« ナシ畑で、木の樹皮を洗浄 | トップページ | 伊達政宗の父・輝宗が拉致された宮森城址を訪ねる »

2012年3月18日 (日)

信夫山公園に立つ大島要三の銅像

P1580918_2(2012.3.14)

福島市信夫山公園に、大島要三の銅像がありました。大島要三(1859年~1932年)は福島電灯会社など県内の多くの会社を経営し、福島商工会議所会頭を務めました。また福島競馬開設に力をつくし、福島競馬倶楽部会頭も務めました。福島市議会議員や衆議院議員として政治の分野でも活躍しました。この銅像は信夫山公園から福島競馬場方面を見据えています。

福島競馬場は東北地方唯一のJRA競馬場です。東日本大震災で甚大な被害を受けましたが、復旧工事が3月末までに完了し、4月7日から福島競馬が再開されます。

信夫山公園には駐車場があり、階段や遊歩道がよく整備されています。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1580929信夫山公園内の階段

P1580928信夫山公園内の階段

P1580927信夫山公園周辺の道路

« ナシ畑で、木の樹皮を洗浄 | トップページ | 伊達政宗の父・輝宗が拉致された宮森城址を訪ねる »

信夫山・岩谷観音・古関裕而記念館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信夫山公園に立つ大島要三の銅像:

« ナシ畑で、木の樹皮を洗浄 | トップページ | 伊達政宗の父・輝宗が拉致された宮森城址を訪ねる »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ