« 庄屋屋敷の面影を残す旧佐久間邸 | トップページ | 都市計画道路小倉寺大森線(県道362号)の拡幅工事が進む »

2012年1月23日 (月)

花見山公園で、カワラヒワが小枝にとまる

P1570024(2012.1.18)

福島市渡利にある花見山公園で、カワラヒワ(アトリ科)がハナモモの小枝にとまっていました。

頂上展望台から福島市中心街が良く見えていました。

この公園の遊歩道登り口付近は雪が踏み固められて滑りやすくなっていました。

公園入口の池に氷が張り、その上に雪が積もっていました。

庭園の水路にも雪が積もり、水が落下している周辺には氷が張っていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1570025ハナモモの小枝にとまったカワラヒワ

P1570030頂上展望台から福島市中心街を望む

P1570052雪が踏み固められた花見山公園の遊歩道登口

P1570054氷が張った花見山公園入口の池

P1570051雪が積もった庭園

P1570050水が落下してる周辺に氷が張る

« 庄屋屋敷の面影を残す旧佐久間邸 | トップページ | 都市計画道路小倉寺大森線(県道362号)の拡幅工事が進む »

花見山公園・渡利周辺」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花見山公園で、カワラヒワが小枝にとまる:

« 庄屋屋敷の面影を残す旧佐久間邸 | トップページ | 都市計画道路小倉寺大森線(県道362号)の拡幅工事が進む »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ