« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

裏磐梯の秋元湖、中瀬沼探勝路の紅葉

P1530635(2011.10.28)

福島県北塩原村にある裏磐梯の秋元湖(湖面標高736m)で、周囲の山々が紅葉して見頃を迎えていました。

P1530641

この秋元湖には数多くの小島が有り、とても素敵な景色でした。

北塩原村にある中瀬沼探勝路を歩くとレンゲ沼にヒツジグサ(スイレン科)、ジュンサイ(ハゴロモモ科)など水草が有り、中瀬沼からは磐梯山が良く見えていました。

この日は福島市小鳥の森ボランティアガイドの研修会が行われており、草木の果実、紅葉、冬芽などを観察していました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1530643秋元湖畔の紅葉

P1530636_2秋元湖から磐梯山を望む

P1530694レンゲ沼

.

.

P1530666中瀬沼から磐梯山を望む

P1530681中瀬沼探勝路の紅葉

P1530679中瀬沼探勝路を訪ねた福島市小鳥の森ボランティアガイドたち

2011年10月30日 (日)

紅葉が見頃の五色沼・瑠璃沼から磐梯山を望む

P1530550(2011.10.27)

福島県北塩原村にある五色沼の瑠璃沼から磐梯山を望む。

この五色沼探勝路脇には柳沼、青沼、瑠璃沼、弁天沼、みどろ沼、赤沼、昆沙門沼が有りますが、それぞれ水面の色が異なり、素晴らしい景色でした。

途中、ハウチワカエデ(カエデ科)やモミジ(カエデ科)などの紅葉が美しく目を引きました。

この日は紅葉に誘われて、観光客の数が多く、駐車場は混雑していました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1530552瑠璃沼脇の紅葉したコハウチワカエデ 

P1530515柳沼の紅葉

P1530526_3五色沼探勝路の黄葉

.

P1530537青沼の紅葉

P1530566弁天沼から吾妻連峰を望む

P1530580みどろ沼

.

.

P1530590毘沙門沼

P1530602毘沙門沼脇の紅葉したモミジ

P1530617五色沼を訪れた観光客

2011年10月29日 (土)

荒井で、ユリノキが黄葉

P1530275(201.10.25)

福島市荒井にある陸上自衛隊福島駐屯地裏の道路脇で、ユリノキ(モクレン科)が黄葉していました。ユリノキは葉が着物の半てんに似ているので、ハンテンボクとも呼ばれています。

近くで、サクラ(バラ科)やヌルデ(ウルシ科)が紅葉し、カキノキ(カキノキ科)は果実が鈴なりになり、落葉していました。セイタカアワダチソウ(キク科)、ノコンギク(キク科)、ハナタデ(タデ科)の花が咲いていましいた。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1530276ユリノキの黄葉

P1530281_2ユリノキの黄葉

P1530300サクラの紅葉

.

P1530266ヌルデの紅葉

P1530267_2ヌルデの紅葉

P1530270カキノキに果実が鈴なりで落葉

.

P1530272_2セイタカアワダチソウの花

P1530293_2ノコンギクの花

P1530296ハナタデの花

2011年10月28日 (金)

中尊寺、毛越寺のモミジが鮮やかに紅葉

P1530425(2011.10.26)

岩手県平泉町にある中尊寺で、モミジが鮮やかに紅葉していました。この寺には金色堂があり、建屋で保護されていました。金色堂は1124年(天治元年)に上棟され、堂の内外に金箔を押してある阿弥陀堂で、国宝建造物第1号に指定されっています。2011年(平成23年)に金色堂を含む「平泉の文化遺産」が世界文化遺産に登録されました。

中尊寺の境内には不動堂、白山神社神楽殿、本殿、山門などが有りました。

毛越寺(もうつうじ)のモミジも鮮やかに紅葉しており、境内には本堂、大泉ケ池、遣水(やりみず)の流れなどが有りました。

ふくしま花案内人の研修で、世界遺産に登録された「平泉の文化遺産」を訪ねて、地元ガイドさんに案内していただきました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1530426_2中尊寺のモミジが紅葉

P1530431_2金色堂がある建屋

P1530435_2不動堂

.

.

P1530452白山神社能楽殿

P1530465中尊寺本堂

P1530473中尊寺山門

.

.

P1530364_2毛越寺のモミジが紅葉

P1530418毛越寺のモミジが紅葉

P1530369毛越寺本堂

.

.

P1530416大泉ケ池

P1530399_2遣水の説明を受けるふくしま花案内人たち

P1530372ガイドの案内を受けるふくしま花案内人たち

2011年10月27日 (木)

アンナガーデンで、ツタが鮮やかに紅葉

P1530312(2011.10.25)

福島市荒井にあるアンナガーデンで、英国ブライダル迎賓館・マナーハウススノーヒルズの白壁に張り付いたツタ(ブドウ科)が鮮やかに紅葉していました。

吾妻高原・聖アンナ教会前にあるイチョウ(イチョウ科)の黄葉が始まっていました。

この構内では、コハウチワカエデ(カエデ科)、ハウチワカエデ(カエデ科)、イロハモミジ(カエデ科)、ニシキギ(ニシキギ科)、ドウダンツツジ(ツツジ科)などが紅葉していました。

お店の前で、可愛いリンドウ(リンドウ科)の花が咲いていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1530307白壁に張り付いたツタの紅葉

P1530306ツタが張り付いたマナーハウススノーヒルズの建物

P1530314聖アンナ教会とイチョウの黄葉

.

P1530332コハウチワカエデの紅葉

P1530334_2ハウチワカエデの紅葉

P1530337_2イロハモミジの紅葉

.

P1530347ニシキギの紅葉

P1530310ドウダンツツジの紅葉

P1530319_2お店の前で咲くリンドウの花

2011年10月26日 (水)

あぶくま親水公園脇の阿武隈川にコハクチョウやカモが飛来

P1530260(2011.10.23)

福島市岡部にあるあぶくま親水公園脇の阿武隈川にオナガガモ(カモ科)、マガモ(カモ科)、コハクチョウ(カモ科)が飛来して、水面を泳いでいました。

中州で休んでいるコハクチョウたちもいました。

岸辺の木の枝にモズ(モズ科)がとまって、高い声で鳴いていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1530235あぶくま親水公園脇の阿武隈川

P1530236中州で休むコハクチョウたち

P1530256水面を泳ぐコハクチョウ

.

P1530238水面で休むオナガガモたち

P1530251水面を泳ぐマガモたち

P1530254川岸の木にとまって鳴くモズ

2011年10月25日 (火)

花見山公園で、ソメイヨシノやサンゴカクの紅葉が見頃

P1530179(201.10.23)

福島市渡利にある花見山公園で、ソメイヨシノ(サクラ、バラ科)が美しく紅葉し、見頃を迎えていました。

サンゴカク(カエデ科)も紅葉が進み、見頃を迎えていました。

この公園ではハウチワカエデ(カエデ科)、ナツツバキ(ツバキ科)、ハナモモ(バラ科)、カシワバアジサイ(アジサイ科)が紅葉し、アメリカハナミズキ(ミズキ科)が紅葉して果実を付け、ハクモクレン(モクレン科)やマンサク(マンサク科)が黄葉して果実を付けていました。

サザンカ(ツバキ科)の美しい花が咲いていました。

(小画面の写真はクリック売ると拡大画面になります)

P1530227_5サンゴカクの紅葉

P1530220ハウチワカエデの紅葉

P1530170ナツツバキの紅葉

.

P1530155ハナモモの紅葉

P1530218_2カシワバアジサイの紅葉

P1530219_2アメリカハナミズキの紅葉と果実

..

P1530139ハクモクレンの黄葉と果実

P1530136マンサクの黄葉と果実


P1530131_2サザンカの花

2011年10月24日 (月)

大森城山公園で、イロハモミジの紅葉が始まる

P1530071(2011.10.21)

福島市大森にある大森城山公園で、イロハモミジ(カエデ科)の紅葉が始まっていました。

この公園で、ハウチワカエデ(カエデ科)の赤紫色の果実が沢山付き、プラタナス(スズカケノキ科)が褐葉し、ソメイヨシノ(サクラ、バラ科)、カキノキ(カキノキ科)、ウワミズザクラ(バラ科)が紅葉し、シュウメイギク(キンポウゲ科)の花が咲き、ヒヨドリジョウゴ(ナス科)の果実が真っ赤に色付いていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1530074イロハモミジの紅葉

P1530055ハウチワカエデの果実

P1530043_2プラタナスの褐葉

.

P1530057_3ソメイヨシノの紅葉

P1530076カキノキの紅葉

P1530044ウワミズザクラの紅葉

.

P1530033シュウメイギクの花

P1530035シュウメイギクの花

P1530031_2ヒヨドリジョウゴの果実

2011年10月23日 (日)

イチョウが黄葉する秋の信夫山に、街なか登山

P1520911_2(2011.10.20)

福島市御山にある信夫山第一展望台近くで、イチョウ(イチョウ科)の黄葉が始まっていました。

この信夫山ではサクラ(バラ科)やヌルデ(ウルシ科)などが紅葉し、ユズ(ミカン科)やカキノキ(カキノキ科)の果実が色付いて、すっかり秋の景色が楽しめる季節になっていました。

福島市観光物産協会(電話024-531-6432)が募集している「ふくしま花案内さんと街なか登山・不思議と癒しの信夫山」のコースを歩いてみました。西国三十三観音石仏群がたち並ぶ山道を登ると、頂上の烏ケ崎から市街地が一望出来て、遠くに阿武隈川、弁天山、福島県庁を見ることが出来ました。月山からは東北新幹線の列車が走るのが見えました。薬王寺には薬師堂や鐘楼があり、紅葉したサクラ並木の坂道を下ると、ユズやカキノキの果実が沢山なり、色付いていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1520912イチョウの黄葉

P1520899ヌルデの紅葉

P1520926サクラの紅葉

.

P1520931ユズの果実

P1520933カキノキの果実

P1520878西国三十三観音石仏群

.

P1520900烏ケ崎から阿武隈川を望む(手前が弁天山、福島県庁)

P1520910月山から東北新幹線を望む(奥が仙台方面)

P1520920薬師堂と鐘楼

2011年10月22日 (土)

福島県立図書館・美術館で、イロハモミジの紅葉が始まる

P1520855(2011.10.20)

福島市森合にある福島県立図書館・美術館でイロハモミジ(カエデ科)の紅葉が始まっていました。奥に見える山は信夫山です。

図書館の裏で、イロハモミジ、カキノキ(カキノキ科)、カツラ(カツラ科)、サクラ(バラ科)、アメリカハナミズキ(ミズキ科)、ミズキ(ミズキ科)などが紅葉し、図書館の脇で、クロガネモチ(モチノキ科)やアカシデ(カバノキ科)の果実が色付き、シラカシ(ブナ科)の果実が鈴なりになっていました。

クロガネモチは岡山県の沿岸部でアクラと呼ばれ、岡山市の市木に指定されています。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1520841イロハモミジの紅葉

P1520842カキノキの紅葉

P1520844カツラの紅葉

.

P1520839サクラの紅葉

P1520845_2アメリカハナミズキの紅葉

P1520846_2ミズキの紅葉

.

P1520857クロガネモチの果実

P1520850アカシデの果実

P1520848_3シラカシの果実

2011年10月21日 (金)

阿部一郎邸の座敷で、第8期ふくしま花案内人養成講座第2回講座

P1520748_0(2011.10.19)

福島市渡利にある花見山公園の園主阿部一郎邸のお座敷で、第8期ふくしま花案内人養成講座の第2回講座が公開で開催され、花見山公園園主 阿部一郎さんが「花見山への思い」を話され、花見山観光振興協議会環境部会長 佐藤昌吾さんが「花見山周辺の原風景を守る取り組み」について話されました。また渡部八重子ふくしま花案内人会長がご挨拶されました。

花見山公園ではウメモドキ(モチノキ科)やサンシュユ(ミズキ科)の果実が真っ赤に色付き、ニシキギ(ニシキギ科)の果実が二つに割れて赤橙色の種子がぶら下がっていました。またこの公園で、サザンカ(ツバキ科)、ジュウガツザクラ(バラ科)、アキノキリンソウ(キク科)の花が咲いていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1520746お話される阿部一郎園主

P1520755お話される佐藤昌吾部会長

P1520744_0挨拶される渡部八重子ふくしま花案内人会長

P1520779ウメモドキの果実

P1520794サンシュユの果実

P1520815_2ニシキギの果実(種子)

.

P1520769サザンカの花

P1520789ジュウガツザクラの花

P1520787アキノキリンソウの花

2011年10月20日 (木)

花見山公園で、サンゴカクやサンシュユの紅葉が進む

P1520756(2011.10.19)

福島市渡利にある花見山公園で、サンゴカク(カエデ科)の紅葉が進み、デショウジョウ(カエデ科)も少し色付き始めていました。

この公園ではサンシュウユ(ミズキ科)、ソメイヨシノ(サクラ、バラ科)、レンギョウ(モクセイ科)、ミズキ(ミズキ科)、ナツハゼ(ツツジ科)などが紅葉していました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1520757サンゴカクの紅葉

P1520760_2サンシュウユの紅葉

P1520784ソメイヨシノ(サクラ)の紅葉

.

P1520781_2レンギョウの紅葉

P1520795ミズキの紅葉

P1520785ナツハゼの紅葉

2011年10月19日 (水)

キバラヘリカメムシの幼虫と成虫がニシキギの葉の上で群がる

P1520190(2011.10.10)

福島市伏拝にある共楽公園で、キバラヘリカメムシ(ヘリカメムシ科)の幼虫と成虫がニシキギ(ニシキギ科)の葉の上で群がっていました。

この公園の近くで、カキの果実が色付き、ホウキグサ(アカザ科)も色付いていました。この公園の木々の紅葉はまだ始まったばかりでした。

福島市大森にある大森城山公園で、プラタナス(スズカケノキ科)が黄葉していました。イロハモミジ(カエデ科)やハウチワカエデ(カエデ科)の紅葉はまだ始まったばかりでした。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1520188キバラヘリカメムシの幼虫が群がる

P1520189キバラヘリカメムシの成虫

P1520183_2ハナツクバネウツギの花

.

P1520185ホウキグサが色付く

P1520181色付いたカキの果実

P1520193共楽公園の紅葉

.

P1520235大森城山公園のプラタナスが黄葉(2011.10.10)

P1520232_2大森城山公園のイロハモミジ

P1520242大森城山公園のハウチワカエデ

2011年10月18日 (火)

紅葉が始まった塩原温泉街を散策

P1520618(2011.10.16)

那須塩原市塩原にある塩原温泉街や箒川の川辺を散策しました。この辺りは紅葉が始まっていましたが、見頃にはまだ少し早いようでした。

「湯っ歩の里」の大きな表示塔が有り、モミジ(カエデ科)の紅葉がきれいでした。ここは気軽に足湯を楽しむ事が出来る施設のようでした。

小雨が降っていて、山の中腹に低い雲がかかっていました。

温泉街の中心部に妙雲寺の山門があり、近くに「文豪かくれんぼの板」が有りました。この板には夏目漱石、野口雨情などの文豪の名前が書かれており、名前の一字がモミジの葉で隠されていました。

街中のあちこちに、蛇口の語源とも言われている「蛇体鉄柱式供用栓」がありました。この設備は湧き水を配水しており、明治39年から昭和32年の大火まで供用水道として活用されていました。今あるものは平成9年にこの街のシンボルとして復活させたものだそうです。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1520610_4箒川の川辺の紅葉

P1520613_2川辺の紅葉

P1520620
紅の吊橋と紅葉

.

P1520607塩原温泉湯っ歩の里

P1520598_0湯っ歩の里の紅葉

P1520587_4低い雲


.

..
P1520611妙雲寺の山門

P1520622文豪かくれんぼの板

P1520625蛇体鉄柱式供用栓 

2011年10月17日 (月)

佐藤梨園で、多くの品種のバラの花が咲く(Ⅱ)

P1520570(2011.10.14)

福島市下野寺にある佐藤梨園の「花のまちチャレンジ認定ガーデン」で、多くの品種のきれいなバラ(バラ科)の花が咲いていました。

このガーデンではマリヤカラス、プリンセスチチブ、シャンジオノ、ブラックバカラ、エドドガ、エスメラルタ、宴、楽園、ラプソディ・イン・ブルーなどの品種名の名札が立てられたバラの木に、綺麗な花が咲いていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1520530マリヤカラス

P1520532プリンセスチチブ

P1520541シャンジオノ

.

.

P1520550_2ブラックバカラ

P1520561エドドガ

P1520565エスメラルタ

.

.

P1520511

P1520534楽園

P1520562ラプソディ・イン・ブルー

2011年10月16日 (日)

佐藤梨園で、多くの品種のバラの花が咲く

P1520502(2011.10.14)

福島市下野寺にある佐藤梨園(花のまちチャレンジ認定ガーデン)で、多くの品種のバラ(バラ科)の花が元気よく咲いていました。

この梨園では彩雲、リオサンバ、凛、聖火、ヒストリー、万葉、ラビアンローズ、ダブルリライト、ゴールドグローなどの品種名の名札がたてられたバラがきれいな花を咲かせていました。

バラの花言葉は一般的に{愛、恋」ですが、色によって異なり、赤いバラの花は「情熱的」、白いバラの花は「純潔、心からの尊敬」、ピンク色のバラの花は「上品、温かい心、病気の回復」、黄色いバラの花は「友情、献身、」です。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1520488彩雲

P1520494リオサンバ

P1520548

.

.

P1520496聖火

P1520509ヒストリー

P1520498万葉

.

.

P1520513_2ラビアンローズ

P1520557ダブルリライト

P1520544_2ゴールドグロー

2011年10月15日 (土)

佐藤梨園でナシの果実が成熟し、バラの花が咲く

P1520537_3(2011.10.14)

福島市下野寺にある佐藤梨園で、ナシ(バラ科)の果実が大きく成長して成熟し、収穫され、出荷されていました。この梨園では8月下旬から「幸水」の収穫が始まり、「豊水」「あきずき」と続き、今、「南水」の収穫が行われていました。「南水」は一段と甘味が強い梨です。

今年は原発事故があり、放射性物質の影響が心配されていましたが、品質管理体制が整い、詳細な検査が行われており、大部分が不検出で、まれに検出されてもごく微量なので全く問題が無く、安心して食べれることがわかりました。放射性物質は土壌表面に留まっており土中深い所にある根からの吸収はほとんど無かったようです。

P1520526収穫を待つ梨

P1520538_3収穫を待つ梨

P1520487_4吾妻の駅「ここら」に並ぶ箱詰された梨「南水」

P1520579(2011.10.14)

この梨園の脇にはローズロードがあり、多くの品種のバラ(バラ科)の花がきれいに咲いていました。それぞれの花の株元に品種名が記載された立て札があり、クリスチャンデオール、マヌウメイヤン、スブニールドウアンネフランク、チンチン、クインバガテル、マサコ(グランタイン)、聖火、ヒストリー、凛などの品種名の花が咲いていました。

この梨園の電話番号は024-591-1661です

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1520553クリスチャンデオール

P1520492_2マヌウメイヤン

P1520490_2スブニールドウアンネフランク

.

P1520506チンチン

P1520522_3クインバガテル

P1520528マサコ(グランタイン)

.

2011年10月14日 (金)

一切経山頂上から魔女の瞳(五色沼)を望む

P1520432(2011.10.12)

福島市土湯温泉町にある一切経山(標高1948.8m)の頂上から五色沼を望む。この沼は「魔女の瞳」と言われていますが、濃い青色の水面が美しく、周辺の紅葉と調和してとても素敵でした。この沼に続く左奥の山は家形山(標高1877m)です。

P1520402_3(201.10.12)

一切経山から下る途中で、前方に酸ケ平と鎌沼(標高1770m)が見えていました。この沼の奥に見える山は中吾妻山(標高1930.6m)です。

浄土平を9時45分に出発して、途中で写真を撮り、度々休憩してゆっくり上りましたが、酸ケ平に10時30分に着き、一切経山頂上に11時30分に着きました。この日は登山客が多く賑やかでした。

登山の途中で、蓬莱山の美しい紅葉を見て、シラタマノキの白い果実を沢山見ることが出来ました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1520362浄土平を出発

P1520380蓬莱山の紅葉

P1520381登山グループが一休み

.

P1520395_2酸ケ平の分岐点から一切経山へ

P1520443一切経山頂上の標識

P1520372_2シラタマノキの果実

2011年10月13日 (木)

磐梯吾妻スカイラインの紅葉が見頃

P1520361(2011.10.12)

P1520342(2011.10.12)

福島市桜本にある磐梯吾妻スカイラインの「天狗の庭」近辺で、木々が鮮やかに紅葉して今が見頃でした。[つばくろ谷]辺りでも紅葉が進んでいました。

この辺りではウリハダカエデ(カエデ科)、ナナカマド(バラ科)、ハウチワカエデ(カエデ科)、ヌルデ(ウルシ科)などが紅葉し、ダケカンバ(カバノキ科)が黄葉していました。

吾妻磐梯スカイラインの通行料と浄土平駐車場の駐車料金が今年中、無料で開放されています。遅くなると混み合うので、朝早く行くのがお勧めです。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1520327ウリハダカエデの紅葉

P1520350_2ナナカマドの紅葉

P1520348_2ハウチワカエデの紅葉

.

P1520307ダケカンバの黄葉

P1520291ヌルデの紅葉

P1520275_0つばくろ谷の紅葉

2011年10月12日 (水)

マユミの紅葉と紅色の果実

P1520219(2011.10.10)

福島市黒岩にある住宅の庭で、マユミ(ニシキギ科)が紅葉し、果実が紅色に色付いていました。この果実は間もなく果皮が4つに割れて中から赤橙色の可愛い種子が覗いてきます。

近くの住宅の脇ではイチョウ(イチョウ科)の木に、果実が鈴なりになり、黄葉が始まっていました。

P1520218マユミの果実

P1520216果実が鈴なりで、黄葉が始まったイチョウ

P1520215イチョウの果実

P1520208(2011.10.10)

福島市黒岩にある黒岩虚空蔵尊満願寺で、イロハモミジ(カエデ科)の紅葉が始まっていました。虚空蔵堂脇ではキンモクセイ(モクセイ科)の花が沢山咲いていました。虚空蔵堂脇から見た阿武隈川の流れは美しく、岸辺の紅葉はまだこれからのようでした。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1520209紅葉したイロハモミジ

P1520210花が咲いたキンモクセイ

P1520206虚空蔵堂脇から阿武隈川を望む

2011年10月11日 (火)

フォレストパークあだたらで、センブリの花が咲く

P1520137(2011,10,9)

安達郡大玉村玉井にあるふくしま県民の森「フォレストパークあだたら」で、センブリ(リンドウ科)の花が咲いていました。このセンブリは日本固有の生薬で胃腸虚弱、下痢、腹痛、脱毛に効くそうです。アマロスエリンなど苦味配糖体を含み、最も苦い生薬と言われています。花言葉は「義狭の愛」です。

この森ではケヤキ(ニレ科)、モミジ(カエデ科)、アカシデ(カバノキ科)、リョウブ(リョウブ科)、サクラ(バラ科)、ヌルデ(ウルシ科)などが紅葉し、アカシデやガマズミ(スイカズラ科)の果実が色付いていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1520138_2ケヤキの紅葉

P1520143モミジの紅葉

P1520145ナツツバキの紅葉

.

P1520153アカシデの紅葉と果実

P1520154リョウブの紅葉

P1520161ミズキの紅葉

.

P1520162サクラの紅葉

P1520125ヌルデの紅葉

P1520135ガマズミの果実

2011年10月10日 (月)

フォレストパークあだたらで、ナナカマドが紅葉し、果実が色付く

P1520165(2011.10.9)

安達郡大玉村玉井にあるふくしま県民の森「フォレストパークあだたら」(標高600m)で、ナナカマド(バラ科)が鮮やかに紅葉し、果実が真っ赤に色付いていました。

この森ではツリバナ(ニシキギ科)とニシキギ(ニシキギ科)が鮮やかに紅葉し、果実が裂けて赤橙色の種子が見えていました。エゴノキ(エゴノキ科)は果実が裂けて焦げ茶色の種子が見えていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1520122ナナカマドの果実が色付く

P1520131ツリバナの紅葉と果実

P1520130_2ツリバナの5つに裂けた果実

.

P1520132ニシキギの紅葉と果実

P1520134ニシキギの2つに裂けた果実

P1520140_3エゴノキの裂けた果実(右)

2011年10月 9日 (日)

夕暮れ時の笹森山

P1520015(2011.10.4)

福島市大森から夕暮れ時の笹森山(標高649.9m)を望む。山の上にある送信塔がよく見えて、夕焼け雲がきれいでした。この山にはFCT、KFB&TUF、国土交通省、NHK、FTV&FMふくしま、東北電力の送信塔があります。

青空に夕焼け雲が浮かび、半月(上弦)の月が見えていました。夕日が沈んで、安達太良連峰の稜線がくっきり見え、高山(標高1804.8m)の上で夕焼け雲が輝いていました。

近くの花畑でクジャクソウ(キク科)、オシロイバナ(オシロイバナ科)、アサガオ(ヒルガオ科)、イヌサフラン(イヌサフラン科)、ヒガンバナ(ネギ科)、コスモス(キク科)の花が咲き、大森小学校のトチノキ(トチノキ科)が紅葉していました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1510998青空に夕焼け雲と半月

P1520011夕暮れの安達太良連峰

P1520009_2夕焼け雲と高山

.

P1520001クジャクソウの花

P1520006オシロイバナの花

P1520005アサガオの花

.

P1520003イヌサフランとヒガンバナの花

P1520008コスモスの花

P1510997_2トチノキの紅葉

2011年10月 8日 (土)

会津若松市内をまちなか周遊バス「ハイカラさん」が走る

P1520099(2011.10.6)

会津若松市一箕町の飯盛山下バス停近くをまちなか周遊バス「ハイカラさん」が走っていました。このバスはJR会津若松駅を起点に市内の観光スポットや病院など公共施設に立ち寄る循環路線バスで、1乗車大人200円、1日フリー乗車大人500円で、30分間隔で運行されています。逆回りのまちなか周遊バス「あかべぇ」も運行されていました。このバスに乗車して市内を一周し、手軽に観光スポットが有る場所を知ることが出来ました。

会津若松市内ではアメリカハナミズキ(ミズキ科)、サクラ(バラ科)、カエデ(カエデ科)、トチノキ(トチノキ科)などが紅葉し、カキノキ(カキノキ科)、サンショウ(ミカン科)、ガマズミ(スイカズラ科)の果実が色付いていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1520102飯盛山下バス停に止まる「あかべぇ」

P1520110会津若松駅バス停を発車する「ハイカラさん」

P1520104_2東山温泉方面に走る「あかべぇ」車内から

.

P1520106会津武家屋敷駐車場脇のカエデやトチノキが紅葉

P1520052サクラの紅葉

P1520101アメリカハナミズキの紅葉

.

P1520092カキノキの果実

P1520082サンショウの果実

P1520091ガマズミの果実

2011年10月 7日 (金)

飯盛山から会津若松城(鶴ケ城)を望む

P1520046(2011.10.6)

会津若松市一箕町八幡にある飯盛山の白虎隊士が自刃した地から会津若松城(鶴ケ城)を望む。

P1520054

飯盛山の白虎隊士が自刃した地から会津若松城(鶴ケ城)方面を望む。中央右寄りの樹林の中に城が有ります。

飯盛山登り口には土産物店が並び賑やかでした。約180段の階段を登り、飯盛山で自刃した白虎隊士19名の墓と会津の各地で戦い亡くなった白虎隊士31名の墓にお参りして、白虎隊士が自刃した地を訪ねました。

帰り道で、さざえ堂(国指定重要文化財)、厳島神社、旧滝沢本陣(史跡・国指定重要文化財)を訪ねました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1520018飯盛山登り口

P1520027_2飯盛山で自刃した白虎隊士19名の墓

P1520028会津の各地で戦い亡くなった白虎隊士31名の墓

P1520060さざえ堂

P1520070厳島神社

P1520096旧滝沢本陣

2011年10月 6日 (木)

下鳥渡で、荒井堰用水路の法面に咲くヒガンバナの花

P1510968(2011.10.2)

福島市下鳥渡にあるヒガンバナ(ヒガンバナ科)群生地では荒井堰用水路の法面に咲く花がまだきれいでした。蕾の数が少なくなったので、今、咲いている花が群生した花の見納めになるかもです。右後ろの山は大森城山公園です。用水路には荒川の荒井堰取水口で取水した水が勢いよく流れていました。

このヒガンバナ群生地の周辺の水田では稲の刈り取りが進み、刈り取った稲束を杭の周りに積み上げて乾燥しており、リンゴ畑では果実が赤く色付き、用水路の脇ではミゾソバ(タデ科)の花が元気よく咲いていました。

このヒガンバナ群生地では花弁の縁が白い花や花弁全体が白い花も咲いていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1510981稲束を杭の周りに積み上げて乾燥

P1510969ヒガンバナの花と色付いたリンゴの果実

P1510958盛りを過ぎたヒガンバナの花とミゾソバの花

.
P1510957_2ミゾソバの花

P1510949元気に咲くヒガンバナの花

P1510995ヒガンバナの蕾

.

P1510987_3花弁の縁が白いヒガンバナの花

P1510985白いヒガンバナの花

P1510993白いヒガンバナの蕾

2011年10月 5日 (水)

リンゴの果実が赤く色付き、収穫を待つ

P1510961(2011.10.2)

福島市下鳥渡にある果樹園でリンゴ(バラ科))の果実が赤く付き、収穫を待っていました。

福島市在庭坂にある吾妻の駅「ここら」の直売所ではりんご(緋のあづま、紅玉)、梨(豊水)、ぶどう(ピオーネ)、桃、あけび、いちじくなど豊富な種類の果物が販売されていました。

隣の多目的休憩施設ではハロウインの飾りつけが行われており、鴫原佐蔵のパネル展示が行われていました。鴫原佐蔵は萱場梨(福島梨)の生産を始め、栽培方法の改良を行って定着させた人で、今では福島市が全国市町村別の梨収穫量1位になっています。

農作物の放射性物質汚染が心配されていましたが、農産物の品質管理体制が整い、農産物の放射性物質の測定結果が詳細に公表されるようになりました。その数値を見ると福島市で収穫された梨やりんごの放射性物質の測定値は不検出(5ベクレル/kg未満)が大部分で、検出されても基準値(500ベクレル/kg)の1/10以下で、安心して食べることが出来ます。果樹園の表土には有機質が多く含まれており、放射性物質は表土に吸着され、根からの吸収は少ないようです。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1510720収穫を待つリンゴ

P1510903直売所の棚に並ぶりんご

P1510906直売所の棚に並ぶ梨

.

P1510908_2直売所の棚に並ぶぶどう

P1510907直売所の棚に並ぶもも

P1510910あけび

.

.

P1510909いちじく

P1510917ハロウインの飾り付け

P1510918鴫原佐蔵のパネル展示

2011年10月 4日 (火)

花見山公園で、サンシュウユの果実が赤く色付き輝く

P1510820(2011.10.2)

福島市渡利にある花見山公園で、サンシュユ(ミズキ科)の果実が赤く色付き、宝石のように輝いていました。この果実酒は滋養、強壮などの薬効があるそうです。

この公園ではウメモドキ(モチノキ科)、ナンテン(メギ科)、アオツズラフジ(ツズラフジ科)の果実が色付いていました。キンモクセイ(モクセイ科)の花が咲き、良い香りが漂っていました。サンゴカク(カエデ科)が紅葉し、デショウジョウ(カエデ科)の紅葉が始まっていました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1510823サンシュユの果実

P1510837ウメモドキの果実

P1510833_3ナンテンの果実

.

P1510880アオツズラフジの果実

P1510818キンモキウセイの花

P1510819キンモクセイの花

..

P1510899花見山公園の紅葉(2011.10.2)

P1510900_2サンゴカクの紅葉

P1510901デショウジョウは少し紅葉

2011年10月 3日 (月)

磐梯吾妻スカイラインから磐梯山や安達太良連峰を望む

P1510804(2011.9.29)

福島市土湯温泉町にある磐梯吾妻スカイラインの双龍の辻から磐梯山(標高1,818.6m)を望む。秋晴れの良い天気で遠くの山々がよく見えていました。

P1510803

この双龍の辻から安達太良連峰を望む。左から箕輪山(標高1,728m)、鉄山(標高1,709.3m)、安達太良山(標高1,699.6m)と続きます。

上の2枚の写真の風景が同時に見えるので、「双龍の辻」と命名されたそうですが、それぞれの写真の山が寝そべった龍に見えますか?

磐梯吾妻スカイラインの道路脇で、ナナカマド(バラ科) )の果実が赤く色付き、リョウブ(リョウブ科)が紅葉していました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1510791赤く色付いたナナカマドの果実

P1510792_2赤く色付いたナナカマドの果実

P1510806リョウブの紅葉

2011年10月 2日 (日)

浄土平湿原で、ガンコウランの果実が色付く

P1510779(2011.9.29)

福島市土湯温泉町にある磐梯吾妻スカイラインの浄土平湿原で、ガンコウラン(ガンコウラン科))の果実が色付いていました。この果実はビタミンやミネラルが豊富で食べることが出来ます。

この湿原ではマルバシモツケ(バラ科)、ミネザクラ(バラ科)、ナナカマド(バラ科)などが紅葉し、ヤマハハコ(キク科)の花?が残っていました。

湿原の草木が紅葉し、ススキ(イネ科)の穂が風になびいていました。

赤茶色に紅葉したコケや白いハナゴケ(ハナゴケ科)も目を引きました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1510780_2ガンコウランの果実

P1510776_2マルバシモツケの紅葉

P1510775ミネザクラの紅葉

.

.

P1510772ナナカマドの紅葉

P1510777ヤマハハコの花?

P1510771浄土平湿原になびくススキの穂

.

P1510764浄土平湿原の紅葉とススキの穂

P1510785コケの紅葉

P1510786ハナゴケ

2011年10月 1日 (土)

磐梯吾妻スカイラインで、蓬莱山の斜面が紅葉

P1510787_2(2011.9.29)

福島市土湯温泉町にある磐梯吾妻スカイラインの浄土平から蓬莱山(標高1,802m)を望むと山の斜面が紅葉していました。

一切経山の斜面から噴出する蒸気はその勢いが少し弱いようでした。

この浄土平湿原(標高1,575m)では草紅葉が美しく、小さなススキの穂が沢山なびいていました。右奥に見える建物は浄土平天文台です。

磐梯吾妻スカイラインで、つばくろ谷(標高1,201m)の紅葉はまだ始まったばかりでした。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1510788_2紅葉した蓬莱山

P1510769_2斜面から噴気が出る一切経山(この山の左が蓬莱山)

P1510767紅葉が美しい浄土平湿原(右奥:浄土平天文台)

P1510759_2つばくろ谷

P1510755つばくろ谷の紅葉

P1510756_2つばくろ谷の紅葉



« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ