« 旧ノートルダム修道院で聖母マリア像がお出迎え | トップページ | 花見山公園でサンシュユの花がまもなく開花 »

2011年3月13日 (日)

東北地方太平洋沖地震で土砂崩れが発生し国道4号をふさぐ

P1410740 (2011.3.12)

2011年3月11日14時46分頃、三陸沖を震源とするマグニチュード8.8、震度6強(福島)の巨大地震があり、福島市伏拝で土砂崩れが発生し、国道4号をふさぎました。上部はあさひ団地で、土台下の土砂が無くなり、大きく傾いている家屋がありました。土砂崩れ現場では復旧作業が始まっていました。通行車両は旧国道4号を迂回していますが、大渋滞していました。

現場に行く途中、多くの瓦屋根の家屋の棟瓦が落下していました。近くでウメ(バラ科)の花が咲き、アジサイ(アジサイ科)の葉芽が膨らんでいました。

(小画面の写真はクリックすると拡大画面になります)

P1410747 土砂崩れ現場の全景

P1410730 土砂でふさがれた国道4号

P1410734 土砂でふさがれた国道4号

.

P1410720 棟瓦が落下した家屋

P1410749 ウメの花

P1410753 アジサイの葉芽 

« 旧ノートルダム修道院で聖母マリア像がお出迎え | トップページ | 花見山公園でサンシュユの花がまもなく開花 »

地震・原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北地方太平洋沖地震で土砂崩れが発生し国道4号をふさぐ:

« 旧ノートルダム修道院で聖母マリア像がお出迎え | トップページ | 花見山公園でサンシュユの花がまもなく開花 »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ