« 花見山公園でヒュウガミズキの花が咲く | トップページ | 白いラッパ状のハゴロモジャスミンの花 »

2011年4月 1日 (金)

福島市小鳥の森でショウジョウバカマの花が顔を出す

P1420257_2 (2011.3.30)

福島市山口にある福島市小鳥の森で、ショウジョウバカマ(ユリ科)の花が顔を出し、咲き始めていました。

この森ではマキノスミレ(スミレ科)やシュンラン(ラン科)の花が咲き、カタクリ(ユリ科)は開花寸前で、ウグイスカグラ(スイカズラ科)の蕾が膨らんでいました。

この森の展望台からあぶくま親水公園脇の阿武隈川で羽を休めているカモやハクチョウの姿を見ることが出来ました。

福島第一原発事故現場では南放水口(1~4号機用)から南330m地点で30日に採水した海水から法定限度の4,385倍の放射性ヨウ素131を検出したとのこと。(29日の海水は法定限度の3,355倍、海水の放射性ヨウ素の基準値は40ベクレル/リットル)

福島県内42市町村で生産された野菜43品目について、放射性ヨウ素(暫定基準2,000ベクレル/kg)と放射性セシュウム(暫定基準値500ベクレル/kg)を測定し、30日にその測定結果が発表されました。会津地方の9市町で生産された野菜は全てヨウ素などの放射性物質が検出されないか、暫定基準値を下回っており、会津地方で生産された野菜の安全性が確認されたとしています。

.31日20時に福島市で測定した放射能の数値は2.69マイクロシーベルト/時でした。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1420255 ショウジョウバカマの花

P1420260 マキノスミレの花

P1420272 シュンランの花

.

P1420267  カタクリの蕾

P1420282_2 ウグイスカグラの蕾

P1420280 小鳥の森展望台からハクチョウを望む

« 花見山公園でヒュウガミズキの花が咲く | トップページ | 白いラッパ状のハゴロモジャスミンの花 »

福島市小鳥の森」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島市小鳥の森でショウジョウバカマの花が顔を出す:

« 花見山公園でヒュウガミズキの花が咲く | トップページ | 白いラッパ状のハゴロモジャスミンの花 »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ