« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

五大院不動尊御縁日の祈祷法要にお参り

P1580369(2012.2.28)

福島市飯坂町にある東聖山醫王寺 五大院で、五大院不動尊御縁日の祈祷法要が護摩を焚いて行われていました。

この日、観光ボランティアガイド・ふくしま花案内人に皆さんとこの祈祷法要にお参りし、だんご汁のお接待を頂きながら、住職から五大院開山創立の由来や書聖・龍禅子のお話を聞いて研修しました。

龍禅子の書「識分知足」の額が部屋に架かっていました。龍禅子はこの五大院で生まれた方で、16歳で仏門に入り、幼小より書道に精進し、入木道第四十六世を相承し、岩手県平泉の中尊寺金堂の標柱を書いた事で有名です。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1580377護摩を焚きながら行われる祈祷法要

P1580374住職からお話を聞くふくしま花案内人の皆さん

P1580383龍禅子の書

2012年2月28日 (火)

雪に覆われた不倒堂前の庭園と赤い小枝が美しいサンゴカク

P1580356(2012.2.26)

福島市渡利にある花見山公園に雪が沢山積り、不倒堂前の庭園がすっかり雪に覆われており、このお堂の脇にあるサンゴカクの赤い小枝が美しく目を引いていました。

レンギョウ畑脇の遊歩道は一面雪に覆われ、頂上展望台付近も一面雪景色のなっていました。

頂上展望台から白い雪に覆われた美しい福島市街地を望む事が出来ました。

この公園入口ににある「花見山公園」の石碑脇に「花見山公園養生のお知らせ」の看板が立てられており、花木畑養生のため、3月1日より入園が出来なくなります。長い間、花木畑を公園として無料で開放していただいたことに心から感謝し、お礼申し上げます。これからも綺麗な花は変りなく咲くと思いますので、周辺道路から見せていただきたいと思います。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1580355_2赤い小枝が美しいサンゴカク

P1580332雪に覆われたレンギョウ畑脇の遊歩道

P1580340_2雪に覆われた頂上展望台付近

.

P1580336頂上展望台から福島市街地を望む

P1580270花見山公園入口付近

P1580269花見山公園養生のお知らせ

2012年2月27日 (月)

花見山公園でロウバイの花が見頃

P1580312_2(2012.2.26)

福島市渡利にある花見山公園で、ソシンロウバイ(ロウバイ科)の黄色い花が沢山咲いて見頃を迎えており、良い香りが漂っていました。ロウバイ(ロウバイ科)の花も沢山咲いていました。ソシンロウバイの花は芯まで黄色ですが、ロウバイの花は芯が茶褐色です。

マンサク(マンサク科)やウメ(バラ科)の花も咲き始めていました。

ジュウガツザクラは花数が少なくなっていましたが、昨年9月から咲き続けています。

ワビスケ(ツバキ科)は蕾が膨らみ、紅色の花弁がのぞいていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1580316ソシンロウバイの花

P1580282ロウバイの花

P1580292マンサクの花

.

.

P1580354ウメの花

P1580342ジュウガツザクラの花

P1580290ワビスケの蕾

2012年2月26日 (日)

給餌しているリンゴを食べに飛来したシロハラとメジロ

P1580170(2012.2.22)

シロハラ

P1580180メジロ

福島市山口にある福島市小鳥の森ネイチャーセンター前に給餌しているリンゴの果実を食べにシロハラ(ツグミ科)やメジロ(メジロ科)が飛来していました。

近くの木の枝にカワラヒワ(アトリ科)がとまっていました。

ネイチャーセンター前の道路に積もった雪が硬くアイスバーンになり、滑りやすくなっていました。

園内の雑木林には雪が残っていましたが、カワラヒワやシジュウカラ(シジュウカラ科)のさえずる声が聞えていました。

コナラ(ブナ科)の木の幹に大きなスズメバチの巣が付いていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1580169リンゴを食べに飛来したシロハラ

P1580179_2リンゴを食べに飛来したメジロ

P1580176_2小枝にとまるカワラヒワ

.

P1580181雪が積もったネイチャーセンター前の道路

P1580174_2雪が残っている雑木林

P1580172コナラの幹に付いているスズメバチの巣

2012年2月25日 (土)

精巧な彫刻が施された篠葉沢稲荷神社の本殿

P1580164_3(2012.2.21)

福島市立子山にある篠葉沢稲荷神社を訪ねました。この神社の本殿は明治30年(1897)に竣工し、一間社流造という神社本殿建築中一番優れた様式で、屋根に反りが有り、前流れが長く美い、随所に精巧な彫刻が施されており「彫刻の社」として有名です。

この神社は正長元年(1428)に創建され、祭神が倉稲魂命で、産業振興、商売繁盛の守り神で、安産守護のご神徳が古くから有名です。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1580165篠葉沢稲荷神社の本殿

P1580152本殿左上側面の彫刻

P1580160本殿右上側面の彫刻

.


P1580155
本殿後面の彫刻

P1580147_2篠葉沢稲荷神社の拝殿

P1580146篠葉沢稲荷神社の鳥居

2012年2月24日 (金)

飯野町明治にある大日岩を訪ねる

P1580143(2012.2.21)

大日岩

P1580140_2

大日岩脇にある花崗岩をうがって流れる阿武隈川

福島市飯野町明治にある大日岩(県指定名勝天然記念物)を訪ねました。この大日岩は岩の上部が大日如来像に見えることから、この名が付いたそうです。この岩の下には百畳ほどの石の舞台があります。

この大日岩の脇には硬い花崗岩をうがって流れている阿武隈川があり、中流域ですが深山渓谷の様な絶景を生み出しています。

この大日岩の脇では大きな木が岩に張り付いて、岩の割れ目に根を伸ばし、たくましく生育していました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1580141_2大日岩脇の阿武隈川

P1580142阿武隈川の流れ

P1580144_2岩の割れ目に根を伸ばす木

2012年2月23日 (木)

ハシブトガラス2羽が木の枝にとまり、お話をしているよう

P1580037(2012.2.18)

福島市佐原にあるあづま総合運動公園のトリムの森近くの木の枝にハシブトガラス(カラス科)が2羽とまり、お話をしているようでした。

近くの雪に覆われた公園の中を流れる小川の一部に氷が張り、その上にも雪が積もっていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1580036ハシブトガラスのささやき?(もしもし---)

P1580034ハシブトガラスのささやき?(何かごようですかーー)

P1580038ハシブトガラスのささやき?(なかよくしようねーー)

P1580030園内を流れる小川

P1580031園内を流れる小川

P1580033_3園内流れる小川

2012年2月22日 (水)

「第5回飯野つるし雛まつり」を訪ねる

P1580111_2(2012.2.21)

福島市飯野町で開催されている「第5回飯野つるし雛まつり」を訪ねました。手作りサークル和楽の展示会場には創作つるし雛や手作り雛人形がところせましと並んでいました。

飯野学習センターにはつるし雛と可愛い日本人形や豪華な七段飾り雛人形が展示されており、雛であい館の展示会場にはつるし雛や五段飾り木目込み雛人形が展示されていました。加登屋旅館の玄関にもつるし雛や可愛い雛人形が飾られていました。

このつるし雛まつりは町内51ヶ所の会場で展示されており、気軽に見せていただく事が出ます。このまつりは3月4日まで開催されています。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1580112手作りサークル和楽の展示会場

P1580115_2手作り人形「おふく」

P1580117手作り雛人形

.

.

P1580099飯野学習センターの展示会場

P1580103日本人形

P1580100_2七段飾りの雛人形

.

P1580124雛であい館の展示会場

P1580127五段飾り木目込み雛人形

P1580107加登屋旅館の展示

2012年2月21日 (火)

朝日舘跡から信夫山方面を望む

P1580044(2012.2.18)

福島市上鳥渡にある朝日舘跡から信夫山方面を望む。写真の中央奥に見える山が信夫山で、その右が福島駅周辺のビル街です。この朝日舘跡は福島盆地を北方に見下ろせる要塞の地で、三方に急な崖があって、古い型の山城の特色を持った場所です。この地は信夫小太郎という飯坂大鳥城主佐藤基治一族の子孫が守っていたと伝えられており、文治5年(1189)の石名坂の戦いで、源頼朝に滅ぼされた大鳥城の佐藤一族が戦いの後もこの地に残されていたと伝えられています。

この朝日舘跡から福島市中心市街地や南福島地区(大森、大平寺など)の住宅街もよく見えていました。

この朝日舘跡には石碑が建っていました。この舘跡の麓には日吉神社(山王さん)や朝日舘公園があります。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1580046朝日舘跡から福島市中心街を望む

P1580049朝日舘跡から大森など南福島地区を望む

P1580039朝日舘跡に建つ石碑

2012年2月20日 (月)

公園にソーラーパネルを組み込んだ空間放射線量率測定器

P1580064(2012.2.19)

福島市上鳥渡にあるしのぶ台サンタウンの公園にソーラーパネルを組み込んだ空間放射線量率測定器が設置されされていました。この測定器は24時間連続してし、測定値をパネルに表示していて、その場で数値を知ることが出来ます。この時0.474マイクロシーベルト/時が表示されていました。

このソーラーパネルを組み込んだ空間放射線量率測定器は福島市山口にある新山霊園事務所の駐車場にも設置されていました。この時1.642マイクロシーベルト/時が表示されていました。この辺りには一部雪が残っていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1580063信夫台サンタウンの公園に設置されたソーラーパネルを組み込んだ空間放射線量率測定器

P1580010_2新山霊園事務所の駐車場に設置された空間放射線量率測定器

P1580011_2新山霊園事務所入口付近の景色

2012年2月19日 (日)

あづま総合運動公園に設置されている放射線モニタリングポスト

P1580024(2012.2.18)

福島市佐原にあるあづま総合運動公園のトリムの森近くに、文部科学省が設置した「可搬型放射線モニタリングポスト」がありました。ここで測定された放射線量率は現場に表示されていませんでしたが、リアルタイムで文部科学省のホームページで「可搬型モニタリングポスによる福島県における空間線量率(高さ1m)」として公開していました。

この放射線モニタリングポストの周辺は一面雪に覆われていました。

文部科学省のホームページ  http://www.r-monitor.jp/

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1580022可搬型放射線モニタリングポスト

P1580027_4周辺が雪に覆われたモニタリングポスト

P1580028モニタリング周辺の雪景色

2012年2月18日 (土)

あぶくま親水公園の広場で羽を休めるオナガガモとオオハクチョウ

P1570986_3(2012.2.17)

福島市岡部にあるあぶくま親水公園の広場で、オナガガモ(カモ科)とオオハクチョウ(カモ科)がそれぞれの集団を作って、羽を休めていました。

オナガガモの一部は阿武隈川の水面でも羽を休めていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1570991公園の広場で羽を休めるオナガガモとオオハクチョウ(奥に見える煙突はあぶくまクリーンセンター)

P1570986_4公園の広場で羽を休めるオナガガモ

P1570996オナガガモ

.

.

P1570989公園の広場で羽を休めるオオハクチョウ

P1570993_2オオハクチョウ

P1580003阿武隈川の水面で羽を休めるオナガガモ

2012年2月17日 (金)

小菊やストックの花束が店頭に並ぶ

P1570933(2012.2.16)

福島市矢野目にあるイオン福島店で、綺麗な切り花が沢山花束にされて店頭に並んでいて、ここには一足早く春が来たようでした。

このお店にある花束には小菊(キク科)、ストック(アブラナ科)、キンセンカ(キク科)、スイートピー(マメ科)、スイセン(ヒガンバナ科)、チューリップ(ユリ科)、カーネーション(ナデシコ科)、オンシジュウム(ラン科)、アストロメリア(ユリ科)などの花がありました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1570951小菊

P1570940_2ストック

P1570950キンセンカ

.

P1570961スイートピー

P1570968スイセン

P1570955_2チューリップ

.

.

P1570956カーネーション

P1570969オンシジュウム

P1570935_2アストロメリア

2012年2月16日 (木)

雪に覆われた逢瀬公園で、ソメイヨシノの開花標準木が春を待つ

P1570531(2012.2.5)

郡山市逢瀬町河内にある雪に覆われた逢瀬公園にソメイヨシノ(サクラ、バラ科)の開花標準木がありました。この木の小枝には芽鱗に包まれた冬芽(燐芽)があり、春の訪れを待ていました。

この公園の入口付近の橋や遊歩道、本館付近の遊歩道や中央広場はすっかり雪に覆われていました。

この公園の無料休憩所には木工クラフトの可愛い作品が沢山展示されていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1570525ソメイヨシノの小枝

P1570529_2ソメイヨシノの冬芽(鱗芽)

P1570512公園口付近の橋

.

P1570511公園入口付近の遊歩道

P1570532本館付近の遊歩道

P1570613雪に覆われた中央広場

.

P1570533木工クラフトの作品

P1570534_2木工クラフトの作品

P1570538木工クラフトの作品

2012年2月15日 (水)

福島市小鳥の森でクロモジの冬芽(葉芽と花芽)が春を待つ

P1570873(2012.2.14)

福島市山口にある福島市小鳥の森で、クロモジの冬芽(中央:葉芽、両側:花芽)が春の訪れを待っていました。この葉芽は紡錘形で、芽鱗に包まれた鱗芽です。

この森にはムラサキシキブの冬芽(裸芽)、モミジイチゴの冬芽(鱗芽)、コシアブラの冬芽(鱗芽)と葉痕、ヤマウルシの冬芽(裸芽)と葉痕、アジサイの冬芽(裸芽)と葉痕、ショウジョウバカマの花芽、シュンランの花芽、ジャノヒゲの果実がありました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1570871クロモジの冬芽(中央:葉芽、両側:花芽)

P1570876_2ムラサキシキブの冬芽(裸芽)

P1570886モミジイチゴの冬芽(燐芽)

.

P1570905コシアブラの冬芽(鱗芽)と葉痕

P1570918ヤマウルシの冬芽(裸芽)と葉痕

P1570894_2アジサイの冬芽(裸芽)と葉痕

.

P1570925ショウジョウバカマの花芽

P1570885シュンランの花芽

P1570874_3ジャノヒゲの果実

2012年2月14日 (火)

信夫山の道路脇にあるコマツナギの果実

P1570834_3(2012.2.10)

福島市信夫山の雪が残る道路脇にコマツナギ(マメ科)の果実がありました。近くにトキリマメ(マメ科)やシュロウ(ヤシ科)の果実もありました。また近くでハリエンジュ(ニセアカシア、マメ科))の葉痕やヒトツバダコ(ナンジャモンジャ、モクセイ科)の冬芽と葉痕を観察することが出来ました。ハリエンジュの葉痕は中央が盛り上り、三つに裂けており、オオカミの顔のように見えました。この冬芽(隠芽)は葉痕の下に隠れています。

福島市大森にある住宅の庭で、モッコク(ツバキ科)、アオキ(ミズキ科)、マサキ(ニシキギ科)、サザンカ(ツバキ科)の冬芽を観察することが出来ました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1570833コマツナギの果実

P1570832トキリマメの果実

P1570765_5シュロウの果実

.

P1570840_2ハリエンジュの葉痕

P1570842ヒトツバダコの冬芽と葉痕

P1570667モッコクの冬芽

.

.

P1570661_2アオキの冬芽

P1570648マサキの冬芽 

P1570676_3サザンカの冬芽

.

2012年2月13日 (月)

紅白ナンテンの帽子をかぶったような果実

P1560971(2012.1.14)

福島市松川町関谷にある墓地に、茶色い帽子をかぶったような紅白ナンテン(メギ科)の果実がありました。

このナンテンの帽子の大きさや形は大小いろいろで、色あいも木により多少異なっていました。

この墓地には赤いナンテン(メギ科)の果実や白い白ナンテン(メギ科)の果実もありました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1560972紅白ナンテンの果実

P1560969紅白ナンテンの果実

P1560974紅白ナンテンの果実

.

P1570848紅白ナンテンの果実

P1560975ナンテンの果実

P1570850白ナンテンの果実

2012年2月12日 (日)

逢瀬公園の温室で、花月の花が咲く

P1570583

郡山市逢瀬町河内にある逢瀬公園の温室で、花月(ベンケイソウ科)の花が沢山咲いていました。

この温室には白姫の舞(カランコエ・マリニアリアーナ、ベンケイソウ科)、錦蝶(ベンケイソウ科)、エドムラサキ(ベンケイソウ科)、アロエ(アロエ科)など多肉植物の花が咲き、サボテン(サボテン科)の花も咲いていました。キンシャチ(サボテン科)には沢山蕾が付いていました。

この温室内には見事なサボテンが沢山あり、アロエ、リュウウゼツラン、ベンケイソウなど多肉植物も有りました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1570593_2白姫の舞(カランコエ・マリニアリアーナ)の花

P1570606錦蝶の花

P1570581_3エドムラサキの花

.

P1570611アロエの花」

P1570589_2サボテンの花

P1570599キンシャチの蕾

.

P1570590温室内のサボテン

P1570576_2温室内のサボテンと多肉植物

P1570597温室内のサボテン

2012年2月11日 (土)

信夫三山暁まいりの大わらじ奉納(2012年)

P1570796(2012.2.10)

「信夫三山暁まいり」の大わらじ奉納が行われており、福島市信夫山にある雪が積もった急こう配の羽黒神社参道を、白装束の若者にかつがれた大わらじが登ってきました。この大わらじは長さ12m、幅1.4m、重さ約2tあり、御山敬神会の皆さんが五穀豊穣、家内安全、身体強健などを願って毎年製作し、羽黒神社の境内にある足尾権現に奉納しています。

作業場で製作された大わらじは若者に担がれて、朝から市内の目抜き通りを練り歩いたのち、護国神社の前を通り、黒沼神社で休憩し、ここから坂道になるので、参加者たちが前を綱で引き、急こう配の参道を登って羽黒神社に着き、鉄塔に引き上げられ、固定されて、奉納されました。大わらじの前を狐、天狗、神主や太鼓を担いだ人が先導していました。

信夫三山は羽黒山、月山、湯殿山です。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1570772大わらじの前を登る狐、天狗、神主、太鼓を担ぐ人

P1570776_2護国神社前を登る大わらじ

P1570778黒沼神社を出発し羽黒神社に向う大わらじ

P1570791大わらじの前を綱で引く一般参加者

P1570801大わらじを担ぐ白装束の若者

P1570808_3階段を上る大わらじ

.

P1570813鉄塔に引き上げられる大わらじ

P1570820鉄塔に固定された大わらじ

P1570831羽黒神社の拝殿

2012年2月10日 (金)

吾妻の駅「ここら」で、「ばびいちゃんのてわすら」の展示

吾妻P1570716(2012.2.8)

福島市在庭坂にある吾妻の駅「ここら」の多目的休憩施設で、「ばびいちゃんのてわすら その2」の展示が行われていました。この展示はふくしま花案内人・桑沢富子さんが昨年に続いてつるし雛、おひな様やお人形の置物、寄せ植え、節分飾り、四季の小物など可愛い手作り作品を展示しています。

これらの作品展示は2月19日までです。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1570722吊るし雛

P1570723手作りのおひな様と置物

P1570724手作りのお人形

.

P1570721寄せ植えなど

P1570720節分飾り

P1570717四季の小物

2012年2月 9日 (木)

吾妻の駅ここらで、段飾り雛が沢山展示される

P1570753_4(2012/2/8)

福島市在庭坂にある吾妻の駅「ここら」の多目的休憩施設で、昭和の段飾り雛が沢山の展示されていました。

ここには江戸時代の享保雛、土人形雛、最近の平成雛、手作り雛など多くの種類のおひな様が展示されていました。

また市松人形や日本人形も展示されていました。

このおひな様の展示は3月3日まで行われています。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1570736)七段飾り雛(左)と八段飾り雛(右

P1570738_2享保雛

P1570745土人形雛

.

.

P1570741平成雛

P1570752手作り雛

P1570749手作りの兎雛

.

P1570739市松人形

P1570743日本人形(鼓)

P1570744日本人形

2012年2月 8日 (水)

第8期ふくしま花案内人養成講座終了式・認定証交付式

P1570685(2012.2.7)

福島市霞町にある福島市市民会館で、第8期ふくしま花案内人養成講座の修了式・認定証交付式が行われ、新しく6名の福島市観光ボランティアガイド・ふくしま花案内人が誕生しました。

第8期ふくしま花案内人の皆さんは昨年10月から合計10日間・13単位の講座を受講し、認定証を受領しました。

渡邉和裕福島市観光物産協会長と渡部八重子ふくしま花案内人会長が挨拶をされ、第8期花案内人を代表して中村由紀さんが挨拶しました。その後、瀬戸孝則福島市長が講話されました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1570681認定証を受け取る第8期花案内人

P1570694福島市観光物産協会長挨拶

P1570696ふくしま花案内人会長挨拶

.

P1570697第8期花案内人代表挨拶

P1570704_2瀬戸孝則福島市長講話

P1570706第8期花案内人の皆さん(黄色のコート着用者)

2012年2月 7日 (火)

雪に覆われたあづま総合運動公園のサクラ並木と冬芽


P1570495_3(2012.2.4)

福島市佐原にあるあづま総合運動公園で、サクラ(ソメイヨシノ、バラ科)並木が一面雪に覆われていました。

この公園でサクラ(ソメイヨシノ)、カラスサンショウ(ミカン科)、ヤマウルシ(ウルシ科)の冬芽と葉痕を観察し、ムラサキシキブ(クマツズラ科)とモミ(マツ科)の冬芽を観察しました。サクラ、カラスサンショウ、モミの冬芽は芽鱗に覆われた鱗芽で、ヤマウルシとムラサキシキブの冬芽は芽鱗を持たない裸芽でした。またムラサキシキブの冬芽は柄を持つ有柄芽でした。

この公園は一面雪に覆われて静かでした。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1570623サクラの冬芽(鱗芽)と葉痕

P1570469_2カラスサンショウの冬芽(鱗芽)と葉痕

P1570464ヤマウルシの冬芽(裸芽)と葉痕

.

P1570466_2ムラサキシキブの冬芽(裸芽、有柄芽) 

P1570481_3モミの冬芽(鱗芽)

P1570510雪におおわれたあづま総合運動公園


2012年2月 6日 (月)

雪に覆われたあづま総合運動公園のメタセコイア並木と冬芽

P1570483(2012.2.4)

福島市佐倉にあるあづま総合運動公園のメタセコイア(スギ科)並木周辺は一面雪に覆われていました。メタセコイアの冬芽は鱗芽で対生に付いていました。

ドウダンツツジ(ツツジ科)の冬芽も鱗芽で、アメリカハナミズキ(ミズキ科)の冬芽は葉芽と花芽がはっきり区別することが出来ました。セイヨウシャクナゲ(ツツジ科)の花芽もありました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1570489メタセコイアの幹
P1570487_3メタセコイアの冬芽(鱗芽)

P1570503ドウダンツツジの冬芽(鱗芽)

.

P1570491アメリカハナミズキの冬芽(葉芽)

P1570494_2アメリカハナミズキの冬芽(花芽)

P1570471_3セイヨウシャクナゲの冬芽(花芽)

2012年2月 5日 (日)

あづま総合運動公園で、ヤマガラやシジュウカラが小枝にとまる

P1570505(2012.2.4)

ヤマガラ

P1570504(2012.2.4)

シジュウカラ

福島市佐原にあるあづま総合運動公園で、ヤマガラ(シジュウカラ科)やシジュウカラ(シジュウカラ科)が羽を膨らませて、近くの小枝にとまり休んでいました。ヤマガラは何か餌をくわえていました。

この公園にはあづま総合体育館があり、その周辺は一面雪に覆われていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1570508餌をくわえたヤマガラ

P1570509_2雪に覆われたあづま総合運動公園(建物は総合体育館)

P1570470雪に覆われたあづま総合体育館前広場

2012年2月 4日 (土)

仙台空港にAIR DO(エア ドゥ)の航空機が到着

P1570363(2012.1.28)

名取市下増田にある仙台空港に、AIR DO(エア・ドゥ)の航空機が到着しました。滑走路の奥に見える構造物は仙台空港アクセス鉄道の線路です。

この空港から日本航空やIBEX(アイベックスエアラインズ)の航空機が離陸して行き、全日本空輸やAIR DOの航空機が到着しました。

この空港から遠くに仙台大観音が見えていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1570354滑走路に向う日本航空とIBEXの航空機

P1570356_2滑走路上の日本航空の航空機

P1570359滑走路上のIBEXの航空機

.

P1570347_2仙台空港に到着した全日空の航空機

P1570361_2仙台空港に到着したAIR DOの航空

P1570349仙台空港から仙台大観音を望む

2012年2月 3日 (金)

ナンテンの木に出来たつららの芸術作品

P1570455(2012.2.1)

福島市大森にある住宅の庭で、ナンテン(メギ科)の木に沢山つららが下り、見事な芸術作品が出来ていました。ナンテンの木に沢山積もった雪が溶けて、いろんな形をした透明のつららが出来て、輝いていました。

車庫の屋根から落下する雪溶け水が凍って、太く長いつららも出来ていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1570458つららが下がっているナンテンの木

P1570456_2ナンテンの木に出来たつらら

P1570454ナンテンの木に出来たつらら

.

P1570451ナンテンの木に出来たつらら

P1570459_2ナンテンの木に出来たつらら

P1570462車庫の屋根下に出来た長いつらら

2012年2月 2日 (木)

宮城オーキッドクラブの洋蘭展を訪ねる

P1570293(2012.1.28)

仙台市若林区荒井東にある仙台洋ラン園で、宮城オーキッドクラブ第27回洋蘭展が開催されていました。

この会場にはハワイアンスプラッシュ‘レア、カトレア アミーワカズキ、カトレア ポレドシルキー、C.trianaei、パフィオ・トミーヘインズアルセア、Paph.Kagemusha‘mithi‘、パフィオ ペデルム ワーディ、デンドロ フィビレ アタム、デンドロビューム クデビデフィラム、デンドロキラム アラクニテスなどの素晴らしく美しいラン(ラン科)の花が展示されていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1570335展示会場に並ぶランの花

P1570311ハワイアンスプラッシュ‘レア

P1570296カトレア アミーワカズキ

.

P1570302カトレア ポレドシルキー

P1570313C.trianaei

P1570315C.trianaei

.

.

P1570333パフィオ・トミーヘインズアルセア

P1570329Paph.Kagemusha

P1570327パフィオ ペデルム ワーディ

.

P1570319デンドロビューム クデビデフィラム 

P1570323デンドロ フィビレ アタム

P1570317_2デンドロキラム アラクニテス

2012年2月 1日 (水)

福島市小鳥の森の雪の上で遊ぶカワラヒワとシメ

P1570254(2012.1.25)

雪の上で遊ぶカワラヒワ

P1570255_2(2012.1.25)

雪の上に遊ぶシメ

福島市山口の福島市小鳥の森ネイチャーセンターの観察窓の外にある給餌台近くの雪の上で、カワラヒワ(アトリ科)やシメ(アトリ科)が遊んでいました。

カワラヒワが給餌台の下に落下したヒマワリの種子を探していました。給餌台にはシメが飛来してとまっていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1570248給餌台の下に落ちた餌を探すカワラヒワ

P1570251_2餌を探すカワラヒワ

P1570259_3小枝のとまったカワラヒワ

.

P1570253給餌台に飛来したシメ(両端)

P1570249
給餌台に飛来したシメ

P1570250給餌台に飛来したシメ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ