« 紅白ナンテンの帽子をかぶったような果実 | トップページ | 福島市小鳥の森でクロモジの冬芽(葉芽と花芽)が春を待つ »

2012年2月14日 (火)

信夫山の道路脇にあるコマツナギの果実

P1570834_3(2012.2.10)

福島市信夫山の雪が残る道路脇にコマツナギ(マメ科)の果実がありました。近くにトキリマメ(マメ科)やシュロウ(ヤシ科)の果実もありました。また近くでハリエンジュ(ニセアカシア、マメ科))の葉痕やヒトツバダコ(ナンジャモンジャ、モクセイ科)の冬芽と葉痕を観察することが出来ました。ハリエンジュの葉痕は中央が盛り上り、三つに裂けており、オオカミの顔のように見えました。この冬芽(隠芽)は葉痕の下に隠れています。

福島市大森にある住宅の庭で、モッコク(ツバキ科)、アオキ(ミズキ科)、マサキ(ニシキギ科)、サザンカ(ツバキ科)の冬芽を観察することが出来ました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1570833コマツナギの果実

P1570832トキリマメの果実

P1570765_5シュロウの果実

.

P1570840_2ハリエンジュの葉痕

P1570842ヒトツバダコの冬芽と葉痕

P1570667モッコクの冬芽

.

.

P1570661_2アオキの冬芽

P1570648マサキの冬芽 

P1570676_3サザンカの冬芽

.

« 紅白ナンテンの帽子をかぶったような果実 | トップページ | 福島市小鳥の森でクロモジの冬芽(葉芽と花芽)が春を待つ »

信夫山・岩谷観音・古関裕而記念館」カテゴリの記事

果実」カテゴリの記事

冬芽、葉痕」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信夫山の道路脇にあるコマツナギの果実:

« 紅白ナンテンの帽子をかぶったような果実 | トップページ | 福島市小鳥の森でクロモジの冬芽(葉芽と花芽)が春を待つ »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ