« 木道が更新された「きぼっこの森」で、ヤマツツジやズミの花が咲く | トップページ | 東日本大震災の津波で流失した六角堂が復元再建された »

2012年6月 4日 (月)

福島市小鳥の森で、サンコウチョウやキビタキの鳴声を聞く

P1630911(2012.6.3)
福島市小鳥の森でサンコウチョウの声を聞く参加者たち

P1630908

巣箱で生まれたヤマガラ・幼鳥のライブ映像

P1630909_2
どんぐりから発芽して成長しているクヌギの幼木

福島市山口にある福島市小鳥の森で、ショートフィールドトリップ「サンコウチョウの鳴き声を聞こう」が開催されて、細井レンジャーの案内で森に入り、サンコウチョウ(カササギヒタキ科)の鳴き声を聞くことが出来ました。
サンコウチョウの雄には長い尾羽がありますが、繁殖期を迎えており「ツキ、ヒ、ホシ、ホイホイホイ」と盛んに鳴いていました。この森ではキビタキ(ヒタキ科)、ヤブサメ(ウグイス科)、ヒヨドリ(ヒヨドリ科)なども賑やかに鳴いていました。

ネイチャーセンターにはヤマガラ(シジュウカラ科)の巣箱の中が見えるライブ映像があり、誕生したばかりの幼鳥の様子を見ることが出来ました。

このセンターの机の上では、どんぐりから発芽して、成長しているクヌギ(ブナ科)の幼木がありました。

この森ではガマズミ(スイカズラ科)、エゴノキ(エゴノキ科)、ノイバラ(バラ科)、コウゾ(クワ科)、ニガナ(キク科)、ブタナ(キク科)、アカツメクサ(マメ科)、ハルジオン(キク科))などの花が咲いており、アマドコロ(ユリ科)は花が終わって果実(果実の先に花殻が付く)になっていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1630934_2ガマズミの花

P1630928エゴノキの花

P1630950ノイバラの花

.

P1630949コウゾの雌花

P1630923ニガナの花.

P1630918ブタナの花

.

.

P1630919アカツメクサの花

P1630940ハルジオンの花

P1630946アマドコロの果実(果実の先に花殻が付く)

« 木道が更新された「きぼっこの森」で、ヤマツツジやズミの花が咲く | トップページ | 東日本大震災の津波で流失した六角堂が復元再建された »

福島市小鳥の森」カテゴリの記事

イベント」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島市小鳥の森で、サンコウチョウやキビタキの鳴声を聞く:

« 木道が更新された「きぼっこの森」で、ヤマツツジやズミの花が咲く | トップページ | 東日本大震災の津波で流失した六角堂が復元再建された »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ