« 初詣の参拝者で賑わう中野不動尊 | トップページ | 福島県護国神社に初詣 »

2012年1月 3日 (火)

福島稲荷神社へ2日早朝に初詣

P1560533(2012.1.2)

福島市宮町にある福島稲荷神社に、2日早朝にお参りしました。露店はまだ閉まっていて、初詣の参拝者はまばらでした。

この神社は986年(延永元年)に安部清明が奥州に下向した際、豊受比売命(伊勢神宮外宮の神)を勧請したことに始まり、江戸時代には福島藩の鎮守とされ、代々藩主の尊崇を集め、境内で市が開かれて賑わいをみせていました。現在の社殿は神田明神や明治神宮宝物殿を設計した大江新太郎の設計で1938年(昭和13年)に竣工しました。今も福島の鎮守様として「おいなりさん」の愛称で市民に親しまれています。

参道入口脇にある絵馬殿は旧拝殿を移築したもので、1692年(元禄5年)に福島藩主堀田正仲が造営したものだそうです。

参道脇に神楽殿があり、この建物は明治32年に氏子から寄進されたもので、四季折々御山太々神楽保存会の楽人により神楽が奉納されています。

この神社の境内には太子堂、古峯神社、足尾神社、力石がありました。

この力石は重量が63kgあり、江戸時代から明治時代にかけて力試しに用いられ、この石に触れると諸願が成就する力がいただけると伝えられています。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1560511参道入口にある鳥居と絵馬殿

P1560517_2鳥居と拝殿

P1560524初詣の参拝者

.

P1560519神楽殿

P1560521_2太子堂

P1560525_2古峯神社

.

.

P1560526足尾神社

P1560530力石

P1560532力石

« 初詣の参拝者で賑わう中野不動尊 | トップページ | 福島県護国神社に初詣 »

イベント」カテゴリの記事

福島駅周辺・福島市中心部」カテゴリの記事

史跡・文化財」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島稲荷神社へ2日早朝に初詣:

« 初詣の参拝者で賑わう中野不動尊 | トップページ | 福島県護国神社に初詣 »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ