« ホウレンソウと牛乳の放射線量が暫定基準値を超える | トップページ | 雪化粧された吾妻小富士を望む »

2011年3月21日 (月)

雪化粧された鬼面山を望む

P1410909 (2011.3.19)

福島市大森の住宅の窓から雪化粧された鬼面山(標高1481.6m)を望む。この山は安達太良連峰の一つで、土湯峠温泉郷から登ることが出来て、8月上旬頃には山の中腹でミヤマシャジン(キキョウ科)、シラネニンジン(セリ科)、ウスユキソウ(キク科)、ヤマハハコ(キク科)、ホッツツジ(ツツジ科)、トモエシオガマ(ゴマノハグサ科)、ハクサンフウロウ(フウロウソウ科)など多くの花が咲き、とてもきれいなお花畑を見ることが出来ます。

8月上旬の鬼面山に咲く花たち:

http://amecell-garden.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-168e.html

http://amecell-garden.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-acc9.html

福島第一原子力発電所事故現場では20日、4号機に自衛隊の特殊消防車など11台で80tの水を午前と午後、2回放水投入しました。この日21時30分からは3号機に東京消防庁のハイパーレスキュー隊が「屈折放水塔車」を使用して、6時間の予定で無人放水投入を行っています。5号機と6号機は冷却機能が回復して安定状態になったそうです。

21日1時に福島市で測定した環境放射能測定結果は8.03マイクロシーベルト/時でした。

原発事故が早く終息して、鬼面山に咲くきれいな花たちに再会出来ることを願っています。

お知らせ

①「Q&A 環境放射能が人体に及ぼす影響」の記事が市政だより速報(第13号)にアップされています。http://bousai.city.fukushima.fukushima.jp/info/files/eca13321.pdf

②「放射線に関する正しい知識を」の長崎大学の山下教授の講演がFMポコ(76.2MHz)で21日15:30と20:00に放送される予定です。

« ホウレンソウと牛乳の放射線量が暫定基準値を超える | トップページ | 雪化粧された吾妻小富士を望む »

土湯温泉・土湯峠・つつじ山公園」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

お知らせ」カテゴリの記事

地震・原発事故」カテゴリの記事

コメント

大災害の不安の中、美しい花々に目を向ける気持に、拍手!
でも優しい心の持ち主が危難にさらされないよう祈ります。

科学技術や医学では頓挫するまで「大丈夫、大丈夫」と安全が喧伝されてきましたから、悩ましいですね。

お気をつけて、お元気で!

柏の同級生 様
震災のお見舞い、有難うございました。
巨大地震による原発事故は関係者の皆さんが決死の努力をされ、一歩一歩終息の方向に進んでいます。この事故が早く終息し、安心してみんなで福島の美しい花や風景を楽しんで頂ける日が来ることを願っています。
           

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪化粧された鬼面山を望む:

« ホウレンソウと牛乳の放射線量が暫定基準値を超える | トップページ | 雪化粧された吾妻小富士を望む »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ