« 雄国沼湿原でニッコウキスゲ、サワラン、トキソウの花が咲く | トップページ | 立木千手観音・恵隆寺で、黄色いモクゲンジの花が咲く »

2012年7月16日 (月)

65,000kwの地熱発電所・柳津西山地熱発電所を訪ねる

P1650863(2012.7.14)
柳津西山地熱発電所冷却塔(左)と発電所本館(右)

P1650876
柳津西山地熱発電所冷却塔(右)と発電所本館(左)

P1650855
柳津西山地熱発電所PR館

柳津町大字黒沢にある東北電力・柳津西山地熱発電所PR館を訪ねました。

この発電所は地中のマグマで高温になった約200℃~350℃の熱水を井戸(地下1,500~2,600mの生産井)からくみ出し、その熱水から取り出した蒸気でタービンを回して発電しています。1995年5月に運転を開始し、定格出力65,000kwで、約10万世帯の一般家庭が消費する電力を賄うことが出来るそうです。発電所は無人で運転されており、必要に応じて秋田火力発電所から遠隔操作されています

参考:日本における地熱発電の総容量は53万kw(2010年)です。郡山布引高原風力発電所は風車33基、出力65,980kwです

この発電所の構内にはガクアジサイ(アジサイ科)、ラベンダー(シソ科)、ギボウシ(ユリ科)の花が咲いていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1650868ガクアジサイの花

P1650869_3ラベンダーの花

P1650870ギボウシの花

« 雄国沼湿原でニッコウキスゲ、サワラン、トキソウの花が咲く | トップページ | 立木千手観音・恵隆寺で、黄色いモクゲンジの花が咲く »

会津、裏磐梯、喜多方」カテゴリの記事

史跡・文化財」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 65,000kwの地熱発電所・柳津西山地熱発電所を訪ねる:

« 雄国沼湿原でニッコウキスゲ、サワラン、トキソウの花が咲く | トップページ | 立木千手観音・恵隆寺で、黄色いモクゲンジの花が咲く »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ