« 福島赤十字血液センターの緑地で、ヤマボウシの果実が色付く | トップページ | サルスベリやノウゼンカズラの花が元気よく咲く »

2011年9月 3日 (土)

水稲が順調に生育し、稲穂が垂れる

P1500854(2011.8.30)

福島市大森にある水田で、水稲(イネ科)が順調に生育して、稲穂が垂れ始めていました。

この水田の脇にイヌビユ(ヒユ科)の穂やヒメムカシヨモギ(キク科)の花と綿毛がありました。近くの住宅の庭にチェリーセイジ(シソ科)、メドーセイジ(シソ科)、サフィニア(ナス科)の花が咲いていました。

今年は原発事故の影響で、収穫したお米の品質が心配されており、福島県内産米については全て放射性物質検査を行い、安全性を確認して、出荷することになっています。これまでに収穫した県内産早場米の検査では一部玄米で微量の放射性セシュウムが検出(22ベクレル/kg基準値は500ベクレル/kg)されたが、白米は全て放射性セシュウムが検出されてなく、これまでに検査された米は全て出荷が認められました。(福島民報2011.8.27)

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1500855水稲の稲穂

P1500856_2イヌビユの穂

P1500857ヒメムカシヨモギの花と綿毛

.

P1500861チェリーセイジの花

P1500860メドーセイジの花

P1500868サフィニアの花

« 福島赤十字血液センターの緑地で、ヤマボウシの果実が色付く | トップページ | サルスベリやノウゼンカズラの花が元気よく咲く »

大森城山公園・大森周辺」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

果実」カテゴリの記事

地震・原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水稲が順調に生育し、稲穂が垂れる:

« 福島赤十字血液センターの緑地で、ヤマボウシの果実が色付く | トップページ | サルスベリやノウゼンカズラの花が元気よく咲く »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ