« 信夫山の道路脇にあるコマツナギの果実 | トップページ | 雪に覆われた逢瀬公園で、ソメイヨシノの開花標準木が春を待つ »

2012年2月15日 (水)

福島市小鳥の森でクロモジの冬芽(葉芽と花芽)が春を待つ

P1570873(2012.2.14)

福島市山口にある福島市小鳥の森で、クロモジの冬芽(中央:葉芽、両側:花芽)が春の訪れを待っていました。この葉芽は紡錘形で、芽鱗に包まれた鱗芽です。

この森にはムラサキシキブの冬芽(裸芽)、モミジイチゴの冬芽(鱗芽)、コシアブラの冬芽(鱗芽)と葉痕、ヤマウルシの冬芽(裸芽)と葉痕、アジサイの冬芽(裸芽)と葉痕、ショウジョウバカマの花芽、シュンランの花芽、ジャノヒゲの果実がありました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1570871クロモジの冬芽(中央:葉芽、両側:花芽)

P1570876_2ムラサキシキブの冬芽(裸芽)

P1570886モミジイチゴの冬芽(燐芽)

.

P1570905コシアブラの冬芽(鱗芽)と葉痕

P1570918ヤマウルシの冬芽(裸芽)と葉痕

P1570894_2アジサイの冬芽(裸芽)と葉痕

.

P1570925ショウジョウバカマの花芽

P1570885シュンランの花芽

P1570874_3ジャノヒゲの果実

« 信夫山の道路脇にあるコマツナギの果実 | トップページ | 雪に覆われた逢瀬公園で、ソメイヨシノの開花標準木が春を待つ »

福島市小鳥の森」カテゴリの記事

果実」カテゴリの記事

冬芽、葉痕」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島市小鳥の森でクロモジの冬芽(葉芽と花芽)が春を待つ:

« 信夫山の道路脇にあるコマツナギの果実 | トップページ | 雪に覆われた逢瀬公園で、ソメイヨシノの開花標準木が春を待つ »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ