« JR常磐線の元新地町駅近くで、踏切のレールだけが残る | トップページ | 福島県庁前の阿武隈川で灯篭流し(2012) »

2012年8月18日 (土)

松川浦大橋近くにある3・11東日本大震災の津波で破壊された建物

P1670593 (2012.8.12)

3.11大震災の津波で破壊された建物(左奥の橋は松川浦大橋)

P1670592

3.11大震災の津波で破壊された建物(右奥の橋は松川浦大橋)

P1670600

破壊された 相双魚協相馬原釜支所の建物

相馬市尾浜にある松川浦大橋の近くに、3・11東日本大震災の津波で破壊された建物がそのままの状態でありました。2階部分は残っていますが、1階部分は柱を残すだけで全てが破壊され持ち去られていました。

松川浦漁港にある相双魚協相馬原釜支所の建物は津波で破壊されており、コンクリートの枠組みを残すだけで、1階と2階の全ての壁や窓枠などが破壊され持ち去られていました。近くにがれきが堆積されていました。

原釜・尾浜海水浴場近くにあった建物は3・11東日本大震災の津波で全て破壊され持ち去られて、コンクリートの基礎部分だけが残る跡地には草が生えていました。津波で傾いていた海水浴場の白いトイレは傾いた部分が撤去さて?、正常な姿になっていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1670599津波で破壊された建物と堆積されたがれきがある松川浦漁港の一角 P1670604 

松川浦漁港にあるがれき置き場P1670607 

笠岩公園の脇から原釜・尾浜海水浴場方面を望む(白い建物は海水浴場のトイレ

« JR常磐線の元新地町駅近くで、踏切のレールだけが残る | トップページ | 福島県庁前の阿武隈川で灯篭流し(2012) »

相馬・双葉・いわき」カテゴリの記事

地震・原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« JR常磐線の元新地町駅近くで、踏切のレールだけが残る | トップページ | 福島県庁前の阿武隈川で灯篭流し(2012) »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ