« 花見山公園で、サンシュウユの果実が少し細くなる | トップページ | 旧佐久間邸で、ひと足早い 雛のつるし飾り »

2012年1月20日 (金)

花見山公園にあるウスタビガの繭

P1570016(2012.1.18)

福島市渡利にある花見山公園を散策していると、ウスタビガ(ヤママユガ科)の繭が有りました。ウスタビガは5月頃幼虫になり、6月頃繭になり、11月頃羽化します。この繭はヤエザクラ(バラ科)の冬芽の下に付いていました。ウスタビガは漢字で「薄手火蛾」又は「薄足袋蛾」と書くそうです。「手火」はちょうちんのことで、繭の形がちょうちんや足袋に似ているのでこの名前がついたようです。

この公園ではハナモモ(バラ科)、ボケ(バラ科)、トウカイザクラ(バラ科)、ハクモクレン(モクレン科)などの冬芽が春を待ていました。

ハクモクレンは暖かそうな毛に覆われた花芽、その下に小さな葉芽と三日月形の葉痕が有りました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1570017ウスタビガの繭とヤエザクラの冬芽

P1570013_2ハナモモの冬芽

P1570018ボケの冬芽

.

.

P1570003トウカイザクラの冬芽

P1570041ハクモクレンの冬芽(葉芽)と三日月形の葉痕(下)

P1570040ハクモクレンの花芽(上)、葉芽(中)、葉痕(下)

« 花見山公園で、サンシュウユの果実が少し細くなる | トップページ | 旧佐久間邸で、ひと足早い 雛のつるし飾り »

花見山公園・渡利周辺」カテゴリの記事

果実」カテゴリの記事

冬芽、葉痕」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花見山公園にあるウスタビガの繭:

« 花見山公園で、サンシュウユの果実が少し細くなる | トップページ | 旧佐久間邸で、ひと足早い 雛のつるし飾り »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ