730461_3 モミの木に積もった雪

2013年1月18日 (金)

大森で、ブロック塀の上に積もった雪の高さが27cm

P1730456

ブロック塀に積もった雪の高さは27cm (2013.1.18)

P1730452

ビオラの花

P1730449

パンジーの花

福島市大森にある住宅のブロック塀に積もった雪の高さを測定すると27cmありまりました。今日(1月18日)は朝から雪が降り続き、天気予報(福島市)の最高気温が0℃で、最低気温がー5℃です。

福島市黒岩にあるホームセンターの園芸用品売り場では美しい花が咲いたビオラ(スミレ科)やパンジー(スミレ科)が販売されていました。ビオラとパンジーの区別は明確でないが、花径が5cm以上をパンジーとし、花径が4cm以下をビオラとすることが多いそうです。ビオラの花言葉は「信頼、忠実、誠実な愛」で、パンジーの花言葉は「思慮深い、心の平和、物思い」です。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1730457 屋根に積もった雪

P1730454 ビオラの花

P1730448 パンジーの花

2013年1月17日 (木)

曾根田天満宮の近くで、アセビの蕾が膨らむ

P1730287

アセビの蕾 ((2013.1.7)

P1730286

曾根田天満宮

福島市天神町にある住宅の庭で、アセビ(馬酔木、ツツジ科)の蕾が膨らんでいました。アセビは早春になると多くの白いつぼ状の花をつけます。このアセビの葉を馬が食べると苦しむので、馬酔木という名前がついており、この葉には毒性成分のグラヤノトキシンが含有されています。この花の花言葉は「清純な愛、犠牲、献身」です。

近くに曽根田天満宮があり、少し信夫山方面に歩くと、宝萬蔵稲荷大明神や花の写真館が有りました。花の写真館は玄関付近に足場が組まれて修理されているようでした。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1730285

曾根田天満宮

P1730284 宝萬蔵稲荷大明神

P1730283_3 花の写真館

2013年1月16日 (水)

タラヨウの果実がオレンジ色に色付く

P1730356

タラヨウの果実 (2013.1.12)

P1730358

タラヨウの果実

郡山市堂前町にある如宝寺の本堂の近くで、タラヨウ(モチノキ科)の果実がオレンジ色に色付いていました。タラヨウは葉の裏に経文を書いたり、葉をあぶって占いに使用したため、寺社に多く植樹されており、葉が肉厚で裏面を傷つけると字が書けるので郵便局の木として定められており、郵便局にもよく植樹されています。

近くに「真言宗豊山派高岳山如宝寺 郡山御本尊様巡拝第五十番礼拝所 大日如来」の石碑がありました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1730357 タラヨウの果実

P1730359 タラヨウの木肌

P1730361 如宝寺の石碑

2013年1月15日 (火)

雪が降った翌日の朝

P1730398

庭木に積もった雪(2013.1.15)

P1730384

熟したカキの果実に積もった雪

P1730396_2

大渋滞の県道362号(南福島停車場線)

福島市大森で、昨日(1月14日)雪が降り続き、今朝測定すると17cmありました。

庭木や熟したカキの果実に積もった雪が太陽の光を受けてとてもきれいでした。住宅の屋根に積もった雪が軒先にのぞいており、近くに雪に覆われた車が有りました。

道路には雪が残っており、県道362号(南福島停車場線)は大渋滞していました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1730401 雪が積もった住宅

P1730389_2 

屋根に積もった雪が軒先にのぞく

P1730390 雪に覆われた車

2013年1月14日 (月)

山の井公園(うねめ公園)・采女神社を訪ねる

P1730378

山の井公園 (2013.1.12)

P1730368

采女神社

郡山市片平町にある山の井公園(うねめ公園)を訪ねました。ここは伝説・うねめ物語で、奈良の葛城王に采女(うねめ)として召された椿姫が許婚を恋しく思い安積(あさか)の里に舞い戻ってきたが、すでに許婚は亡くなっていて、許婚と同じ山の井の清水に身を投げたといわれている悲恋の地です。この地は山の井公園として整備され、少し高い丘の上に采女神社がありました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1730374山の井公園

P1730375_2 山の井公園

P1730373采女神社から 山の井公園を望む

2013年1月13日 (日)

郡山市にある如宝寺を訪ねる

P1730354

如宝寺の山門と本堂

P1730331

馬頭観世音・高岳山如宝寺

P1730351

庭園(隈上苑)

郡山市堂前町にある如宝寺を訪ねました。境内には仙道33番観音第2番札所の馬頭観世音・高岳山如宝寺がありました。

また、この寺の境内にある国宝殿には鎌倉時代の刻銘があり、国の重要文化財に指定されている石造笠塔婆や板石塔婆(釜堂の碑)があり、国の重要美術品に指定されている銅鐘(ぼなし銅)もありました。

この寺院の前には立派な庭園(隈上苑)がありました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1730337 石造笠塔婆

P1730341 板石塔婆(釜堂の碑)

P1730342 銅鐘(いぼなし鐘)

2013年1月11日 (金)

熟したカキノキの果実を食べに飛来したメジロ

P1730268 (2013.1.7)

熟した果実を食べに飛来したメジロ

P1730267_2

黄色く色付いたユズの果実

福島市御山にある薬王寺の近くで、熟したカキノキ(カキノキ科)の果実を食べにメジロ(メジロ科)が飛来していました。その近くに黄色く色付いたユズ(ミカン科)の果実がありました。

薬王寺の本堂脇に緑色で光沢がある葉をつけたユズリハ(ユズリハ科)がありました。薬王寺本堂前ではヤエベニシダレ(バラ科)が春を待っているようでした。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1730256

ユズリハの葉

P1730262春を待つ薬王寺本堂前にあるヤエベニシダレ

2013年1月10日 (木)

700mの信夫山歩道トンネル

P1730280 (2013.1.7)

700mの信夫山歩道トンネル

P1730275 

信夫山歩道トンネル(東側)と信夫山車道トンネル(上り線)の入口

福島市御山にある国道13号線信夫山トンネルは全長700mで2車線の自動車道トンネルが上下2本あり、歩道トンネルも東側と西側に2本ありました。全長700mの歩道トンネルは直線で、入口から出口の明りがかすかに見えていました。このような直線で長い歩道トンネルはここで初めて出会いました。

このトンネルは信夫山で遮断された福島市街地の南側と北側を結ぶ大動脈で、北側にある住宅地の中学生たちはこのトンネルを通って、南側にある中学校に通学し、住民たちは自転車や徒歩で通行していました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1730278

信夫山歩道トンネルを通って帰宅する中学生たち

P1730281 歩道トンネル内を自転車で通行する人

P1730277 国道13号下り線を信夫トンネルから出た車

 

2013年1月 9日 (水)

花木の里ひらたで、真赤に色付いたサンシュユの果実

P1730130 (2013.1.4)

サンシュユの果実

P1730133

サンシュユの蕾

福島市山田にあり、4月に「ひらた花咲まつり」が行われる花木の里で、サンシュユ(ミズキ科)の果実が真赤に色付き、この春に咲く花の蕾が膨らんでいました。

陣場地区の花木畑から済生会福島総合病院が見えていました。近くには山田天神神社がありました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1730132 サンシュユの果実

P1730128花木の里ひらた陣場地区の花木畑(左奥のビルは済生会福島総合病院)

P1730136 山田天神神社

2013年1月 8日 (火)

花木の里ひらたで、ボケやウメの蕾が膨らむ

P1730217 (2013.1.5)

ボケの蕾

P1730182

ウメの蕾

P1730159_2

ミツマタの蕾

福島市山田にあり、4月に「ひらた花咲まつり」が行われる花木の里で、ボケ(バラ科)やウメ(バラ科)の蕾が膨らんでいました。近の平田小学校の裏山には展望台があり、遠くに福島市街地が見えていました。

福島市大森にある大森城山公園ではミツマタ(ジンチョウゲ科)の蕾が黄色く色付いて膨らんでおり、近くでツバキの蕾が膨らんでいました。ベニシダレザクラ(バラ科)の冬芽はまだ硬く閉じていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1730218 平田小学校の裏山から福島市街地方面を望む

P1730162 ツバキの蕾

P1730180 ベニシダレザクラの冬芽

2013年1月 7日 (月)

四つに裂開したマサキの果実と赤橙色に色付いたピラカンサの果実

P1730223 (2013.1.5)

四つに裂開したマサキの果実

P1730227

鮮やかな赤橙色に色付いたピラカンサの果実

福島市小田にある住宅の生垣に植栽されているマサキ(ニシキギ科)に果実が沢山なり、果実が四つに裂開して橙赤色の仮種皮におおわれた種子がのぞいていました。

福島市大森にある住宅の庭ではピラカンサ(バラ科)の果実が鮮やかな赤橙色に色付いていました。近くに赤く色付いたナンテン(メギ科)の果実もありました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1730222 果実が付いたマサキの生垣

P1730226_2 ピラカンサの果実

P1730216  ナンテンの果実

2013年1月 6日 (日)

群生して咲くフユシラズの花

P1730213 (2013.1.5)

フユシラズの花

P1730214

群生して咲くフユシラズの花

福島市山田を散策していると道路脇に黄色のキンセンカに似た花が群生して咲いていたので、調べてみるとフユシラズ(冬知らず、カレンデユラ、キク科)の花でした。この花はギリシャ・ローマ時代から栽培され、葉は野菜に、花びらは料理の色付けや薬用に利用されていたそうです。11月から5月頃まで花が咲き、夜間は花が閉じるそうで、耐寒温度は-15度、花言葉は「悲痛、別れの悲しみ」です。

近くで、ホトケノザ(シソ科)、オオイヌノフグリ(オオバコ科)、ノボロギク(キク科)などの花が咲いていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1730203 ホトケノザの花

P1730201 オオイヌノフグリの花

P1730202 ノボロギクの花

2013年1月 5日 (土)

大森城山公園から雪化粧された吾妻小富士と一切経山を望む(2013)

P1730173 (2013.1.5)

大森城山公園から雪化粧された吾妻小富士と一切経山を望む

P1730165_2

大森城山公園から大作山(左の雪化粧された山)と御在所山(右)を望む

福島市大森にある大森城山公園を訪ねました。お天気が良く、雪化粧された吾妻連峰の吾妻小富士(標高1704.6m)や一切経山(1948.8m)が輝いていました。

飯坂町方面を望むと左に白く雪化粧された大作山(標高567.7m)が見え、右に台形の御在所山(標高632.7m)が見えており、御在所山の手前に福島市国体記念体育館が見えていました。

また、信夫山、福島県庁、JA福島ビルなどもよく見えていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1730167大森城山公園から信夫山を望む

P1730170大森城山公園から福島県庁(中央奥)を望む

P1730171大森城山公園から JA福島ビル(中央奥)を望む

2013年1月 4日 (金)

黒岩虚空蔵堂前の阿武隈川で休むコハクチョウとカワウ

P1730079(2013.1.3)

黒岩虚空蔵堂前の阿武隈川で羽を休めるコハクチョウとカワウ

P1730082

飛びたつコハクチョウ

福島市黒岩にある黒岩虚空蔵堂前の小雪がちらつく阿武隈川でコハクチョウ(カモ科)とカワウ(ウ科)が羽を休めていました。しばらくするとコハクチョウが飛びたって行きました。

近くの水面でコガモ(カモ科)の群れが羽を休めていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1730075 コハクチョウ、カワウ、コガモが羽を休める黒岩虚空蔵堂前の 阿武隈川

P1730080 飛びたつコハクチョウ

P1730085黒岩虚空蔵堂前の 阿武隈川で羽を休めるコガモ

2013年1月 3日 (木)

小雪が舞う黒岩虚空蔵(満願寺)に初詣

P1730090 (2013.1.3)

小雪が舞う黒岩虚空蔵に初詣

P1730091

小雪が舞う黒岩虚空蔵堂

福島市黒岩にある黒岩虚空蔵(満願寺)に初詣に行ってきました。朝から小雪が舞っていましたが、家族つれの参拝者がつぎつぎと初詣に訪れていました。 ご本尊の虚空蔵菩薩は無限の知恵と福徳を衆生に分け与えて救うというありがたい菩薩様です。また牛寅の神様で、牛や寅の像をなでるとご利益があるそうで、参拝者の皆さんが像をなでていました。

満願寺の境内には山門、本堂、鐘楼、観音堂、虚空蔵堂、明王堂などがあり、虚空蔵堂の裏山には赤い帽子をかぶった十六羅漢の石像が安置されていました。鐘楼にある国指定重要美術品のいぼなし銅鐘は通常つくことが出来ませんが、この日は1人1回つくことが出来ました。

小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1730072 虚空蔵堂脇にある牛や寅の像をなでる参拝者

P1730092_2 明王堂と 十六羅漢像(下部)

P1730066 いぼなし銅鐘をつく参拝者

.

P1730096_2 満願寺の山門

P1730097 満願寺本堂

P1730094 観音堂

2013年1月 2日 (水)

福島県護国神社へ初詣(2013)

P1730052  (2013.1.2)

福島県護国神社へ初詣に訪れた参拝者

P1730058_2

初詣に訪れた参拝者

福島市駒山にある福島県護国神社へ初詣にお参りに行ってきました。2日の午後でしたが家族ずれや若者のグループが次々と初詣に訪れていました。

この神社の入口脇には信夫山天満宮が有りました。この天満宮は九州の太宰府天満宮より特別に御分霊を拝戴して、昭和63年9月から太宰府分霊・信夫山天満宮として、お祀りしているそうです。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1730048 福島県護国神社

P1730057 福島県護国神社へ初詣に訪れた参拝者

P1730053 信夫山天満宮

2013年1月 1日 (火)

初詣の参拝者で賑わう中野不動尊(2013)

P1730042

初詣の参拝者で賑わう中野不動尊本堂前

P1730033

2013年元旦の不動滝と大日堂

P1730025_2 

寂光門と洞窟めぐりを終て休む参拝者たち

福島市飯坂町中野不動沢にある中野不動尊に初詣に行ってきました。お天気が良く、多くの参拝者が訪れており、本堂の前には長い列が出来ていました。

大日堂の脇に不動滝が有り、大日堂の1階が洞窟めぐりの入口になっていました。洞窟の中には多くの仏像が安置されており、この洞窟の出口に寂光門が有りました。少し進むと古いお札やお飾りを燃やすとんどが行われていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1730027 洞窟めぐりの入口

P1730028_2洞窟内に安置されている仏像 

P1730039 古いお札やお飾りを燃やすとんど

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ