« 荒井の花畑で、センニチコウやクジャクソウの花が咲く | トップページ | 「ヒガンバナ群生地と歴史を歩く旅」に参加 »

2012年9月28日 (金)

雨が降り、乾燥していた土手でもヒガンバナの花軸が沢山伸びる

P1690628_2 (2012.9.28)

ヒガンバナ群生地で咲く花といっせいに伸びる花軸

P1690657_3

苞に包まれた蕾が先端にある花軸

P1690634_2 

ヒガンバナの蕾と花

福島市下鳥渡のヒガンバナ(ヒガンバナ科)群生地で、先端に蕾をつけた花軸がいっせいに伸びてきました。今年、草が繁っているところでは例年と変わりなく9月17日頃から花が咲き始めましたが、草刈りをした所では土地が乾燥して花軸が伸びないで、9月24日に降った雨でやっと土手の斜面の下の方から徐々に花軸が伸びて花が咲き始めていました。土地が乾燥したとjころでは例年より開花が2週間程度遅れています。

この群生地の小川にはミゾソバ(タデ科)が群生しており、可愛い花を咲かせていました。セイタカアワダチソウ(キク科)も黄色い花が咲き始めていました。

近くに荒井堰用水が流れており、岸辺にヒガンバナの花が咲いていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1690626 ヒガンバナの蕾と花

P1690635 ミゾソバの蕾

P1690637  ミゾソバの蕾

.

P1690656 セイタカアワダチソウの花

P1690649 荒井堰用水の流れ

P1690647 荒井堰用水の畔に咲くヒガンバナの花

« 荒井の花畑で、センニチコウやクジャクソウの花が咲く | トップページ | 「ヒガンバナ群生地と歴史を歩く旅」に参加 »

大森城山公園・大森周辺」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨が降り、乾燥していた土手でもヒガンバナの花軸が沢山伸びる:

« 荒井の花畑で、センニチコウやクジャクソウの花が咲く | トップページ | 「ヒガンバナ群生地と歴史を歩く旅」に参加 »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ