« 飯野町明治にある大日岩を訪ねる | トップページ | 給餌しているリンゴを食べに飛来したシロハラとメジロ »

2012年2月25日 (土)

精巧な彫刻が施された篠葉沢稲荷神社の本殿

P1580164_3(2012.2.21)

福島市立子山にある篠葉沢稲荷神社を訪ねました。この神社の本殿は明治30年(1897)に竣工し、一間社流造という神社本殿建築中一番優れた様式で、屋根に反りが有り、前流れが長く美い、随所に精巧な彫刻が施されており「彫刻の社」として有名です。

この神社は正長元年(1428)に創建され、祭神が倉稲魂命で、産業振興、商売繁盛の守り神で、安産守護のご神徳が古くから有名です。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1580165篠葉沢稲荷神社の本殿

P1580152本殿左上側面の彫刻

P1580160本殿右上側面の彫刻

.


P1580155
本殿後面の彫刻

P1580147_2篠葉沢稲荷神社の拝殿

P1580146篠葉沢稲荷神社の鳥居

« 飯野町明治にある大日岩を訪ねる | トップページ | 給餌しているリンゴを食べに飛来したシロハラとメジロ »

立子山近辺」カテゴリの記事

史跡・文化財」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 精巧な彫刻が施された篠葉沢稲荷神社の本殿:

« 飯野町明治にある大日岩を訪ねる | トップページ | 給餌しているリンゴを食べに飛来したシロハラとメジロ »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ