« 美しい五浦海岸から太平洋を望む | トップページ | 可愛いネコノヒゲの花 »

2011年9月22日 (木)

下鳥渡の用水路法面で、ヒガンバナの花が群生して咲く

P1510567_2(2011.9.21)

福島市下鳥渡にある用水路の土手法面にヒガンバナ(ヒガンバナ科)の花が群生して咲いき、水田では水稲が黄金色に稔っていました。ヒガンバナの花言葉は「情熱,、悲しい思い出、再会」です。

ヒガンバナは花が無くなると葉が出てきて冬から春を過ごし、夏になると葉が消えて無くなります。秋、お彼岸前に蕾を付けた花茎が伸びて、お彼岸の頃に開花します。

ヒガンバナの根(鱗茎)には毒(リコリン)が有るので水田のあぜや土手に植えて、ノネズミやモグラが穴をあけるのを防いでいるそうです。

お知らせ

「信夫の里ウオーキング・ヒガンバナ群生地と史跡の旅」が9月26日、27日に実施されます。ふくしま花案内人がご一緒し、レパコガーデンでお食事をします。食事代、拝観料込みで参加費2,200円です。申し込みは福島市観光物産協会(電話番号:024-531-6432)です。是非、この機会にご参加して、ご覧下さいませ。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1510548_2群生して咲くヒガンバナの花

P1510557_2ヒガンバナの花

P1510564_2ヒガンバナの蕾

.

P1510562_2ヒガンバナの群生地

P1510552_2ヒガンバナの群生地

P1510559_2ヒガンバナと稲穂

« 美しい五浦海岸から太平洋を望む | トップページ | 可愛いネコノヒゲの花 »

大森城山公園・大森周辺」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下鳥渡の用水路法面で、ヒガンバナの花が群生して咲く:

« 美しい五浦海岸から太平洋を望む | トップページ | 可愛いネコノヒゲの花 »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ