« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

リンゴ(早生ふじ)の果実が赤く色付く

P1690642_2 (2012.9.28)

下鳥渡の果樹園で色付いたリンゴ(早生ふじ)

P1690698(2012.9.30)

福島県遺族会館前のヒガンバナ群生地で沢山の花軸が伸びる

福島市下鳥渡の果樹園でリンゴ(早生ふじ)の果実が赤く色付き、収穫を待っていました。

福島市堂殿にある福島県遺族会館前のヒガンバナ群生地ではヒガンバナ(ヒガンバナ科)の花軸が沢山伸びて、一部蕾が顔を出していました。通常の開花時期に雨が降らなかったので、ヒガンバナの開花が大巾に遅れているようでした。

小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1690640_2

色付いたリンゴ(早生ふじ)の果実

P1690697 花軸が伸びている福島県遺族会館前のヒガンバナ群生地

P1690699花軸の先にあるヒガンバナの蕾

2012年9月29日 (土)

「ヒガンバナ群生地と歴史を歩く旅」に参加

P1690662(2012.9.29)

陽泉寺の木造釈迦如来座像を拝観

P1690678_2 

黄金色に稔った稲穂の脇で咲くヒガンバナの花

P1690661

刈り取った稲束を杭掛けして乾燥

「ふくしま花めぐり・ヒガンバナ群生地と歴史を歩く旅」で、福島市下鳥渡の陽泉寺にある木造釈迦如来座像(国指定重要文化財)を拝観しました。また福島市上鳥渡の観音寺にある輪蔵(市指定有形文化財)も訪ねました。

ヒガンバナ群生地の周辺では稲穂が黄金色に色付き、稲穂の脇でヒガン花の花が咲いていました。土手の斜面ではヒガンバナの花軸が沢山伸びて、花数が増していました。

稲の刈り取り作業が始まっており、刈り取った稲束を杭掛けにして乾燥している風景を見ることが出来ました。上空をアオサギ(サギ科)が飛び、稲を刈り取った水田をハクセキレイ(セキレイ科)が歩いていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1690665   陽泉寺の木造釈迦如来座像

P1690180 観音寺の輪蔵

P1690684 群生地で咲くヒガンバナの花

.

P1690688土手の斜面で伸びる花軸と ヒガンバナの花

P1690686 上空を飛ぶアオサギ

P1690693 稲を刈り取った水田を歩くハクセキレイ

2012年9月28日 (金)

雨が降り、乾燥していた土手でもヒガンバナの花軸が沢山伸びる

P1690628_2 (2012.9.28)

ヒガンバナ群生地で咲く花といっせいに伸びる花軸

P1690657_3

苞に包まれた蕾が先端にある花軸

P1690634_2 

ヒガンバナの蕾と花

福島市下鳥渡のヒガンバナ(ヒガンバナ科)群生地で、先端に蕾をつけた花軸がいっせいに伸びてきました。今年、草が繁っているところでは例年と変わりなく9月17日頃から花が咲き始めましたが、草刈りをした所では土地が乾燥して花軸が伸びないで、9月24日に降った雨でやっと土手の斜面の下の方から徐々に花軸が伸びて花が咲き始めていました。土地が乾燥したとjころでは例年より開花が2週間程度遅れています。

この群生地の小川にはミゾソバ(タデ科)が群生しており、可愛い花を咲かせていました。セイタカアワダチソウ(キク科)も黄色い花が咲き始めていました。

近くに荒井堰用水が流れており、岸辺にヒガンバナの花が咲いていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1690626 ヒガンバナの蕾と花

P1690635 ミゾソバの蕾

P1690637  ミゾソバの蕾

.

P1690656 セイタカアワダチソウの花

P1690649 荒井堰用水の流れ

P1690647 荒井堰用水の畔に咲くヒガンバナの花

2012年9月27日 (木)

荒井の花畑で、センニチコウやクジャクソウの花が咲く

P1690571 (2012.9.25)

センニチコウの花

P1690586

クジャクソウの花

福島市荒井にある花畑で、センニチコウ(ヒユ科)やクジャクソウ(クジャクアスター、キク科)の花が元気よく咲いていました。センニチコウの花言葉は「終わりのない友情」で、クジャクソウの花言葉は「いつも愉快、ひとめぼれ」です。

この花畑にはオシロイバナの花やフウセンカズラの果実も有りました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1690565 センニチコウとコスモスの花の間をトラクターで整地

P1690570_2 センニチコウの花

P1690569 センニチコウの花

.

P1690583 クジャクソウの花

P1690581 オシロイバナの花

P1690578 フウセンカズラの果実

2012年9月26日 (水)

荒井の花畑でコスモスやシオンの花が沢山咲く

P1690555 (2012.9.25)

コスモスの花

P1690548

シオンの花

福島市荒井にある花畑で、コスモス(キク科)やシオン(キク科)の花が沢山咲いていました。花言葉はコスモスが「乙女の真心、乙女の愛情」で、シオンが「思いで、君を忘れない」です。

この花畑にはアサガオ(ヒルガオ科)の花も咲いていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1690550_2 コスモスの花が咲く花畑

P1690577_2  コスモスの花

P1690576  コスモスの花

.

P1690549 シオンの花

P1690553 シオンの花

P1690563  アサガオの花

2012年9月25日 (火)

あづま総合運動公園の花壇でシュウメイギクやサルビアの花が咲く

P1690486 (2012.9.24)

シュウメイギクの花

P1690488

サルビアの花

福島市佐原にあるあづま総合運動公園で、シュウメイギク(キンポウゲ科)やサルビア(シソ科)の花が元気よく咲いていました。シュウメイギクは薄赤紫色と白色の花が咲き、サルビアは赤色と白色の花が咲いていました。

お知らせ

「アメセルのブログ」が2009年9月24日に開設して、3年が過ぎました。この間の累計アクセス数は90,200件、訪問者数は6,965人でした。いつもご覧くださいまして有難うございます。

バックナンバーをクリックして頂ければ、年月が表示され、その年月をクリックするとその時期の福島の様子を感じて頂けると存じます。また、カテゴリーの項目をクリックして頂ければ花見山公園、福島市小鳥の森、花、鳥、イベントなどまとめて楽しんで頂けると存じます。これからも宜しくお願いいたします。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1690489_2 あづめ総合運動公園の花壇

P1690485 花壇に咲くシュウメイギクの花

P1690486_2 シュウメイギクの花

.

P1690487 花壇に咲くサルビアの花

P1690495 サルビアの花

P1690496 サルビアの花(白)

2012年9月24日 (月)

あづま総合運動公園でイチョウの果実が沢山みのる

P1690502 (2012.9.24)

あづま総合運動公園のイチョウ並木

P1690490

イチョウの果実

福島市佐原にあるあづま総合運動公園のイチョウ並木で、イチョウ(イチョウ科)の果実が沢山みのっていて、葉が少し黄色くなっていました。

この公園ではサクラ(バラ科)やカツラ(カツラ科)の葉が色付き、紅葉が進んでいました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1690501 イチョウ並木

P1690505 イチョウ並木

P1690506 イチョウの果実

.

P1690507 イチョウの果実

P1690475 サクラの紅葉

P1690473 カツラの紅葉

2012年9月23日 (日)

妹尾川の岸辺でコサギが休み、近くでキョウチクトウの花が咲く

P1690421 (2012.9.20)

妹尾川の岸辺で休むコサギ

P1690423

キョウチクトウの花

岡山市南区藤田にある妹尾川の岸辺でコサギが羽を休めていました。近くにある墓地の脇でキョウチクトウ(キョウチクトウ科)の花が咲いていました。

近くの川岸でヒマワリ(キク科)やハナトラノオ(シソ科)の花がきれいな咲いていました。

岡山市南区片岡にある岡山市サウスヴィレッジにはオリーブ(モクセイ科)の木があり、花鉢でペチュニア(ナス科)の花が沢山咲いていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1690420 岸辺で羽を休めるコサギ

P1690422 墓地の脇で咲くキョウチクトウの花

P1690418 ヒマワリの花

.

P1690419 ハナトラノオの花

P1690389 オリーブの木

P1690406 ペチュニアの花

2012年9月22日 (土)

下鳥渡ヒガンバナ群生地で、草の中から花軸が伸びて花が咲く

P1690426 (2012.9.22)

下鳥渡の群生地で咲くヒガンバナの花

P1690431_2

コンバインで水稲の収穫作業(手前の山は大森城公園)

福島市下鳥渡にある下鳥渡ヒガンバナ群生地で、草むらの中から花軸を伸ばしてヒガンバナ(ヒガンバナ科)の花が咲いていました。近くの水田ではコンバインで水稲の収穫作業が行われていました。

このヒガンバナ群生地の近くにはアレチウリ(ウリ科)、ミゾソバ(タデ科)、イヌトウバナ(シソ科)?、ゲンノショウコ(フウロウソウ科)、キンミズヒキ(バラ科)、ベニバナボロギク(キク科)などの花が咲き、セイタカアワダチソウ(キク科)の蕾がありました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1690429 ヒガンンバナの花

P1690430 コンバインによる水稲の収穫作業

P1690440 アレチウリの花

.

P1690461 ミゾソバの花

P1690464 セイタカアワダチソウの蕾

P1690468 イヌトウバナ?の花

.

P1690446 ゲンノショウコの花

P1690445 キンミズヒキの花

P1690465 ベニバナボロギクの花

2012年9月21日 (金)

岡山市サウスヴィレッジを訪ねる

P1690386 (2012.9.20)

岡山市サウスヴィレッジ展望台

P1690390

岡山市サウスヴィレッジ展望台から常山を望む

P1690392

岡山市サウスヴィレッジ展望台から金甲山を望む

岡山市南区片岡にある岡山市サウスヴィレッジを訪ねました。この施設は消費者と生産者に豊かな自然のもとで、お互いの交流を深めてもらうために作られた施設で、展望台から児島湾の干拓地が一望出来て、常山や金甲山を近くに望む事が出来ました。

農産物直売所の棚には農家から野菜、果物、花き類などが持ちこまれて並べられており、沢山の買物客が訪れていました。

岡山市北区駅元町にある岡山駅東口駅舎前に美しい噴水があり、近くにある岡山電気軌道岡山駅前駅には路面電車が止まっていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1690385 農産物直売所

P1690384 展望台

P1690388 展望台脇の施設

.

P1690399 展望台からの眺め

P1690383 岡山駅東口舎前の噴水

P1690382 岡山電気軌道岡山駅前駅に止まっている路面電車

2012年9月19日 (水)

下鳥渡ヒガンバナ群生地で、ヒガンバナの花が咲き始める

P1690321 (2012.9.17)

地上に顔を出した苞に包まれたヒガンバナの蕾

P1690315_2

花軸の先端で苞がとれたヒガンバナの蕾

P1690323

下鳥渡ヒガンバナ群生地で咲き始めたヒガンバナの花

福島市下鳥渡にあるヒガンバナ群生地でヒガンバナ(ヒガンバナ科)の花が 咲き始めました。この時期は花軸の先で蕾を包んだ苞、花軸の先端で苞がとれた蕾、花軸の先端で四方に伸びて輪状に咲いた花など、ヒガンバナの花軸が地上に現れて開花するまでの経過をよく観察することが出来ます。

この群生地にはヒメジソ(シソ科)、ニラ(ヒガンバナ科)、イヌタデ(タデ科)の花が咲き、ヨシ(イネ科)やチカラシバ(イネ科)の穂が風になびいていました。

お知らせ

この下鳥渡ヒガンバナ群生地などを訪ねる「ヒガンバナ群生地と歴史を歩く旅」が旅行代金2,500円(レパコガーデンでの昼食付)で、9月23日~30日の毎日催行を予定して、福島市観光コンベンション協会(電話024-531-6432)が募集しています。この旅では伊達政宗が勢力拡大した時の拠点城があった大森城山公園、市指定有形文化財の輪蔵がある観音寺、国指定重要文化財の木造釈迦如来座像や国指定史跡の下鳥渡供養塔がある陽泉寺を訪ねます。福島市観光ボランティアガイド・ふくしま花案内人がご案内します。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1690330_2

「ヒガンバナ群生地と歴史を歩く旅」の募集案内チラシ

P1690289 ヒメジソの花

P1690287 ニラの花

.

.

P1690282 イヌタデの花

P1690281 チカラシバの穂

P1690302_2 ヨシの穂

2012年9月18日 (火)

佐藤梨園でナシの果実が収穫期を迎える

P1690104 (2012.9.11)

収穫を待つナシの果実

P1690108

バラの花

福島市下野寺にある佐藤梨園「花のまちチャレンジ認定ガーデン」で、ナシ(バラ科)の果実が収穫期を迎えており、ナシ棚で大きく成長していました。

この梨園のローズロードやローズガーデンでは秋のバラ(バラ科)の花が咲き始めていました。オオベニタデ(タデ科)やユウゼンギク(キク科)の花も咲いていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1690100 ナシの果実

P1690106バラの花

P1690119 バラの花

.

.

P1690118_2 バラの花

P1690095 オオベニタデの花

P1690097 ユウゼンギクの花

2012年9月17日 (月)

信達33観音第14札所宝寿寺観音と八雲神社を訪ねる

P1690083_4 (2012.9.10)

信達33観音第14札所宝寿寺観音

P1690079

八雲神社の拝殿

伊達市伊達町のある信達33観音第14札所宝寿寺観音と八雲神社を訪ねました。

宝寿寺観音の近くに大きなサルスベリ(ミソハギ科)があり、紅色の美しい花が咲いていました。

八雲神社の本殿と拝殿は重厚な立派な建築物でした。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1690081 宝寿寺観音の正面

P1690084

紅色の花が咲いたサルスベリ

P1690080 八雲神社の本殿

.

P1690078_3  八雲神社の拝殿

P1690087 八雲神社の鳥居

P1690086 八雲神社の山額

2012年9月16日 (日)

信達33観音第25番札所から第23番札所を訪ねる

P1680998 (2012.9.10)

信達33観音第25番札所野崎寺観音

P1690040

信達33観音第24番札所卯花広智寺観音

P1690066

信達33観音第23番札所平寺観音

伊達市保原町にある信達33観音第25番札所野崎寺観音と第24番札所卯花広智寺観音、伊達市伊達町にある信達33観音第23番札所平寺観音を訪ねました。

野崎寺観音の境内には落雷で木の幹が焼けた大きな杉の木がありました。卯花広智寺観音の別当・長谷寺には江戸時代の代官所の長屋門を移築した山門(保原町指定重要文化財)がありました。平寺観音の境内ではアメリカハナミズキ(ミズキ科)の果実が赤く色付いていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1680996 野崎寺観音の正面

P1690042卯花広智寺観音の正面

P1690064 平寺観音の正面

.

P1680999 野崎寺観音境内にある落雷で焼けた杉の木

P1690038 長谷寺の山門

P1690065 アメリカハナミズキの果実

2012年9月15日 (土)

信達33観音第28番札所から第26番札所を訪ねる

P1680957 (2012.9.10)

信達33観音第28番札所千尋観音

P1680986

信達33観音第27番札所寿徳寺観音

P1680970

信達33観音第26番札所専旦寺観音

伊達市霊山町にある信達33観音第28番札所千尋観音を訪ね、伊達市保原町にある信達33観音第27番寿徳寺観音と第26番札所専旦寺観音を訪ねました。

千尋寺観音から霊山の山並みが良く見えていました。寿徳寺観音の隣には立派な明徳院の山門と本堂がありました。専旦寺観音には大きなサルスベリ(ミソハギ科)の木に美しい花が咲いていました。

今回は福島市マスターズクラブの信達33観音巡りのバスツアーに参加させていただきました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1680959千尋寺観音堂 の正面

P1680987 寿徳寺観音堂の正面

P1680971 専旦寺観音堂の正面

.

P1680961 千尋寺観音から霊山方面を望む

P1680991 明福院の山門から本堂を望む

P1680973 専旦寺観音にあるサルスベリの花

2012年9月14日 (金)

霊山寺と霊山寺観音堂

P1680932 (2012.9.10)

霊山寺の山門と本堂を望む

P1680947

霊山寺本堂の天井絵(花)

伊達市霊山町にある霊山寺を訪ねました。この寺は比叡山延暦寺直末寺で、貞観元年(859)慈覚大師円仁和尚の開山と伝えられ、霊山山頂に千手観音を本尊として建立され、三千人の衆徒有していましたが、南北朝時代に北畠顕家郷が多賀城より、霊山寺の山頂の建物を国府としたため、足利尊氏に攻められ、全山が焼かれました。後年、伊達氏宗により宮脇に再建されたが焼失し、現在地にあった阿弥陀堂を本堂としました。明治30年に現在の本堂が新築され、本堂の天井には花、龍、天女の美しい絵が描かれていました。

境内にはサルスベリ(ミソハギ科)の花が咲き、サンゴジュ(スイカズラ科)の果実が赤く色付いていました。近くに信達33観音29番札所の霊山寺観音堂がありました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1680935 霊山寺本堂

P1680944 天井絵(龍)

P1680945 天井絵(天女)

.

P1680955 サルスベリの花

P1680951 サンゴジュの果実

P1680927 霊山寺観音堂

2012年9月13日 (木)

蚕種製造業で財をなした亀岡家の住宅

P1690029_2 (2012.9.10)

旧亀岡家住宅

P1690013 

書斎に置かれているブリタニカ百科事典

伊達市保原町大泉にある旧亀岡家住宅(福島県指定重要文化財)を訪ねました。この建物は19世紀末頃、桑折町大字伊達崎で蚕種製造業を営んでいた亀岡正元によって建てられ、昭和60年(1985)正元の子孫・阿部正子から旧保原町に寄贈され、平成7年にこの地に復元組み立てられました。外観は全く洋風で、内部は大部分が純和風の座敷で床板には亀の彫刻がありました。、洋間が一室だけあり、そこにはブリタニカ百科事典がありました。

蚕種製造には中村善右衛門が発明した蚕当計を使用して温度湿度管理をして蚕の成長を管理し、健康で良品質の繭を生産する交雑種を作るために、日本種と中国種のそれぞれの繭の雌雄を鑑別して交配させ、病原菌に感染した蚕の有無を顕微鏡を使用して検査するなど、いろいろの手法を駆使して蚕種の品質管理を徹底して、良品質の蚕種を全国に出荷して信頼を得ていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1690026

旧亀岡家住宅

P1690016  二階から池を望む

P1690007床板に彫られた亀

.

P1690009_2  中村善右衛門の蚕当計

P1690011

繭雌雄選別機

P1690008

顕微鏡

2012年9月11日 (火)

花見山65分コースでコムラサキやホオズキの果実が色付く

P1680913 (2012.9.9)

色付いたコムラサキの果実

P1680900_2

色付いたホオズキの果実

福島市渡利にある花見山で、65分コースを散策すると紫色に色付いたコムラサキ(クマツズラ科)の果実やオレンジ色に色付いたホオズキ(ナス科)の果実がありました。

このコースではヨウシュヤマゴボウ(ヤマゴボウ科)とリンゴ(バラ科)の果実も色付いていましたが、サンシュユ(ミズキ科)の果実はまだ色が付いていませんでした。

このコースの頂上付近で福島市街地がよく見えていました。花見山公園はこい緑に包まれていました。

花見山公園にあるデショウジョウ(カエデ科)やノムラカエデ(カエデ科)の紅葉はまだ少し時間がかかりそうでした。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1680893 ヨウシュヤマゴボウの果実

P1680836 リンゴの果実

P1680921 サンシュユの果実

.

P1680825 65分コースから福島市街地を望む

P1680834_265分コースから 緑濃い花見山公園を望む

P1680908 花見山公園のデショウジョウとノムラカエデ

2012年9月10日 (月)

花見山65分コースでクサギやナツズイセンの花が咲く

P1680841 (2012.9.9)

クサギの花

P1680785_2 

ナツズイセンの花

福島市渡利にある花見山65分コースで、クサギ(ミカン科)やナツズイセン(ヒガンバナ科)の花が咲いていました。クサギ゙の花言葉は「運命、治療」で、ナツズイセンの花言葉は「くつろぎ、追想」です。

このコースを散策するとオミナエシ(オミナエシ科)、クズ(マメ科)、メマツヨイグサ(アカバナ科)、イタドリ(タデ科)、ヤブガラシ(ブドウ科)、カキツバタ(アヤメ科)、ケイトウ(ヒユ科)、サルスベリ(ミソハギ科)、ムクゲ(アオイ科)などの花も咲いていました。

お知らせ

花見山公園前観光案内所(ログハウス)に福島市観光ボランティアガイド・ふくしま花案内人が9月1日~12月16日の土曜日と日曜日の10時~14時に駐在して、花見山地区に咲いているお花などの情報をご案内しています。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1680810 オミナエシの花

P1680805 クズの花

P1680794 メマツヨイグサの花

.

P1680862 イタドリの花

P1680866 ヤブガラシの花

P1680869 カキツバタの花

.

P1680910 ケイトウの花

P1680925 サルスベリの花

P1680879 ムクゲの花

2012年9月 9日 (日)

福島市民家園で「おつきみ」のお供え物を飾る

P1680769_2 (2012,9.8)

「おつきみ」のお供え物を飾る

P1680771_2 

お月見だんごをいただいて食べる参加者たち

福島市上名倉にある福島市民家園で、「おつきみ」の行事が行われており、各民家の座敷にススキ、オミナエシ、シラヤマギクなどの花やさつま芋、里芋、人参、大根、梨など農作物と月見団子のお供え物が飾が飾られていました。

参加者は「おつきみ」のお話を聞いて、お月見だんごの接待を受けて、子供も大人も美味しそうに食べていました。「おつきみ」のお供え物が飾られた前で写真を撮る家族連れもいました。

園内にある水田では稲穂が黄金色に稔り、かかしがすずめに食べられないように見張っていました。

民家園の入口に「おつきみ行事」の案内掲示があり、園内には可愛いおじさんの絵が描かれた会場案内の立て看板がありました。展示館入口付近には縄ない機(稲わら縄を作る機械)や唐箕(とうみ、収穫した穀物の籾殻や藁屑を風によって選別する農具)がありました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1680772  写真を撮る家族連れ

P1680775 水田で黄金色に稔った稲穂とかかし

P1680781_3 おつきみ行事の案内掲示板

.

P1680777会場を案内する看板 のおじさん

P1680778_2 縄ない機

P1680779 唐箕(とうみ)

2012年9月 8日 (土)

福島市小鳥の森でツリフネソウ群生地に可愛い花が沢山咲く

P1680760 (2012.9.6)

群生地に咲くツリフネソウの花

P1680736_3   

アメリカイヌホウズキの花

P1680742

ネコハギの花

福島市山口にある福島市小鳥の森で、ツリフネソウ(ツリフネソウ科)群生地に赤紫色の可愛い花が沢山咲いていました。

この森ではアメリカイヌホウズキ(ナス科)やネコハギ(マメ科)の白色の可愛い花が咲き、シラヤマギク(キク科)、キツネノカミソリ(ヒガンバナ科)、コバギボウシ(ユリ科)、ノハラアザミ(キク科)などの花も咲いていました。草むらにはカマキリの成虫がいました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1680759 ツリフネソウの花

P1680725_2  シラヤマギクの花

P1680747 キツネノカミソリの花

.

P1680730 コバギボウシの花

P1680753 ノハラアザミの花

P1680733 カマキリの成虫

2012年9月 7日 (金)

荒井の花畑で、アスター・シャギーブルーやコスモスの花が咲く

P1680552 (2012.9.3)

アスター・シャギーブルーの花

P1680556

八重咲アサガオの花

P1680543

コスモスの花

福島市荒井にある佐藤芳男邸の花畑「花のまちチャレンジ認定ガーデン」で、アスター・シャギーブルー(キク科)、アスター・シャギーピンク(キク科)、アスター・シャギーホワイト(キク科)、アスター・シャギーイエロウ(キク科)、八重咲アサガオ(ヒルガオ科)、サルビア(シソ科)、セキチク(ナデシコ科)などの花が元気よく咲いていました。コスモス(キク科)の花も咲き始めていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1680553 アスター・シャギーピンクの花

P1680554 アスター・シャギーホワイト(左)とアスター・シャギーイエロウの花

P1680538八重咲アサガオの花

.

P1680537 八重咲アサガオの花

P1680542 サルビアの花

P1680551セキチクの花 

2012年9月 6日 (木)

カツラが黄葉し、ナナカマドが紅葉する

P1680644 (2012.9.3)

カツラの黄葉

P1680663_2 

ナナカマドの紅葉

福島市佐原にあるあづま総合運動公園でカツラ(カツラ科)が黄葉していました。この木には可愛い果実がみのっていました。この公園ではエノキ(ニレ科)が黄葉し、サクラ(バラ科)も紅葉が始まっていました。

福島市荒井にある国道115号の歩道に街路樹として植栽されているナナカマド(バラ科)が一部紅葉していました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1680562 カツラの黄葉

P1680655 カツラの黄葉

P1680646 カツラの果実

.

P1680578

エノキの黄葉

P1680613

サクラの紅葉

P1680667 ナナカマドの紅葉

2012年9月 5日 (水)

荒井の畑で白いソバの花が満開に咲く

P1680679 (2012.9.3)

荒井にある畑で白いソバの花が満開

P1680662_2

クズの花

福島市荒井にある畑で、白いソバ(タデ科)の花が満開に咲いていました。近くでクズ(マメ科)の花も咲いていました。ソバの花言葉は「懐かしい思い出、あなたを救う」で、クズの花言葉は「活力、芯の強さ」です。

近くでアサガオ(ヒルガオ科)の花が咲き、ソバ畑の隣の畑でコンニャク(サトイモ科)が元気よく生育していました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1680681 白い花が咲いたソバ畑

P1680676 ソバの花

P1680682 ソバの花

.

.

P1680660 クズの花

P1680688 アサガオの花

P1680685 畑で生育するコンニャク

2012年9月 4日 (火)

東鉢山七曲りの駐車場から磐梯山と桧原湖を望む

P1680517 (2012.9.1)

東鉢山七曲り駐車場から磐梯山と桧原湖を望む

P1680495

白布西国33観音

福島県北塩原村にある県道2号スカイバレーの東鉢山七曲り駐車場から雄大な磐梯山と美しい桧原湖がよく見えいました。駐車場の近くではススキ(イネ科)の穂がなびき、ヨツバヒヨドリ(キク科)やヨモギ(キク科)の花が咲いていました。

米沢市関にある白布西国33観音を訪ねました。この観音様は白布温泉の東屋24代当主が石工と共に西国33観音を巡礼し、分霊をうけ、1729年(享保14年)に建立しました。この観音様に歴代の上杉藩主も参詣したといわれています。

白布温泉から県道2号スカイバレーを桧原湖方面に進むと途中に最上川源流の碑がありました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1680512_2 磐梯山

P1680507 桧原湖

P1680508 ヨツバヒヨドリの花

.

P1680510_2 ヨモギの花

P1680506 最上川源流の碑(右)

P1680493白布 西国33観音の仏像

.

P1680494_2 白布西国33観音の仏像

P1680498 白布西国33観音近くの仏像

P1680499

白布 西国33観音近くの仏像

2012年9月 3日 (月)

天元台高原の草原で遊ぶ子供たち

P1680462_2   (2012.9.1)

天元台高原の草原で遊ぶ子供たち

P1680422

パノラマ展望台から朝日連峰方面を望む

米沢市白布温泉にある天元台高原を訪ねました。この高原は標高1,350mで、平地に比べて気温が低く爽やかでした。子供たちが虫を取りに元気よく走りまわっていました。パノラマ展望台から朝日連峰の方向を望むと雄大な山並みが見えていました。

この天元台高原にはロープウエイで登り、空中庭園やパノラマ展望台を訪ねました。この天元台高原ではヒオウギズイセン(モントブレチア、アヤメ科)、ノコンギク(キク科)、ヤマハハコ(キク科)、リンドウ(リンドウ科)、ムシトリナデシコ(ナデシコ科)、セイタカアワダチソウ(キク科)、イタドリ(タデ科)、ルドベキア(キク科)、ブタナ(キク科)などの花が咲き、ブタナには綿毛も付いていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1680420_2 天元台ロープウエイ

P1680431_2 空中庭園

P1680459_2 草原で憩う家族連れ

.  

P1680428 ヒメオウギズイセンの花.

P1680453 ノコンギクの花

P1680450_2 ヤマハハコの花

.  

P1680455 リンドウの花

P1680433 ムシトリナデシコの花

P1680457セイタカアワダチソウの花

.

P1680449 イタドリの花

P1680444 ルドベキアの花

P1680436_2 ブタナの花と綿毛

2012年9月 2日 (日)

大森にある住宅の庭でサルスベリやバラの花が咲く

P1680344 (2012.8.30)

サルスベリの花

P1680343

バラの花

P1680370

カツラの黄葉

福島市大森にある住宅の庭で、サルスベリ(ミソハギ科)やバラ(バラ科)の花が元気よく咲いていました。サルスベリの花言葉は「敬愛、潔白」で、バラの花言葉は「愛、恋、幸福」です。

福島市永井川にある福島県赤十字血液センターの入口付近で、カツラ(カツラ科)の葉が黄色く色付き黄葉していました。近くでヒマワリ(キク科)の花が咲いていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1680345 サルスベリの花

P1680341 バラの花

P1680372_2 ヒマワリの花

2012年9月 1日 (土)

大森にある住宅の庭で、チェリーセイジやメドーセイジの花が咲く

P1680353_2 (2012.8.30)

チェリーセイジの花

P1680352

メドーセイジの花

福島市大森にある住宅の庭で、チェリーセイジ(サルビア・ミクロフィラ、シソ科)やメドーセイジ(サルビア・ガラニチカ、シソ科)の花が咲いていました。チェリーセイジの花言葉は「燃える思い、知恵、尊重」で、メドーセイジの花言葉は「全て良し、エネルギー、良い家庭」です。

近くでタカサゴユリ(ホソバテッポウユリ、ユリ科)やキクイモモドキ?(キク科)の花も咲いていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1680347 チェリーセイジの花

P1680346_3タカサゴユリの花

P1680350 キクイモモドキ?の花

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ