« ネムノキの花やクチナシの葉にクロアゲハチョウが飛来 | トップページ | 荒井で、グラジオラス、カサブランカ、八重咲きアサガオの花が咲く »

2012年7月26日 (木)

コナラの幹にオオムラサキとコクワガタの成虫がとまる

P1660377_3(2012.7.23)
コナラの幹にとまったオオムラサキとコクワガタの成虫

P1660399_2
コナラの幹にとまったオオムラサキの成虫(♀)

P1660385_3
コナラの幹にとまったコクワガタの成虫

福島市佐原でコナラ(ブナ科)の幹にオオムラサキ(♀、タテハチョウ科)とコクワガタ(クワガタムシ科)の成虫がとまっていました。

オオムラサキは美しく、タテハチョウ科では最大級の種類で、国蝶です。

近くにカナブン(コガネムシ科)の成虫やシュレーゲルガエル(アオガエル科)がいました。シュレーゲルガエルは虹彩が黄色で、足の指先に吸盤があります。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1660378_3コナラの幹にとまったオオムラサキの成虫

P1660382_2コナラの幹にとまったオオムラサキの成虫

P1660389_3コナラの幹にとまったオオムラサキの成虫

P1660387コナラの幹にとまったオオムラサキとコクワガタの成虫

P1660364_2カナブンの成虫

P1660366_2シュレーゲルガエル

« ネムノキの花やクチナシの葉にクロアゲハチョウが飛来 | トップページ | 荒井で、グラジオラス、カサブランカ、八重咲きアサガオの花が咲く »

昆虫」カテゴリの記事

あづま総合運動公園・民家園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コナラの幹にオオムラサキとコクワガタの成虫がとまる:

« ネムノキの花やクチナシの葉にクロアゲハチョウが飛来 | トップページ | 荒井で、グラジオラス、カサブランカ、八重咲きアサガオの花が咲く »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ