« 雨が降り、乾燥していた土手でもヒガンバナの花軸が沢山伸びる | トップページ | リンゴ(早生ふじ)の果実が赤く色付く »

2012年9月29日 (土)

「ヒガンバナ群生地と歴史を歩く旅」に参加

P1690662(2012.9.29)

陽泉寺の木造釈迦如来座像を拝観

P1690678_2 

黄金色に稔った稲穂の脇で咲くヒガンバナの花

P1690661

刈り取った稲束を杭掛けして乾燥

「ふくしま花めぐり・ヒガンバナ群生地と歴史を歩く旅」で、福島市下鳥渡の陽泉寺にある木造釈迦如来座像(国指定重要文化財)を拝観しました。また福島市上鳥渡の観音寺にある輪蔵(市指定有形文化財)も訪ねました。

ヒガンバナ群生地の周辺では稲穂が黄金色に色付き、稲穂の脇でヒガン花の花が咲いていました。土手の斜面ではヒガンバナの花軸が沢山伸びて、花数が増していました。

稲の刈り取り作業が始まっており、刈り取った稲束を杭掛けにして乾燥している風景を見ることが出来ました。上空をアオサギ(サギ科)が飛び、稲を刈り取った水田をハクセキレイ(セキレイ科)が歩いていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1690665   陽泉寺の木造釈迦如来座像

P1690180 観音寺の輪蔵

P1690684 群生地で咲くヒガンバナの花

.

P1690688土手の斜面で伸びる花軸と ヒガンバナの花

P1690686 上空を飛ぶアオサギ

P1690693 稲を刈り取った水田を歩くハクセキレイ

« 雨が降り、乾燥していた土手でもヒガンバナの花軸が沢山伸びる | トップページ | リンゴ(早生ふじ)の果実が赤く色付く »

大森城山公園・大森周辺」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

陽林寺、陽泉寺、観音寺」カテゴリの記事

観光コース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ヒガンバナ群生地と歴史を歩く旅」に参加:

« 雨が降り、乾燥していた土手でもヒガンバナの花軸が沢山伸びる | トップページ | リンゴ(早生ふじ)の果実が赤く色付く »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ