« 信夫山の太子堂駐車場から雪化粧された吾妻小富士を望む | トップページ | 信夫三山の一つ熊野山でマンサクの花が咲く »

2011年3月 9日 (水)

御倉邸の座敷に木目込雛人形が飾られる

P1410536 (2011.3.7)

福島市御倉町にある御倉邸(旧日本銀行福島支店長宅)で、木目込雛人形が飾られていました。

この人形は木製の胴体に溝を掘り、布地の端を埋め込んで衣装を着せる雛人形で、江戸時代中期に、京都、上賀茂神社の神官が柳の木で作った人形が起源とされ、これが江戸に伝わり、広まったそうです。

座敷の棚には可愛い人形(古都の女)が飾られていました。お庭の奥には阿武隈川が見えていました。

地図:http://www.kenovel.com/Maps/07/201/1103081Pk8X35.html

お知らせ

福島市ホームページの「市民カメラマンによる福島の風景」に秋の写真がアップされました。私の写真もありますので、ご覧いただけると嬉しいです。「市民カメラマン、福島」で検索し、「秋・自然」又は「秋・イベント」をクリックして表示される写真画面をクリックすると拡大画面になります

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1410537 座敷に飾られた木目込雛人形

P1410540 棚に飾られた人形(古都の女)

P1410539_2 庭園の奥に阿武隈川

« 信夫山の太子堂駐車場から雪化粧された吾妻小富士を望む | トップページ | 信夫三山の一つ熊野山でマンサクの花が咲く »

福島城址・御倉邸周辺」カテゴリの記事

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御倉邸の座敷に木目込雛人形が飾られる:

« 信夫山の太子堂駐車場から雪化粧された吾妻小富士を望む | トップページ | 信夫三山の一つ熊野山でマンサクの花が咲く »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ