« 雪化粧された富士山と東北・東海道・山陽新幹線の車窓から見る紅葉 | トップページ | 「2時間で訪れる・ふくしま紅葉めぐり」のコースは今が見頃 »

2012年11月19日 (月)

緑水苑で牛の木やカツラの古木が植栽され、珪化木が展示される

P1710509 (2012.11.6)

牛の姿をした牛の木(ケヤキ)

P1710451_2 

巨大なカツラの古木

P1710458

木の化石・珪化木

郡山市喜久田町にある「四季の里・緑水苑」に牛の木、カツラ(カツラ科)の古木、木の化石・珪化木など珍しい木がありました。牛の木は牛の姿をしたケヤキ(ニレ科)の古木で黄葉が進んでいました。巨大なカツラの古木も黄葉して落葉が進んでいました。

珪化木は太古の昔、繁っていた樹木の幹が土に埋もれて化石になったものです。珪化木は木の幹が地層に埋めれている間に、温泉水や地下水に溶けたケイ酸が木の細胞の中に入り込み沈着して、木の幹全体が二酸化珪素に置き換わったものです。県内でも500万年~3500万年前の地層から発見されています。展示されている珪化木はビルマ産です。

カツラの古木を中心にした庭園、池を中心にした庭園、モデル庭園など美しい景色が沢山ありました。

この緑水苑の脇を五百川が流れていました。園内にはキク(キク科)の花が咲いていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1710450_2 カツラの古木(中央)を中心にした庭園

P1710467 池を中心にした庭園

P1710471_2 池を中心にした庭園

.

P1710511 モデル庭園

P1710502_2 五百川の流れ

P1710449キクの花

« 雪化粧された富士山と東北・東海道・山陽新幹線の車窓から見る紅葉 | トップページ | 「2時間で訪れる・ふくしま紅葉めぐり」のコースは今が見頃 »

郡山・白河・田村市周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 緑水苑で牛の木やカツラの古木が植栽され、珪化木が展示される:

« 雪化粧された富士山と東北・東海道・山陽新幹線の車窓から見る紅葉 | トップページ | 「2時間で訪れる・ふくしま紅葉めぐり」のコースは今が見頃 »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ