« 旧佐久間邸で、ひと足早い 雛のつるし飾り | トップページ | 花見山公園で、カワラヒワが小枝にとまる »

2012年1月22日 (日)

庄屋屋敷の面影を残す旧佐久間邸

P1570159(2012.1.20)

福島市佐倉下にある旧佐久間邸を訪ねました。この建物は270年以上前の江戸時代に建築されたと推定されています。通常の母屋脇にある玄関とは別に貴賓用の玄関があり、屋敷の周りは荒川の水を引き込んだ堀に囲まれ、見ごとな石垣と合わせて庄屋屋敷の面影を残していました。屋敷の入口には長屋門があり、隣に物置、土蔵が有りました。土蔵の引き戸には取っ手や鍵穴があり、土蔵の壁には木のはしごがかけて保管されていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1570157母屋

P1570158_2貴賓用玄関

P1570162長屋門(右)と物置

.

P1570164堀、物置、土蔵(右奥)

P1570160土蔵の引き戸取っ手と鍵穴

P1570161土蔵の壁にかけて保管される木のはしご

P1570163_3屋敷周りの堀

P1570165屋敷周りの堀

P1570166屋敷周りの堀



« 旧佐久間邸で、ひと足早い 雛のつるし飾り | トップページ | 花見山公園で、カワラヒワが小枝にとまる »

荒川・水林自然林」カテゴリの記事

史跡・文化財」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 庄屋屋敷の面影を残す旧佐久間邸:

« 旧佐久間邸で、ひと足早い 雛のつるし飾り | トップページ | 花見山公園で、カワラヒワが小枝にとまる »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ