« 福島市小鳥の森でコナラの樹液を吸うカブトムシとカナブン | トップページ | 松川浦大橋近くにある3・11東日本大震災の津波で破壊された建物 »

2012年8月17日 (金)

JR常磐線の元新地町駅近くで、踏切のレールだけが残る

P1670618 (2012.8.12)

元新地町駅近くの常磐線踏切とレールが無くなった線路(相馬方面)

P1670609

新地町埒浜で津波に流されないで残った松の木が枯れる

P1670620 

3・11東日本大震災で発生したがれきを堆積した山

福島県新地町にあったJR常磐線のレールと新地町駅の建屋や列車が3・11東日本大震災の津波で流されて、残骸が撤去され、踏み切りのレールだけ残されていました。

このJR常磐線は駒ケ嶺駅(福島県新地町)と浜吉田駅(宮城県亘理町)の間が現行より内陸に1km移設して建設することが決まっています。

新地町駅には地震発生時に列車が到着していましたが、乗客が直ぐに下車して、津波が襲ってくる前に新地町役場に逃げて、危機一髪のところで全員助かったとのニュースが当時テレビで放映されていました。

近くの埒浜地区は津波で全ての建物が流失しており、流されないで残っている松の木が赤茶色になり、枯れているようでした。

元新地町駅近くの土地には3・11東日本大震災で発生したがれきが運び込まれて、大きながれきの山が沢山作られていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1670617元新地町駅近くの常磐線踏切とレールが無くなった線路(仙台方面)

P1670612 津波で全ての建屋が流された埒浜地区

P1670622_2元新地町駅近くにあるがれき置き場

« 福島市小鳥の森でコナラの樹液を吸うカブトムシとカナブン | トップページ | 松川浦大橋近くにある3・11東日本大震災の津波で破壊された建物 »

相馬・双葉・いわき」カテゴリの記事

地震・原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR常磐線の元新地町駅近くで、踏切のレールだけが残る:

« 福島市小鳥の森でコナラの樹液を吸うカブトムシとカナブン | トップページ | 松川浦大橋近くにある3・11東日本大震災の津波で破壊された建物 »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ